社会の話題と反応を発信していくネットメディア

デルタ型の変異体にも高い効果があった、ファイザー社のCOVID-19ワクチンの効果が、6ヶ月後にほぼ半減することを示す研究結果が発表された(医学誌ランセット)

コロナ
スポンサーリンク

ファイザー社のCOVID-19ワクチンの効果が6ヶ月後に低下することを示す研究結果

スポンサーリンク

研究では、ファイザー社のCOVID-19ワクチンの効果は6ヶ月後に低下することを示している。

月曜日に医学雑誌「ランセット」に掲載された研究によると、ファイザー社とバイオンテック社のCOVID-19ワクチンの有効性は、2回目の接種から約6ヵ月後に50%を下回ったことがわかった。

ファイザー社が出資した研究によると、ファイザー社のワクチンは、完全接種後1ヶ月で88%の効果があったが、約6ヶ月で47%の効果に低下した。また、このワクチンはデルタ型の変異体にも高い効果があることがわかり、最初の1カ月間は90%以上の効果があったものの、4カ月後には53%の効果に低下したことがわかりました。

研究者らは、このような免疫力の低下は、感染力の強いデルタ型のせいではなく、2回目の接種からの時間が関係していると判断しました。

研究者らは、「今回の結果は、デルタ型が広く普及しても、(ファイザー・バイオンテック社のCOVID-19ワクチンが)完全に接種してから6カ月程度までは、入院に対して高い効果があることを裏付けるものである」と記している。「SARS-CoV-2感染に対するワクチンの有効性が時間の経過とともに低下するのは、デルタ型がワクチンによる防御を逃れたというよりも、時間の経過とともに免疫力が低下したことが主な原因であると考えられる」と述べている。

スポンサーリンク

入院に対する防御効果は、投与後6カ月まで93%と、終始高い水準を維持していた。

今回の研究では、カイザー・パーマネンテ・サザンカリフォルニア(KPSC)の医療システムの電子記録を用いて、同システムの12歳以上の全患者を対象としました。研究者は、2020年12月から昨年8月までに調査したKPSC医療システムの340万人を対象とした。

研究者たちは、ファイザー・バイオンテック社のワクチンを完全に接種した人は、COVID-19の感染に対して全体で73%の有効な防御効果があり、COVID-19関連の入院に対しては90%の有効な防御効果があると判断した。

「今回の結果は、米国の実環境において、(ファイザー・バイオンテック社のCOVID-19ワクチン)の接種が、COVID-19、特に現在懸念されているすべての変異型によるCOVID-19関連の入院を予防するために不可欠な手段であることを改めて示しています」と、研究者らは書いている。

スポンサーリンク

ブースター接種が重要

これらの研究結果は、7月に発表されたファイザー社とバイオンテック社の調査結果を再確認するものです。今回の研究結果は、7月に発表されたファイザー社とバイオンテック社の研究結果を再確認するものである。

今回の研究結果は、米国食品医薬品局(FDA)が、高齢者や感染リスクの高い人を対象としたファイザー社製コロナウイルスワクチンの増量接種を承認した数週間後に発表されたもので、この決定は、数カ月後にワクチンの有効性が低下することを示唆した初期のデータを考慮したものである。

当時、ファイザー社のCEOであるAlbert Bourla氏は、「この病気の継続的な脅威に対処するためには、ワクチンを受けていない人々の世界的なアクセスと摂取を増やす努力とともに、ースターが重要な役割を果たすと考えています」と述べている。(the hill)

Study shows Pfizer COVID-19 vaccine effectiveness declines after six months
A study published on Monday in The Lancet medical journal found that the efficacy of the Pfizer-BioNTech COVID-19 vaccine fell below 50 percent after about six ...続きを読む
スポンサーリンク

参考記事

フェイスブックは事実上「外国の諜報機関の資産」になっている/「中国とイランがフェイスブックを利用して情報を収集している」「米国の国家安全保障にとって脅威である」と、内部告発者が米上院小委員会で証言
フェイスブックは事実上「外国の諜報機関の資産」になっている、と内部告発者が明かす フェイスブックの内部告発者は、中国とイランがソーシャルメディアプラットフォームを利用して敵の情報を収集している 2021年10月6日 また、サイ...続きを読む
バイデン、債務上限問題、上院の法案可決見通せず―予算切れで政府機関が閉鎖される事態が現実味/共和党のフィリバスター(議事妨害)を阻止するため、上院の規則を一時的に変更する禁じ手も検討/バイデンは「トランプ政権のせいだ」と寝言
債務上限問題、ヤマ場に 上院の法案可決見通せず―米 2021年10月06日07時09分 【ワシントン時事】米連邦政府の借り入れ限度を定める債務上限問題が、ヤマ場を迎えている。与党民主党は新たな借り入れを可能にする法案を今週中に議会通...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました