社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【45thトランプ大統領声明】民主党とともに、債務上限引き上げ可決に賛成票を入れたマコーネルを批判/ずっと前から言っているが、彼は上院のリーダーに相応しくない!ミッチ・マコーネルは挑戦すべきだった。彼には勇気がなかった。

政治
スポンサーリンク

リズ・ハリントン氏のツイート

ミッチ・マコーネルは挑戦すべきだった。

ミッチ・マコーネルは挑戦する勇気がなかった。

“そして最初に起こったことは、バイデンが17の行政命令に署名したことであり、それは我々の国にとって有害なものだった。”

スポンサーリンク

トランプ大統領、債務上限の採決をめぐり「折れたマコーネル」を非難

スポンサーリンク

トランプ大統領、債務上限の採決をめぐり「折れたマコネル」を非難

2021年10月10日

トランプ大統領は20日、ミッチ・マコーネル上院少数党院内総務と上院共和党に、債務上限引き上げを可決するためにチャック・シューマー上院多数党院内総務と民主党との取引をしないようにと言ったが、マコーネル氏はその忠告を聞き入れなかった

トランプ氏は、債務上限の投票が行われる前の木曜日に声明を発表し、「共和党上院議員の皆さん、折れたミッチ・マコーネル氏が推し進めるこのひどい取引に投票しないでください。私たちの国のために強く立ち上がってください。アメリカ国民はあなたと共にあります!」

ミッチ・マコーネルは、またしても民主党に折れてしまうようだ。彼は債務上限に関してすべてのカードを持っており、その手を使う時が来た。彼らに我々の国を破壊させてはならない!」。とトランプ氏は書いている。

スポンサーリンク

この警告にもかかわらず、マコーネルはシューマーと民主党との取引を進めた

マコーネルは他の10人の共和党員を味方につけ、議論を終了させて債務上限引き上げ策が上院本会議場に届くように投票し、民主党が党員投票で法案を可決できるようにした。

ウォール・ストリート・ジャーナル紙は、次のように伝えています。「重要な瞬間は夕方に訪れ、11人の共和党員が50人の民主党員全員と一緒に、60票のフィリバスターの壁を破って法案の最終通過に進むための投票を行い、50対48で上院をクリアした(2人の共和党員は欠席)。

この法案は、ミッチ・マコーネル上院少数党院内総務(共和党)が水曜日に提案し、チャック・シューマー上院多数党院内総務(民主党)が木曜日の朝に受け入れた案に基づき、国の借入限度額を4,800億ドル引き上げるもので、財務省が12月3日までの国の資金需要を満たすために必要だとしている金額です。”

マコーネル氏の行動に対し、第45代大統領は同日夜、フォックス・ニュースで反論した。

トランプ氏は木曜日の夜、ハニティに対し、「共和党上院は新しいリーダーシップを必要としている。”私はずっと前から言っている。ミッチはその人ではない。彼は適切な人物ではない。彼はその仕事をしていない」。

Trump blasts 'Folding McConnell' over debt ceiling vote - Right Side Broadcasting Network (RSBN)
President Trump on Thursday implored Senate Minority Leader Mitch McConnell and Senate Republicans not to make a deal with Senate Majority Leader Chuck Schumer ...続きを読む
スポンサーリンク

米上院、債務上限引き上げ法案を可決 下院へ送付

2021.10.08

(CNN) 米上院は7日、連邦政府の債務上限を引き上げる法案を可決した。これにより12月初旬まで債務上限問題が先延ばしされた形になる。

7日の採決前には、議事妨害(フィリバスター)を回避するための投票が行われ、61対38で可決された。民主党に加え、共和党から11人が賛成票を投じた。

下院が同法案を可決すれば、バイデン大統領の署名で法案が成立する。

米上院、債務上限引き上げ法案を可決 下院へ送付
米上院は7日、連邦政府の債務上限を引き上げる法案を可決した。これにより12月初旬まで債務上限問題が先延ばしされた形になる。
スポンサーリンク

参考記事

動画あり【アイオア、トランプラリー】「ウイルスを撒き散らした中国に責任を取らせ、ビッグテックの独占を抑制し、言論の自由を取り戻す」「共和党が下院と上院の主導権を奪還すると宣言」
【速報】トランプ氏、アイオワ州の大集会で国境、CRT、アフガンをめぐってバイデン氏を非難。 「3年後には国が残っていないだろう」とトランプ氏は言った。「我々はウイルスを解き放った中国に責任を取らせる。ビッグテックの独占を抑制し、言論の自由...続きを読む
動画あり【アイオア、トランプラリー】「ヒラリーは敗北を認めた。私は決して敗北を認めない!決してだ。認める理由がないからだ!」
トランプ:「ヒラリーは敗北を認めた。私は決して敗北を認めない」 2021年10月9日 ドナルド・J・トランプ大統領は、土曜日の夜、アイオワ州の集会に参加したアメリカ人に、2020年の大統領選挙で「決して敗北を認めなかった」ことを思い...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました