社会の話題と反応を発信していくネットメディア

アメリカでは、『合意であっても、17歳と18歳の2人の生徒とセックスした高校教師は、18ヶ月間を刑務所で過ごすことになる』

スポンサーリンク

生徒とセックスするのは憲法上の権利だと主張した高校教師が、わずか18ヶ月間の懲役に処される

スポンサーリンク

生徒とセックスするのは憲法上の権利だと主張したアラバマ州の高校教師(47歳)が、18ヶ月の懲役と性犯罪者としての登録を命じられた

6 July 2021

元教師でチア・コーチのキャリー・ウィットは、生徒との性行為により10年の判決を受けましたが、刑期の多くは保護観察期間中に行われる。

ウィットは3月に生徒と性行為を行ったという1件の罪を認めました。判事は、学校職員が19歳未満の生徒と性行為を行うことを禁じる法律は違憲であると主張し、ウィットの告訴を却下した。

ウィット氏は、17歳と18歳の2人の生徒との関係は合意の上であり、2010年に制定された法律は彼女のプライバシー権を侵害していると主張。

木曜日に法廷で謝罪し、恥ずかしいと述べたウィットさんは、18ヶ月間だけ州刑務所で過ごすことになった。

木曜日の法廷で、ウィットは涙ながらに自分の行動を謝罪し、その一部を次のように述べました。「これほど恥ずかしい思いをしたことはありません」と述べたと、Decatur Daily紙は報じている。

スポンサーリンク

相手も合意であったと主張したが、認められず

ウィットさんがセックスをした元生徒の1人が彼女を弁護し、2人の関係は合意の上であったと判事に語った。

ウィットさんの弁護士であるロバート・チューテン氏はWAAYに対し、この事件が彼女に与えた経済的、精神的な負担を考慮して、連邦控訴をしないことを決めたと語った。

審問終了後、ウィットは沈痛な面持ちで記者の質問には答えず、警官に連れられて州刑務所に移送され、全米が注目した5年間の訴訟に終止符が打たれた。

モルガン郡の検察当局は、彼女の嘆願と引き換えに、2016年に17歳と18歳の少年2人と性行為をしたとして最初に告発されたウィットに対する2つ目の告発を取り下げることに同意した。

ウィットは、ディケーター高校で歴史、心理学、社会科を教えているほか、バレーボール女子ゴルフチームとジュニアバレーボールチアリーディングのコーチを務めていましたが、2016年3月に、当時それぞれ17歳と18歳だった2人の生徒と性的接触をしたとして起訴された。

Teacher who claimed it was her right to have sex with students jailed
Former Alabama teacher and cheer coach Carrie Witt was sentenced on July 1 (pictured leaving court) to 10 years for sex with a student, but much of her sentence...続きを読む
スポンサーリンク

参考記事

http://totalnewsjp.com/2021/07/06/ritsumin-7/
【速報】もはや狂○:小池、飲食店の酒類提供原則停止を要望/ネット:ばか、言うな。これをやれば飲食店は壊滅する。日本はどこまで愚かになるつもりなのか。
こんな暴挙が許されるのか? そもそも感染と飲食店の因果関係を示していない上に、酒類の提供を停止しようする小池知事。 これが通ればここまでなんとか耐えてきた飲食業は、致命傷になる。 自由主義経済である日本でこんなことが許されるの...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました