社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【アメリカに衝撃走る】中国は目標に向けて巡航する前に宇宙の低軌道を通って地球を一周する、核搭載可能な極超音速滑空機の実験を行った。アメリカ情報機関や軍関係者は唖然。「どうやって実験を行ったのか、まったくわからない」

事件
スポンサーリンク

中国は、核搭載可能な極超音速滑空機の実験を行った。アメリカ情報機関や軍関係者は唖然とした。

中国は目標に向けて巡航する前に宇宙の低軌道を通って地球を一周する、核搭載可能な極超音速滑空機の実験を行った。アメリカ情報機関や軍関係者は唖然とした。

スポンサーリンク

ヒューマンイベンツ誌エディター、ジャック・ポソビエック氏

「先制攻撃のシナリオでは、これに対抗できるものは何もありません。ただ、オハイオクラスの弾道ミサイル潜水艦が対応できる」

「中国が核分裂兵器の適切な小型化だけでなく、極超音速ベクトルを達成したことがいかに恐ろしいことかを理解してほしい。これを実現するためのアドバンテージを中国に与えてしまったことで、我々は本当に失敗したと言っても過言ではないだろう」

スポンサーリンク

どうやって実験を行ったのか、まったくわからない

弁護士兼政治家ショーン・パーネル「中国共産党はアメリカにとって実存的な脅威であり、我々の指導者は、軍隊がより通常の脅威に直面する準備ができるように、軍隊を進化させるために迅速に行動しなければならない

中国は、核搭載可能な極超音速ミサイルの発射実験を行い、地球を一周してから目標に向かって発射した。この実験に詳しい5人のうち1人は、フィナンシャル・タイムスの取材に対し、「どうやって実験を行ったのか、まったくわからない」と答えています。

スポンサーリンク

中国が地球を周回する極超音速ミサイルの実験を行ったとフィナンシャル・タイムズが報道

2021年10月17日
フィナンシャル・タイムズ紙は、ミサイル実験に詳しい人物を引用している。

中国が核搭載可能な極超音速ミサイルの発射実験を行い、地球を一周してから目標に向かってスピードを上げたと、フィナンシャル・タイムズ紙が土曜日に関係者の話として報じた。

8月に行われたこの実験は、中国が米国政府の認識以上に極超音速兵器の開発を進めていることを示しているという。(bloomberg)

Bloomberg - Are you a robot?
スポンサーリンク

参考記事

動画あり【オクラホマ州知事、バイデンに激怒】バイデンのワクチン義務化に反対し、バイデン政権を提訴すると発表。「バイデン政権は個人の自由を尊重していない!ワクチン接種は個人の選択だ」
オクラホマ州知事、バイデンのワクチン義務化に反対し、予防接種は「個人の選択」と語る オクラホマ州知事、バイデンのワクチン義務化に反対し、予防接種は「個人の選択」と語る 2021年10月14日 オクラホマ州の...続きを読む
【動画あり】バイデンファンは決して見ないでください。これまでで一番ひどい動画です/ネット「もう隠せない」「バイデンは確実にひどくなっている」「決定的だ・・・」
バイデン氏がワクチンスピーチでアル◯ハイ◯ー大統領になりきった OCT. 7, 2021 認○症の大統領は、今日のワクチン演説の一部を乗り切るのに大変な苦労をしたようです。 「ジョー・バイデンのスピーチはうまくいった」のツイー...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました