社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【サキ報道官、連邦法違反で告発される】倫理監視団体に「ハッチ法違反」で重大な告発をされた、と各メディアが一斉に報道/ブリーフィングの際、バージニア州知事を支持する発言をし、ハッチ法で禁じられている政府関係者が禁止されている「政治活動」を行なった

事件
スポンサーリンク

サキ報道官、ハッチ法違反で告発される(The Washington Times)

ホワイトハウスのジェン・サキ報道官が、記者会見でバージニア州知事候補のテリー・マコーリフ氏を支持するような発言をし、ハッチ法に違反したとして、政府の監視団体が金曜日に倫理訴状を提出した。

スポンサーリンク

倫理監視委員会、サキ氏をハッチ法違反で告発(The Hill)

スポンサーリンク

ジェン・サキ、ハッチ法違反で重大な倫理告発される

2021年10月15日
ホワイトハウス報道官のジェン・サキは、ハッチ法違反で倫理的な告発を受けた。サキはホワイトハウスの演壇の後ろからテリー・マコーリフのキャンペーンを行ったとして告発されており、これは連邦法に違反しています。この告発は、Citizens for Responsibility and Ethics (CREW)が金曜日に発表した

「我々はジェン・サキをハッチ法で告訴した。なぜなら、いかなる政権も法律を超えてはいないからです」とCREWは発表しました。

「ホワイトハウスのジェン・サキ報道官は、ホワイトハウスのブリーフィングルームの壇上で、テリー・マコーリフ氏のバージニア州知事選挙を支持したことにより、ハッチ法に違反したと思われる。

「記者会見でサキ氏は、マコーリフ氏について、『マコーリフ前知事を助けるために全力を尽くすつもりですし、彼が代表するアジェンダを信じています』と述べました。これは、彼の立候補を支持しているようにも見える。ハッチ法は、行政府職員が「選挙の結果を妨害したり影響を与えたりする目的で、公的な権威や影響力を行使する」ことを禁じている。政治活動」とは、「政党、党派的な政治職の候補者、党派的な政治団体の成功または失敗に向けた活動」と定義されている。”

スポンサーリンク


なお、CREWは前政権に対しても同様の告発を行っていることを指摘しておく。

「前政権は、大統領の再選のために組織的に政府を共謀した」と同団体は続けた。CREWのノア・ブックビンダー社長は、「今回の行為は、トランプ政権のような非道な違反行為には及ばないものの、だからといって重要な倫理法の遵守を軽視してはならない」と述べている。

もしサキがハッチ法違反の責任を問われないのであれば、米国が中間選挙に近づくにつれ、より露骨になっていくのは間違いないだろう。多くのアメリカ人は、バイデン政権が政府のあらゆる部門を政治的に利用していることを当然と考えているが、それは決して許されることではない。どんな政治的立場にあっても、誰もが法の上に立つべきではない。バイデン政権が、超党派の監視団体の訴えをあっさりと片付けてしまうのかどうか、注目される。(beckernews)

Jen Psaki Was Just Slapped with a Major Ethics Complaint for Violating the Hatch Act
"No matter what one's political persuasion, no one should be above the law."
スポンサーリンク

倫理監視団体のツイート

我々はジェン・サキをハッチ法で告発した。

ハッチ法

1939年アメリカで制定された公務員の政治活動を規制する法律。連邦政府各省・庁の一般公務員 (正・副大統領,長官,次官などの政治任命職を除く) の選挙運動,職権を利用した政治活動を禁止している。

ハッチ法とは - コトバンク
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - ハッチ法の用語解説 - 1939年アメリカで制定された公務員の政治活動を規制する法律。連邦政府各省・庁の一般公務員 (正・副大統領,長官,次官などの政治任命職を除く) の選挙運動,職権を利用した政治活動を禁止している。
スポンサーリンク

参考記事

【動画あり】安倍元総理「生方氏の発言は外交に大きな影響を与える。北に、こんなものは終わりだと言われてしまう。「かつて拉致問題について言うのはフェアじゃない、というような発言もあった。これはとんでもない発言」/ネット「立民に政権を取らせてはならない!」
安倍元総理「生方幸夫さんの発言は外交に大きな影響を与える。北に、こんなものは終わりだと言われてしまう 生方幸夫さんが「拉致問題は本当にあるのか拉致問題はないんじゃないか」「生存者がいないと皆思っている」言った。北朝鮮の注文通りの発言。外交...続きを読む
アリゾナで新たな疑惑と証拠!【45thトランプ大統領声明:直ちに新たな選挙が行われるべきだ!】アリゾナ州ピマ郡の郵送投票用紙の返品率は100%を超えていた。 40の選挙区で97%以上の郵送投票用紙が返送されたー完全に不可能。これはあり得ない数字だ!
リズ・ハリントン氏「ドナルド・J・トランプ大統領、アリゾナ州ピマ郡での不利な調査結果について新たな声明を発表」 "新たな選挙が直ちに行われるか、過去の選挙が認定解除され、共和党候補が当選者として宣言されるべきである。" "彼らは手を...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

 

タイトルとURLをコピーしました