社会の話題と反応を発信していくネットメディア

カリフォルニア州民、民主党ニューサム知事をリコールできずにしっぺ返しをくらう/カリフォルニア州、全米初の全児童・生徒にワクチン接種義務付け/カリフォルニア州からは全米で最も多くの人が他州へ逃げ出している。今回の措置によりさらに加速する可能性大

政治
スポンサーリンク

カリフォルニア州、12歳から17歳までのすべての学童にワクチンの接種を義務付け

カリフォルニア州のニューサム知事は、FDA(米国食品医薬品局)の承認が得られれば、12歳から17歳までのすべての学童にワクチンの接種を義務付けることを発表し、学童へのワクチン接種義務化を進める全米初の州となりました。

スポンサーリンク

カリフォルニア州、全米初の全児童・生徒にワクチン接種義務付け

2021/10/02

【ロサンゼルス=渡辺晋】米カリフォルニア州のギャビン・ニューサム知事は1日、米食品医薬品局(FDA)が正式に承認した場合、州内の学校に通うすべての児童・生徒に新型コロナウイルスのワクチン接種を義務付けると発表した。州レベルでの児童・生徒に対する義務化は全米で初めてとなる。来年1月以降の実施を目指す。

ファイザー製のコロナワクチン
義務化されれば、ワクチン未接種の児童・生徒は医療や宗教上の理由があるケースを除き、校内で授業を受けられなくなり、保護者らの反発も予想される。

FDAは、16歳以上を対象にファイザー製ワクチンの接種を正式に承認している。12~15歳は緊急使用許可に基づく接種が行われている。カリフォルニア州では12歳以上の約84%が少なくとも1回の接種を終えたが、12~17歳では約63・5%にとどまっている。

カリフォルニア州、全米初の全児童・生徒にワクチン接種義務付け : 国際 : ニュース
【ロサンゼルス=渡辺晋】米カリフォルニア州のギャビン・ニューサム知事は1日、米食品医薬品局(FDA)が正式に承認した場合、州内の学校に通うすべての児童・生徒に新型コロナウイルスのワクチン接種を義務付けると発表した。州レ
スポンサーリンク

民主党の最大基盤、カリフォルニア州は脱出が最も多い州

U-Haul 2020 USMigrationレポートが出た。人々はテネシー、テキサス、フロリダ、オハイオ(red state)に移り、カリフォルニア、イリノイ、ニュージャージー、マサチューセッツ(blue state)から逃げ出したカリフォルニアは2019年にすでに最下位だった。

カリフォルニア州は、イリノイ州を抜いて、U-Haulトラックの純減数が最も多い州として、大差で最下位になりました。カリフォルニア州は2016年以降、48位以下となっている。

(uhaul)

【民主党の州からトランプの州へ逃げ出している】/移住レポートでは、フロリダとテキサスが移住先のトップであり、ニューヨークとカリフォルニアが人々が去った州のトップの座を占めた。
フロリダとテキサスが移住先のトップ NEW:2020年の移住レポートでは、フロリダとテキサスが移住先のトップであり、ニューヨークとカリフォルニアが人々が去った州のトップの座を占めた。 カリフォルニアは2019年からすでに最下位 ...続きを読む
動画あり【民主党政権下の半世紀】知事がリコールされたカリフォルニア州、1964年から続く民主党政権市長のサンフランシスコ市はホームレスの溜まり場/ホームレスの数が過去20年間で800%以上も増加
サンフランシスの子供たちの公園は、このようになっています。 サンフランシスコでは、ホームレスの数が過去20年間で800%以上も増加しています。この街に必要なのは、犯罪の撲滅ではなく、手頃な価格の住宅を増やすことです。 サ...続きを読む
【動画あり】カリフォルニア州民主党知事のニューサムがリコールを喰らい、リコール選挙の応援に駆けつけたバイデンの車列に罵声が浴びせられる/「F**K BIDEN!」「ジョー・バイデンを中国に送れ!」
バイデン氏、カリフォルニア州リコール選挙を控え、来週ニューサム氏とキャンペーンを行う見込み カリフォルニア州知事リコール選挙の消印、投票箱への投函、本人の手による投票まであと1週間となり、ギャビン・ニューサム知事は、全米で最も人口の多いこ...続きを読む
スポンサーリンク

参考記事

岸田氏、甘利氏を重視 要求通らぬ安倍氏、人事に不満「いら立ちを募らせる」 清新さ乏しく/安倍氏は岸田氏に「高市幹事長」と、萩生田氏の官房長官就任を求めた/ネット「安倍さん案のが選挙で勝てそう」「今回の人事は正直センスない」「選挙で勝てず短命に終わるのでは」
岸田氏、甘利氏を重視 要求通らぬ安倍氏、人事に不満 清新さ乏しく・自民〔深層探訪〕 10/2(土) 自民党新執行部が1日発足した。調整が続く閣僚・党役員人事から透けるのは、岸田文雄総裁が甘利明幹事長を重視していることだ。同氏と近い議...続きを読む
なんと、強烈なロックダウン政策を実施していたオーストラリア、NSW州首相のベレジクリアン氏が汚職疑惑で突然の辞職/汚職調査の対象となっている州議会議員と秘密の関係にあったことがすでに判明/潔白なら辞任する必要ないのでは?
NEW - オーストラリアのグラディス・ベレジクリアンが反汚職調査を理由にニューサウスウェールズ州首相を辞任した。 オーストラリアのグラディス・ベレジクリアン氏が調査のため州首相を辞任 ニュー・サウス・ウェールズ州の汚職防止機関は、...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました