社会の話題と反応を発信していくネットメディア

“武漢の研究チームにノーベル賞を受けるべき” 中国外務省報道官/ネット:「よく恥ずかしげもなくぬけぬけと」「これだけ必死なら武漢起源はほぼ間違いないな」

スポンサーリンク

“武漢の研究チームにノーベル賞を” 中国外務省報道官

中国政府は17日、武漢ウイルス研究所からの新型コロナウイルスの漏えい説について改めて否定した上で、「武漢の研究者らの研究はノーベル賞を受けるべきだ」と主張しました。

中国外務省の趙立堅報道官は17日の記者会見で、「アメリカ側の一部の人間が新型コロナウイルスの武漢ウイルス研究所からの漏えい説を騒ぎ立てている」として反発。「WHO=世界保健機関の報告を無視した科学者と科学的精神への冒とくだ」と漏えい説を改めて否定しました。

スポンサーリンク

非難されるのではなくノーベル賞を受けるべき

「武漢の研究チームは非難されるのではなく、新型コロナウイルス研究でノーベル医学生理学賞を受けるべきだ」(中国外務省 趙立堅報道官)

また、趙報道官はこのように主張し、コウモリ由来のコロナウイルス研究で知られ『バット・ウーマン』とも呼ばれる石正麗研究員が最近、アメリカメディアの取材に応じ漏えいを再度明確に否定したと強調しました。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。
スポンサーリンク

ネットの声

武漢発のウイルスはほぼ事実。

中国は全世界への謝罪と損失の補償をする必要がある。

トランプ氏がいうように中国は世界に10兆ドルを払うべき。

図々しく厚顔無恥な中国!

必死さが滲み出ている。これで武漢起源は間違いないだろう。

気は確かか?自分たちで開発、拡散しておいていつもの隠蔽と誤魔化し、挙句に自作自演の茶番劇。

スポンサーリンク

参考記事

スクープ映像!<疑惑が公になる時33>武漢研究所は生きたコウモリを飼っていた/当初中国とWHO調査官は陰謀だと否定していた。その後15,000の実験ファイルが消失/skynews
武漢研究所は生きたコウモリを飼っていた(当時、武漢市場にはコウモリは販売されていない) ジャストイン-新しい映像は、武漢バイオラボが施設内に生きたコウモリを飼っていたことを示しており、データは、ウイルスが表面化したときに15,000を超え...続きを読む
BIG!<疑惑が公になる時32>G7公式声明草案で、ウイルスの起源に関するフェーズ2の調査を要求!/WHOテドロス事務局長、手のひら返し「ウイルス起源がG7で議論された」「中国の協力と透明」が十分ではなかった」
G7、公式声明草案でCOVIDの起源に関する新たな「WHOを中心とした」フェーズ2調査を要求 G7サミット:リーダーはCovid起源の中国の実験室リーク理論について議論したとWHOのチーフ 2021/6/13 世界保健機関の局...続きを読む
<疑惑が公になる時29>ファウチが率いる国立アレルギー・感染症研究所がウイルス研究のために、武漢ウイルス研究所に82万ドルを提供していた/ジュディシャル・ウォッチが明らかにした
ファウチが率いる組織がウイルス研究のために、武漢ウイルス研究所に82万ドルを提供していた ジュディシャル・ウォッチは、HHSから280ページの文書を入手したことを発表し、2014年から2019年にかけて、ファウチ博士が率いるNIAIDによ...続きを読む
タイトルとURLをコピーしました