社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【45thトランプ大統領声明】民主党の「1/6国会暴動調査委員会」は、魔女狩りのため愛国者のケリック氏を召喚するが、彼は2020選挙の不◯の証拠を山ほど持っていて、公聴会開催を要求。委員会はお気に召さないだろう/面白いことになりそうだ(gatewaypundit)

事件
スポンサーリンク

リズ・ハリントン氏「45thトランプ大統領声明」

スポンサーリンク

第45代アメリカ合衆国大統領 ドナルド・J・トランプ氏の声明

SAVE AMERICA ドナルド・J・トランプ大統領– 2021年11月24日

アンセレクト委員会(*)(1月6日の国会暴動を調査する委員会)は、1月6日の魔女狩りのために、アメリカの愛国者であり、ニューヨーク市の偉大な元警察長官であるバーニー・ケリック氏に召喚状を発行したが、彼らが要求しているのが有権者詐◯の膨大な証拠の山であることに気付かなかった。

バーニーの弁護士によると、これらの文書は2020年の大統領選挙詐欺の不○を示す重要な指標を示しているが、一般には隠されたままになっているという。これが本当の調査であれば、アンセレクト委員会が興味を持つべきものだ。

バーニーは召喚状に応じて公聴会を開くことを望んでおり、バーニーが証言したり文書を提供したりできるように、私に弁護士とクライアントの特権を放棄するよう求めてきたので、それを認めた。アンセレクト委員会は、自分たちが求めたものを気に入らないだろう!」。- ドナルド・J・トランプ大統領

スポンサーリンク

1-6魔女狩りパネル – リズ・チェイニーの委員会に警告 “アンセレクト委員会は彼らが求めたものを気に入らないだろう!”

2021年11月24日

トランプ大統領は水曜日、リズ・チェイニーの1月6日委員会で証言するために、元ニューヨーク警察長官のバーナード・ケリックを釈放した。(多分、上記声明の弁護士とクライアントの特権を放棄したという点だと思います)

1-6委員会は、1月5日にワシントンDCのウィラード・ホテルで行われた会合にトランプ関係者が出席したことを非難して、ケリックへの召喚状を提出した。ケーリックの弁護士は後に民主党委員会に、ケーリックは当時ニューヨークにいたため、2020年の選挙不正について話し合う会合には参加していないと通知した。

トランプ大統領は水曜日、委員会に対して、2020年の大統領選挙詐欺の不○を示す重要な指標を示す文書をケリックの弁護士が保有していると警告した。その文書は公開されないままである。

これは面白くなるかもしれない。

President Trump Releases Bernie Kerik to Testify to J-6 Witch Hunt Panel -- Warns Liz Cheney's Committee "The Unselect Committee Will Not Like What They Asked For!"
President Trump released former New York Police Commissioner Bernard Kerik on Wednesday to testify before Liz Cheney’s Jan. 6 Committee. The J-6 Committee fumbl...続きを読む
スポンサーリンク

(*)「1月6日の独立調査委員会」

January 6th Committee:Select Committee to Investigate the January 6th Attack on the United States Capitol:トランプ氏は、民主党独自であり独立していない、委員が公平に選択されてない、偏っている、という意味で、「アンセレクト委員会」と呼んでいると思われます。

2月15日、ナンシー・ペロシ下院議長は議会による独立調査委員会を設置する方針を発表した。この原案は上院で成立しなかったため、 2021年6月30日、下院は創設する事を可決し、7月1日、ナンシー・ペロシはメンバーを決めた。当時の政府関係者など多くが召喚され、ドナルド・トランプとは当時のホワイトハウスの情報へのアクセスをめぐり法定闘争に発展している。メンバーは、トランプ弾劾に賛成し共和党から除名されたリズ・チェイニーと、次期下院議員選挙に支持を得られず辞退したアダム・キシンガーが入っている

バーナード・ケリック:1955年9月4日生まれ。ニューヨーク市警の第40代長官で熱烈なトランプ支持者。アメリカのコンサルタントであり、2000年から2001年までニューヨーク市警の第40代長官を務めた元警察官。(wikipedia)

スポンサーリンク

これまでに召喚状が送られた人

・マーク・メドウズ:アメリカ合衆国の政治家。2020年4月からトランプ大統領の首席補佐官を務めた。

・スティーブン・バノンアメリカのメディア幹部、政治戦略家、元投資銀行家、ブライトバート・ニュースの元エグゼクティブチェアマン。ドナルド・トランプ米大統領の政権下で、トランプの任期の最初の7ヶ月間、ホワイトハウスの首席戦略官を務めた。

・ダン・スカヴィーノ:トランプの政治顧問。トランプ大統領選挙キャンペーンのソーシャルメディアのディレクター

・カシャップ・パテル:アメリカの弁護士であり、元政府関係者。彼はドナルド・トランプ大統領の下で米国国防長官代理の参謀長を務めた。

スポンサーリンク

参考記事

【動画あり】「私はどこに行けばいいんだ?」 バイデン、軍人向け感謝祭イベントで次に何をすべきかわからず、フラフラと混乱した様子を見せた。ジル・バイデンが付き添って席に戻す
「どこに行けばいいんだ?」 バイデンは軍人向けの感謝祭イベントで、次に何をすべきか見当がつかない。 2021年11月22日 月曜日、ジョー・バイデンは軍人たちとの感謝祭のイベントで、またしてもフラフラと混乱した様子を見せた。 ...続きを読む
バイデン、トランプ政権が世界最大の産油国にしたのにも関わらず、パイプラインを止め「ガソリン高騰は産油国の供給不足のせいだ」と寝言/トランプ大統領「私の政権だったら、露やサウジを合わせた国よりも大きくなっていた!」/ネット「だったらパイプラインをなぜ止めた!」
The Hill バイデン大統領:「アメリカ人がガソリン価格の高騰に直面している大きな理由は、産油国や大企業が需要に見合うだけの迅速な石油供給を行っていないことであり、供給量が少ないということは、世界的に石油価格が高騰していることを意味し...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました