社会の話題と反応を発信していくネットメディア

二階派が衆院選で壊滅危機! 自民党候補競合の6選挙区「公認争い」に全敗か/甘利幹事長は疎んでいた二階さんの影響力の『徹底排除』も辞さない。派閥ごと干すのでは/ネット「岸田氏も二階にやられ放題やられたからね、今回は意趣返し」「2Fは引退だろうね」

政治
スポンサーリンク

二階派が衆院選で壊滅危機! 自民党候補競合の6選挙区「公認争い」に全敗か

2021/10/03

自民党内で二階前幹事長が力を失ったことで、衆院選に向けた公認争いは仕切り直しだ。露骨な二階派優遇で候補者が競合したままの選挙区は6つ〈表〉。そのうち、山口3区で動きがあった。

県連が1日、くら替え出馬を表明している林芳正元文科相(60=岸田派)を公認候補として党本部に申請すると決定。一方、同区支部長で現職の河村建夫元官房長官(78=二階派)は「小選挙区で勝ち続けている候補者の選挙は現職優先」と主張し、かつてないほど地元で活動している。林氏も河村氏も所属派閥のナンバー2。互いに一歩も譲れない。

「『現職優先』の原則に従えば林さんに公認を出しづらいが、林さんは総裁派閥の重鎮で、将来の総理候補。河村さんよりひと回り以上も年下で、伸びしろもある。林さんが河村さんにダブルスコアで勝っているとの情勢調査もあり、地元のホンネは『河村さんは身を引くべき』です」(自民党関係者)

スポンサーリンク


遠藤選対委員長はきのう、選挙区調整について「当事者の意見を聞きながら進める」と言っていたが、衆院選の公示まで残り1カ月。公認争いは激化の一途だ。二階派は群馬1区と新潟2区で、安倍前首相が実質支配する細田派の現職とバトル栃木2区では西川公也元農相の長男と茂木外相の元秘書の新人同士が争い高知2区では前知事の新人と山本有二元農相が火花を散らしている。

静岡5区では現職の吉川赳議員と、民主党政権の環境相だった二階派特別会員の細野豪志議員がバチバチ。岸田派の吉川さんが公認争いは有利なはずですが、細野さんは選挙区で6連勝している。とはいえ、/んじゃないか」(前出の自民党関係者)

二階外しをブチ上げて浮上した岸田総裁のお手並み拝見だ。

二階派が衆院選で壊滅危機! 自民党候補競合の6選挙区「公認争い」に全敗か|日刊ゲンダイDIGITAL
 自民党内で二階前幹事長が力を失ったことで、衆院選に向けた公認争いは仕切り直しだ。露骨な二階派優遇で候補者が競合し...
スポンサーリンク

ネットの声

親中、親韓勢力はことごとく排除してくれることを岸田政権に望みます。

岸田さんは二階にさんざんやられたからね、親中議員が一人でも減ったほうがいい。

二階は引退、世襲は認めず、派閥は解体で良いのでは。

たった2割で自民党を牛耳ってたからね。その報いが出た。

自分自身も出馬するって言ってるけど、世耕さんが出てきて落選するのでは。

細野さんも公認されないだろうね、二階さんがこうなってしまうと。

岸田さんやるじゃん。自民党人事、内閣からの2F外しに続き、公認候補までですね。

スポンサーリンク

参考記事

【アリゾナ監査の連鎖】ウィスコンシン州下院議長、選挙監査で召喚状に署名/ウィスコンシン州選挙管理委員会の管理者、ミルウォーキー選挙管理委員会事務局長ら4人に召喚状
ウィスコンシン州下院議長、選挙監査で召喚状に署名 2021年10月1日 ウィスコンシン州のロビン・ヴォス下院議長(共和党)が、同州の選挙監査における最初の召喚状に署名した。これは、2020年の選挙戦に対する物議を醸す見直しがエスカレ...続きを読む
都民ファ国政新党を設立へ 小池都知事は関与否定「都民ファの皆さんがなにやら動いておられるが、関与・関知していない」/ネット「んなわけないだろ」「これまでのこの人の行動を見れば答えは明らか」「思いっきり絡んでるのでは?」
都民ファ 国政新党を設立へ 小池都知事は関与否定 10/2(土) 小池都知事が特別顧問を務める地域政党「都民ファーストの会」が、国政新党の設立について3日、記者会見を開くことを明らかにしました。 3日午後、都内で開かれる会見に...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました