社会の話題と反応を発信していくネットメディア

バイデン、トランプ政権が世界最大の産油国にしたのにも関わらず、パイプラインを止め「ガソリン高騰は産油国の供給不足のせいだ」と寝言/トランプ大統領「私の政権だったら、露やサウジを合わせた国よりも大きくなっていた!」/ネット「だったらパイプラインをなぜ止めた!」

事件
スポンサーリンク

The Hill

バイデン大統領:「アメリカ人がガソリン価格の高騰に直面している大きな理由は、産油国や大企業が需要に見合うだけの迅速な石油供給を行っていないことであり、供給量が少ないということは、世界的に石油価格が高騰していることを意味します」

スポンサーリンク

バイデン

だからといって、価格が勝手に下がるのを黙って待っているわけにはいきません。その代わりに、私たちは行動を起こしています。アメリカ人がガソリン価格の高騰に直面している理由の大部分は、産油国や大企業が需要を満たすのに十分な速度で石油の供給を増やしていないことにあります。

そして、供給量が少ないということは、世界的に見ても石油の価格が高いことを意味します。これらの問題を解決するために 私は、この問題に取り組んでいる各国の指導者と電話で話し、石油価格を下げ、最終的には皆さんが支払う価格を下げる方法を見つけようとしました。そこで本日、米国の戦略石油備蓄から過去最大の放出を行い、このパンデミックからの回復に必要な供給を行うことを発表します。

スポンサーリンク

ネットの声

「勝手に採掘を止めておいて備蓄放出とは、恐れ入る」

「米国に豊富な石油を供給し、米国の需要を満たすことができるKXLパイプラインを軽々しく中止するべきではなかったのです。アメリカでの供給問題の責任を負うべきだ」

彼はもう何を言っているのかさえわからない

そして…。私は、アメリカの天然ガスの探査・生産・流通を終わらせるというキャンペーンを行い、その約束を果たしました。

スポンサーリンク

参考記事

45thトランプ大統領、バイデンの石油備蓄放出を大批判/「私は原油価格が非常に低かったときに、戦略石油備蓄を満タンにした。埋蔵石油は戦争などの重大な緊急事態のために使うもので、それ以外の用途はない。1年前はエネルギーに依存しない国だったのに、今ではOPECの言いなりだ!」
ニューズウィークコラムニスト、ベンジャミン・ヴァインガルテン氏 ブランドン(FJB)の破壊的な反エネルギー政策と組み合わせた無限のお金の印刷は、まるで論理的な結果をもたらしているかのようだ。 第45代アメリカ合衆国大統領 ドナル...続きを読む
2024年、複数の世論調査で45thトランプ大統領がバイデン氏を上回る/最近のいくつかの世論調査では、次期大統領選挙では前大統領の勝利が有力視されている
次期大統領選挙では前大統領の勝利が有力視 トランプ氏、バイデン氏ともに好感度は低いままですが、最近のいくつかの世論調査では、次期大統領選挙では前大統領の勝利が有力視されている。 ドナルド・トランプ氏、2024年の出馬を強く示唆!...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました