社会の話題と反応を発信していくネットメディア

とうとう日本のメディアも報道し始めた「アフガン撤退のバイデンの嘘」:制服組トップのミリー統合参謀本部議長は撤退に際し部隊を残すべきだとバイデンに進言も、バイデンは無視。しかも「進言されていない」と述べていた/今後、証言の食い違いを追及されるのは確実

事件
スポンサーリンク

米軍幹部、バイデン氏に「2500人規模の兵力維持」を進言 バイデン氏は撤収強行

スポンサーリンク

米軍幹部、バイデン氏に「2500人規模の兵力維持」を進言 バイデン氏は撤収強行/今後、ミリー氏らの証言との食い違いを追及される

2021/9/29

【ワシントン=黒瀬悦成】米軍制服組トップのミリー統合参謀本部議長と中央軍のマッケンジー司令官は28日、上院軍事委員会のアフガン駐留米軍撤収に関する公聴会で証言し、米軍部隊を完全撤収させればアフガン政府が崩壊するとして、2500人規模の兵力を維持するようバイデン大統領に進言していたことを明らかにした。

バイデン氏がこうした提言を無視して撤収を強行したことを裏付けるもので、同氏の判断が改めて問われそうだ。

ミリー氏は米軍の完全撤収に関し、短期間で米民間人やアフガン人協力者を含む十数万人を退去させた点で「兵站(へいたん)面では成功した」としつつ、米軍の撤収開始を受けてイスラム原理主義勢力タリバンが8月15日に首都カブールを制圧し、ガニ政権を転覆させたことを念頭に「戦略的な失敗だった」と明言した。

スポンサーリンク

バイデンは軍幹部からの進言はなかったと発言していた

バイデン氏は8月中旬のABCテレビとのインタビューで、米軍将官からは米軍部隊を維持すべきだとの進言はなかったと述べており、今後、ミリー氏らの証言との食い違いを追及されるのは確実だ。

また、ミリー氏は、アフガンのタリバンに関し「今もテロ組織のままだ」とし、「国際テロ組織アルカーイダとも絶縁していない」と指摘。アルカーイダやイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)系武装勢力が今後1~3年間に力を蓄え、米国を攻撃する恐れは「極めて現実的だ」と訴えた。

一方、公聴会に同席したオースティン国防長官は、アフガン政府軍がタリバンにまともに抵抗することなく崩壊したのは「驚きだった」と述べた。

米軍幹部、バイデン氏に「2500人規模の兵力維持」を進言 バイデン氏は撤収強行
【ワシントン=黒瀬悦成】米軍制服組トップのミリー統合参謀本部議長と中央軍のマッケンジー司令官は28日、上院軍事委員会のアフガン駐留米軍撤収に関する公聴会で証言し…
スポンサーリンク

関連記事

トム・コットン氏は、将軍たちの証言からバイデンの発言が嘘だったことを引き出した

軍幹部はバイデンに「部隊を残すように」進言していた

参考記事

【総裁選】安倍前総理「高市さんを通じて自民党がどうあるべきか、何を目指すべきかを訴えた。 確固たる国家観を示した。 離れかかっていた自民党支持者が戻ってきてくれた」/高市氏「一緒に力を合わせ自民党を盛り上げよう」
安倍前総理 Mi2さんのツイートより 「決戦が終わった後の会合にこんなに多く集まったのは、志を同じくする人が、勝負を度外視して集まったグループだからだ。 高市さんを通じて自民党がどうあるべきか、しっかりと訴られた。自民党は何を...続きを読む
【動画あり】高市氏「勇気が出た。私は歩みを止めません。絶対に歩みを止めません」 /ネット「議員票の114と云う数字は大きなインパクト!」「大手メディアに泡沫扱いされながら見事に風評を吹き飛ばした!」「次を狙えるポジション!」「岸田政権で要職に就いて次回を!」
高市早苗氏「勇気が出ました。私は絶対に歩みを止めません」 自民党新総裁は岸田氏に 9/29(水) 自民党総裁選は29日午後、投開票が行われ、決選投票で岸田文雄・前政調会長が257票を獲得。河野太郎・行革担当大臣(170票)を破って新...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました