社会の話題と反応を発信していくネットメディア

オミクロンはコロナ終焉シグナルか-JPモルガンが押し目買い勧める(bloomberg)/オミクロンは感染力が強い一方、致死性は低いとみられる。これは歴史的に観察されたウイルスの進化パターンに合致

コロナ

オミクロンはコロナ終焉シグナルか-JPモルガンが押し目買い勧める

2021年12月2日

債券利回り上昇と再開銘柄の上昇に向けたポジションを
・初期の報告によればオミクロンの致死性は低い可能性

新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン」の出現による最近の市場の波乱は、経済再開と商品取引におけるトレンド反転に向けたポジションを組む好機かもしれないと、JPモルガン・チェースが指摘した。

オミクロンは感染力がこれまでの変異株よりも強い可能性がある一方、初期の報告によれば致死性は低いともみられる。これは歴史的に観察されたウイルスの進化パターンに合致していると、ストラテジストのマルコ・コラノビッチ、ブラム・カプラン両氏が1日のリポートで指摘。オミクロン株は新型コロナパンデミックの終焉(しゅうえん)が近いことを示唆している可能性があり、リスク資産にとって最終的にプラスとなるかもしれないと分析した。

スポンサーリンク


新変異種の出現がここ数日の市場を揺さぶっているが、オーストラリア政府のケリー首席医務官はオミクロン株が他の株と比べて致死性が高いことを示す証拠はないと述べている。

JPモルガンのストラテジストによると、これは重症度が低く感染力の強い株がより重症度の高い株を急速に駆逐するというウイルスの過去のパターンに適合している。従って、オミクロンは新型コロナパンデミックを季節性のインフルエンザに近いものに変容させる可能性がある。

「このシナリオが実現するならば、世界保健機関(WHO)はこれを、2文字を飛ばしたオミクロンではなく、ギリシャ文字の最後であるオメガと命名してもよかった」と両ストラテジストはコメントしている。(bloomberg)

参考記事

バイデンのワクチン義務化を阻止したルイジアナ州の判決は、違憲ではなく「ワクチンは感染を防げない」ことが理由だった/ドーティ判事「ワクチンを接種していても感染する可能性がある。義務付けても従業員や病院の患者の安全性は高まらない。亜種には対応できない」
COVID-19ワクチンは病気の感染を防ぐものではない」-ドーティ判事の判決でバイデン氏のワクチン義務化が崩れる 2021年12月2日 The Gateway Punditは以前、ルイジアナ州...続きを読む
なんと、小◯性愛者のジェフリー・エプスタインは、ビル・クリントンの任期中に、17回もホワイトハウスを訪問していたことが明らかに/1日に2回訪問したことも3度。
エプスタインは、ビル・クリントンの任期中に、17回もホワイトハウスを訪問していた 2 December 2021 EXCLUSIVE: ジェフリー・エプスタインのクリントン・ホワイトハウスへの...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました