社会の話題と反応を発信していくネットメディア

ダーラムは、ロシアゲートで民主党がFBIと国民を操作したという事件を立証している(Bloomberg)/ダーラムが逮捕したダンチェンコに情報を与えていた「ドーラン」は、クリントン夫妻と密接なつながり。ダーラムの最終目標はクリントン陣営(breitbart)

事件
スポンサーリンク

ブルームバーグ、コラムニスト、エリ・レイク氏

「ロシア連邦の元ロビイストで民主党の工作員であるチャールズ・ドーランは、ヒラリー陣営が対戦相手がロシアに妥協していると主張するために依頼した書類の重要な情報源だった」

「ダーラムは、ロシアゲートで民主党がFBIと国民を操作したという事件を立証している」

スポンサーリンク

ダーラムの起訴資料にある「PR Executive -1」はチャールズ・ドーランJr

4 Nov 2021

弁護士のラルフ・マーティンは木曜日、彼のクライアントであるDC在住のコミュニケーション・エグゼクティブ、チャールズ・ドーラン・Jrが、ジョン・ダーラム特別顧問が研究者のイゴール・ダンチェンコを起訴した際に「PRエグゼクティブ-1」と呼ばれている人物であることを確認した。

ヒラリー・クリントン陣営と民主党全国委員会は、スティールを雇っていた対立調査会社「フュージョンGPS」に報酬を支払って書類を作成させ、それをFBIに提供していた。それが「ロシア共謀罪」捜査の根拠となった。

起訴状によると、2005年から10年までブルッキングス研究所で民主党の政策的著名人と仕事をしていたダンチェンコは、「PR Executive-1」とも仕事をしていたという。マーティンはCNBCに対し、「PR Executive-1」が実際にはドーランであることを確認した。

スポンサーリンク

KGグローバル社の副社長であるドーランは、ビル・クリントンのバージニア州での選挙運動の議長を務め、クリントン夫妻との関わりが深い

彼の広報活動には、ロシア関連の問題も含まれている。

ダーラムの起訴状によると、ダンチェンコがスティールに情報を報告していたため、ドーランはダンチェンコをロシア人の知人に紹介した。そしてそのロシア人の知人は、ダンチェンコがスティールに伝えた情報の一部を提供したとされている。

皮肉なことに、クリントン陣営はその後、トランプ氏もその側近もロシアでそのような接点を持っていなかったにもかかわらず、ロシアとの「共謀」を告発することになる。

起訴状によると、ドーランは、クリントン陣営はダンチェンコやロシアとの接触を知らなかったと主張している。しかし、PR Executive-1」は、ロシアのコンタクトにヒラリー・クリントンの自伝を渡し、それ「私の良き友人へ、偉大なる民主主義者」と署名している。

別の機会には、同じロシアの「サブソース」がヒラリーのサインを求め、その後、別のロシア人関係者にドーランが「ヒラリーが選挙に勝ったら私を国務省に連れて行く」と自慢した。

スポンサーリンク

ダーラム捜査の頂点のターゲット候補は、スティール自身からクリントンの顧問弁護士マーク・イライアス、クリントン陣営の幹部

ドーランはまた、共和党の情報源から、当時のキャンペーンマネージャーであったポール・マナフォート(「キャンペーンマネージャー1」)に関する情報を得たように装い、ダンチェンコはそれを「会社」(おそらくフュージョンGPS)の連絡先に伝えたようだ。

ドーランはダンチェンコを、フュージョンGPSに仕込みたい情報、さらにはFBIやメディアにも仕込みたい情報のパイプ役として使ったようだ。ダンチェンコはその後、FBIにドーランとの関係について嘘をついたとされる。

ジョージ・ワシントン大学のジョナサン・ターリー法学部教授は、木曜日のフォックス・ニュースで、ダーラムの詳細な調査が、調査の深さを示唆していると指摘し、起訴状の分析の中で、ダーラム氏がダンチェンコ事件の事実を明らかにしたことが、将来の起訴を示唆していると書いている。

“捜査で彼の上にいる頂点のターゲット候補は、スティール自身からクリントンの顧問弁護士マーク・イライアス、クリントン陣営の幹部まで多岐にわたる。”

Confirmed: 'PR Executive -1' in Durham Indictment Docs Is Charles Dolan Jr.
The Danchenko indictment includes striking details about Dolan, and reveals part of the story behind the false "pee" accusations dossier.
スポンサーリンク

参考記事

【BIG!】民主党とヒラリー大打撃/ダーラム特別顧問、FBIが『クリントンが資金提供し、民主党から報酬を得ていたクリストファー・スティールが書いた文書(トランプ陣営がロシアと共謀したとデッチ上げた報告書)の情報源である「イゴール・ダンチェンコ」を逮捕したと発表
FBI、クリントンが資金提供したスティール文書の情報源イゴール・ダンチェンコを逮捕 トランプ・ロシア調査の資料に情報を提供したアナリストのイゴール・ダンチェンコ氏が、FBIに嘘をついた5つの罪で起訴されたことを、司法省が1日に発表...続きを読む
【ヒラリー詰みか?:ダーラムの狙いはヒラリー陣営】ロシア疑惑をデッチ上げた『スティール文書』の情報主「イゴール・ダンチェンコ」の逮捕は、スティール文書がいかにヒラリーによって仕組まれた政治的な汚いトリックであったかを示している(NewyorkPost)
要点「ダーラムはクリントン陣営に狙いを定めている」 *ヒラリー陣営に関係する主な人物は、本記事末尾を参照 ・ダーラムの起訴状によると、クリントン陣営はエージェントを使ってトランプとロシアの噂を政府やメディアに売り込み、トランプが調査され...続きを読む
【イゴール・ダンチェンコ逮捕】ダーラムの起訴状によると、ロシアゲートをデッチあげたスティールのインチキ書類の大部分は、民◯党の工作員の言葉をそのまま受け継ぎ、イゴール・ダンチェンコを通して伝えられた純粋な捏造だった
ワシントンポストは知っていたのか? ヒラリー陣営に関係する主な人物 ・「チャールズ・ドーラン」:民主党、クリントン陣営の工作員(の疑義) ・「クリストファー・スティール」:元英国スパイ。クリントン陣営が資金提供し、民主党から報酬を得て...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました