社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【トランプ・ポンペオ効果】バイデン、中国が攻撃してきたら米国は台湾を守ると発言/「われわれはそう(台湾を防衛)する責務がある」と答えた/ポンペオ前国務長官は、退任前の1/10、台湾との接触規制を撤廃 「北京への配慮はもうしない」と声明を出している

中国
スポンサーリンク

バイデン氏、中国が攻撃してきたら米国は台湾を守ると発言

2021年2月16日、

ジョー・バイデン大統領は、中国が台湾を攻撃した場合、米国は台湾を防衛すると述べ、米国の長年の外交政策の立場から明らかに逸脱した発言をした。

しかし、ホワイトハウスの報道官はその後、一部の米メディアに対し、彼の発言は政策の変更を意味するものではないと語った。

米国には、台湾の自衛を支援することを義務付ける法律がある。

しかし米国は、中国が台湾を攻撃した場合に実際に何をするかについて意図的に曖昧にする「戦略的曖昧さ」の政策を追求している。

CNNのタウンホール・イベントで、ある参加者が、中国が極超音速ミサイルの発射実験を行ったという最近の報道に言及した。彼はバイデン氏に「台湾を守ることを誓えるか」「中国の軍事開発に追いつくために何をするか」と質問した。

スポンサーリンク

バイデン氏はこう答えた。

バイデン氏は、「イエス、イエス」と答えた。さらに、「中国、ロシア、その他の国々は、我々が世界の歴史上最も強力な軍隊であることを知っている」ので、「彼らがより強力になるかどうかを心配する必要はない」と付け加えた。

さらにバイデン氏は、CNNのアンダーソン・クーパーキャスターから、中国が台湾を攻撃した場合、米国は台湾を守るのかと2回目の質問を受けた。バイデン氏はこう答えた。バイデン氏は、「はい、そうすることをお約束します」と答えた。

ホワイトハウスの報道官はその後、バイデン氏の発言を撤回するかのような発言をし、米国のメディアに対し、米国は「我々の政策に変更を加えることを発表しておらず、我々の政策に変更はない」と述べた。

このようなことが起こったのは初めてではない。8月、バイデン氏はABCニュースのインタビューで、台湾に対する同じスタンスを示唆するような発言をしていた。ホワイトハウスはその時も、台湾に対する米国の政策は変わっていないと述べた。

米国は台湾と公式な外交関係を持っていないが、台湾関係法の一環として台湾に武器を販売しており、米国は台湾に自衛手段を提供しなければならないとしている。

中国とは正式な関係があり、「中国政府は一つしかない」という中国の立場を外交的にも認めている。

Biden says US will defend Taiwan if China attacks
His comments are an apparent departure from the long-held US position of "strategic ambiguity".
スポンサーリンク

中国は反発「いかなる外部の干渉も認められない」

2021年10月22日 18時03分

中国は反発「いかなる外部の干渉も認められない」

アメリカのバイデン大統領が、台湾が中国に攻撃された場合、アメリカは防衛する責務があると発言したことについて、中国外務省の汪文斌(おう・ぶんひん)報道官は、22日の記者会見で「台湾は中国の領土の不可分の一部だ。台湾問題はまさしく中国の内政であり、いかなる外部の干渉も認められない」と述べ、反発しました。

そのうえで「アメリカには、『1つの中国』の原則をきちんと守り、台湾問題での言行を慎み、両国関係と台湾海峡の平和と安定を損なわないよう求める」と述べけん制しました。

バイデン大統領「台湾が中国に攻撃された場合アメリカは防衛」 | NHKニュース
【NHK】アメリカのバイデン大統領はテレビ番組に出演し、台湾が中国に攻撃された場合、アメリカは防衛する責務があると発言し、台湾への…
スポンサーリンク

ポンペオ米国務長官、台湾との接触規制を撤廃 「北京への配慮はもうしない」(1/10)

2021年01月10日 17時00分

マイク・ポンペオ米国務長官は1月9日、台湾当局者との接触を制限する国務省の「自主規制」を撤廃すると発表した。この発表は、台米間の関係が深まる新たな流れを示した。

ポンペオ長官は声明の中で、外交や軍事、その他の当局者と台湾当局者との交流を数十年にわたって規制してきた「複雑な内部制約」を取り除いたと述べた。

「米政府は北京の共産党政権をなだめるために一方的にこれらの行動をとった」とし、「もうしない」と強調。

AITは実質的な在台湾米国大使館

中国政府は、台湾を領土の一部と見なし、必要であれば武力行使も辞さないとし、台湾の国際的孤立を推し進めている。

米国は台湾と正式な外交関係を持っていないが、1979年の台湾関係法(TRA)に基づき、非公式な関係を維持している。TRAは米国が台湾自衛のために軍事装備を提供することを認め、米国在台湾協会(AIT)という窓口機関を設立した。AITは現在、事実上の在台湾米国大使館となっている。

米国はトランプ政権下で台湾との関係を深めている。昨年、台湾への大規模な武器売却を承認し、台湾との関係を強化した。

スポンサーリンク

参考記事

動画あり【バイデンまたまた奇行】バイデン、タウンホールミーティングでCNN司会者が質問している間中、不自然に「両手を握りっぱなし」で固まる/ネット「彼は自分の手をどうすればいいかわからないのだ」「不可解ではない。完全にあの症◯だ」
私は自分の手で何をすればいいのかわからない ネットの声 オーノー!!もううんざりだ。勘弁してくれ。これが8,100万票をとった人間であるはずがない! 文字通り、彼からカメラを背むけなければならなかった。 ...続きを読む
動画あり【バイデン生放送でまたやらかす】「それから、えーと、えーと、あー、あー、私はここで何をやっているんだ」/CNNの生放送中での出来事/ネット「これが8,100万票を集めた実力だ」「物忘れはあり得るが、それが毎日起こっていることが問題だ」
バイデン「私はここで何をしているのだろう」 テレビの生放送で現在のサプライチェーンの危機について話すとき、バイデンは完全に迷っているようだ。 「私はここで何をしているのだろう?」と。 アンダーソン・クーパーは彼にロングビーチ港...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました