社会の話題と反応を発信していくネットメディア

マイク・ポンペオ、「2022年に集中する」、それ以降は「主のみぞ知る」/トランプ大統領を称賛し、”アメリカ・ファースト “の政策をアピール

政治
スポンサーリンク

マイク・ポンペオ、「2022年に集中する」と発言。それ以降は「主のみぞ知る」

7/17

マイク・ポンペオ元国務長官は、保守的なキリスト教の集会で講演するためにアイオワを訪れ、2024年の大統領選に出馬するかどうかについての質問を一蹴した。

ポンペオ氏は、Des Moines Register紙の電話インタビューで、「私たちは、2022年に立候補する人々を支援している。「この戦いはこれからも続くだろう。2022年以降も続くでしょうが、何が起こるのか、その中で私がどんな役割を果たすのか、それは主のみぞ知るだと答えた。

カンザス州選出の下院議員、中央情報局(CIA)長官を経て国務長官に就任したポンペオ氏は、最近、自身の政治団体「チャンピオン・アメリカン・バリューズPAC」を設立し、他の共和党員のために資金を調達できるようになった。

スポンサーリンク

その際、ポンペオ氏は「ナンシー・ペロシ氏を議長職から追い出し」、「バイデン大統領ができるだけ短い滑走路を確保する」と述べた

彼は、ドナルド・トランプ大統領の下での低い失業率、規制緩和、新たな戦争に関与しないことによるアメリカ第一主義など、共和党が立候補する際に成功の鍵となる「保守の真髄」ともいえる実績を列挙した。

“メッセージは、私たちが成功したときに必ず立ち返るものです。これはレーガン大統領以来の仕事です。トランプ政権の4年間で行った仕事です」と述べた。

ファミリー・リーダーのサミットでは、トランプ大統領を称賛し、彼の政権を「アメリカ合衆国の歴史の中で最もプロライフな政権」と呼び、”アメリカ・ファースト “の政策をアピールした。

イベントで出席者から聞いた懸念事項として、学校での「子供の前にゴミを置く」、犯罪、保守派への検閲などを挙げた。

Mike Pompeo says he's focused on 2022 during Iowa trip. After that, 'only the Lord knows.'
The former secretary of state was in Iowa Friday to speak to a crowd of Christian conservatives and holding a fundraiser for a GOP congresswoman.
スポンサーリンク

参考記事

激戦州を含む「州の選挙制度改革の必要性」について、6割以上の有権者がトランプ氏に同意/Rasmussen Reports
Rasmussen Reports ドナルド・トランプ元大統領は最近、"選挙改革は、有権者が選挙プロセスに自信を失っているペンシルバニア州、ミシガン州、ジョージア州、ウィスコンシン州、アリゾナ州などのスウィング・ステートで行うべきだ "と...続きを読む
【45thトランプ大統領声明】「共和党の諸君、急進左派の弱いバ○と負け犬に踊らされてはいけない!」「インフラ法案の取引を行ってはいけない。2022年に適切な選挙結果が得られるまで待つべきだ」
リズ・ハリントン氏「45thトランプ大統領声明」 「インフラストラクチャの取引を行ってはいけない。2022年に適切な選挙結果が得られるまで待つべきだ」 第45代アメリカ合衆国大統領 ドナルド・J・トランプ氏の声明 SAVE A...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました