社会の話題と反応を発信していくネットメディア

なんと、小◯性愛者のジェフリー・エプスタインは、ビル・クリントンの任期中に、17回もホワイトハウスを訪問していたことが明らかに/1日に2回訪問したことも3度。

事件

エプスタインは、ビル・クリントンの任期中に、17回もホワイトハウスを訪問していた

2 December 2021

EXCLUSIVE: ジェフリー・エプスタインのクリントン・ホワイトハウスへの訪問が明らかに。

訪問者記録によると、小◯性愛者は1994年に12回、1日に2回、3回の訪問を含め、少なくとも17回、元大統領を訪問していた。

DailyMail.comが独占的に入手した訪問者の記録によると、小◯性愛者のジェフリー・エプスタインは、ビル・クリントンの第1期目の任期中である1993年から1995年にかけて、少なくとも17回ホワイトハウスを訪問していたことが明らかになった。

情報公開請求の一環として公開されたこの文書によると、エプスタインは14日間に渡ってゲストとして入場し、1日に2回訪問したことも3回あった。

スポンサーリンク


エプスタインの訪問先の大部分は西翼であり、大統領との面会を示唆している。
・エプスタインは、後にクリントンの財務長官を務めたロバート・ルービンを含む、クリントンの最上級顧問や側近に招待されていた。
・エプスタインの犯罪は、2006年に逮捕されるまで公表されなかったが、この訪問は、彼の恋人とされるギスレイン・マックスウェルが未成年の少女を調達していたとされる時期に行われたものと思われる。
・過去ログによると、エプスタインは、クリントン大統領就任からわずか1ヶ月後の1993年2月25日に、当時の大統領補佐官(経済政策担当)であったロバート・ルービンに招待され、最初にゲストとして入場した。
・次に訪れたのは1993年9月29日、1万ドルを寄付したホワイトハウス歴史協会主催のレセプションで、ギスーヌ・マックスウェルと一緒に出席しているところを写真に撮られている👇

Jeffrey Epstein visited Clinton White House 17 times, logs reveal
Visitor logs obtained exclusively by DailyMail.com reveal Jeffrey Epstein visited the White House at least 17 times during Bill Clinton's first term between 199...続きを読む

エプスタインと恋人だったギレーヌ・マクスウェルは、ビル・クリントンのホワイトハウスに滞在していた(4月の記事)

ギレーヌ・マックスウェルとジェフリー・エプスタインは、かつて民主党のビル・クリントン元大統領のホワイトハウスに滞在していたことが、写真で証明された。

ジェフリー・エプスタインと元恋人ギレーヌ・マックスウェルは、ビル・クリントン大統領のホワイトハウスのツアーに訪れていた。

彼女と小○性愛者の元恋人(エプスタイン)は、大統領のVIPゲストだった。

ギレーヌ・ノエル・マリオン・マクスウェルwikipedia)

1961年12月25日生まれ。金融業者であり性犯罪者として有罪判決を受けたジェフリー・エプスタインとの関係で知られるイギリスの社交界の人物。1991年に父親が死去してからアメリカ合衆国へ移住し、投資家で有罪判決を受けた性犯罪者のジェフリー・エプスタインと懇意になった 。

ギレーヌは、2019年にエプスタインが勾留中に自殺した後に行方不明となっていたが、2020年7月2日、性犯罪目的の未成年者誘拐・斡旋共謀などの容疑で逃走先のニューハンプシャー州で連邦捜査局に逮捕され、現在公判中。

ギレーヌ・マクスウェル被告 公判初日 「ロリータエクスプレス」機長が証人に

11月30日

ギレーヌ・マクスウェル被告の公判が29日、マンハッタンのサーグッドマーシャル連邦裁判所で幕を開けた。

故ジェフリー・エプスタイン元被告の元恋人で、仕事上のパートナーだったとされるマクスウェル被告(59)は、未成年の少女らを、勧誘、手なずけ、エプスタインによる性的虐待を助けたとして、昨年7月に逮捕、6つの罪で起訴された。

この日、検察側の最初の証人として、エプスタインのパイロットだったラリー・ヴィソスキ氏が証言台に立った。

1991年から2019年にエプスタインのもとで働いたヴィソスキ氏は、エプスタインとマクスウェル被告の関係を「カップルのよう」と描写。写真を示しながら、ニューヨーク、パリ、ヴァージン諸島、フロリダのパームビーチ、ニューメキシコのサンタフェを、ゲストを乗せて航行したことを説明したという。

ヴィソスキ氏によると、4日に1度は飛行していたという。エプスタインのプライベートジェットの一つは、若い女性や少女らを乗せて移動していたことから、「ロリータ・エクスプレス」と呼ばれていた。これまでクリントン元大統領を含む、政財界の大物やハリウッドの著名人が搭乗したことが、明らかになっている。

ギレーヌ・マクスウェル被告 公判初日 「ロリータエクスプレス」機長が証人に - Mashup Reporter
ギレーヌ・マクスウェル被告の公判が29日、マンハッタンのサーグッドマーシャル連邦裁判所で幕を開けた。 故ジェフリー・エプスタイン元被告の元恋人で、仕事上のパートナーだったとされるマクスウェル被告(59)は、未成年の少女ら

ジェフリー・エプスタインとは

児童売○を斡旋したことで有罪。獄中で自殺したが、他殺が疑われている。

・エプスタインが生きていて証言をすれば、著名人、政治家を巻き込む大スキャンダルになっていた。

ジェフリー・エドワード・エプスタイン(wikipedia)

1953年1月20日 – 2019年8月10日。アメリカ合衆国の実業家、投資家。児童買春で有罪となった。
2019年8月10日、再審の申し立てで逮捕・拘留されていたニューヨーク州の拘置所内で首を吊って自殺したと発表された。しかし、エプスタインの遺族や弁護団は、この自殺という判断に異を唱えている。ジェフリーの弟のマーク・エプスタインから、鑑定を依頼された法医学者マイケル・バーデンは、2019年10月30日、他殺されたことを示す証拠があると発表している。

参考記事

エプスタインは、「ゾロ牧場(ゾロ・ランチ)」の広大な土地で、アンドリュー王子などのゲストをスパイするために、3つの巨大なコンピューター室を持っていた/エプスタインは、ゾロ・ランチで自分の精○を女性に授○させるという歪んだアイデアを持っていた
ジェフリー・エプスタインは、アンドリュー王子を含むゲストをスパイするためにコンピューター室を持っていた。 エプスタイン氏は「ゾロ牧場(ゾロ・ランチ)」と呼ぶ約1万エーカーの敷地に、自身の屋敷...続きを読む
ジェフリーエプスタインはかつて十代の処じ○を奪うことについて自慢していた/裁判所の文書より
ジェフリーエプスタインはかつて十代の処女を奪うことについて自慢していた:裁判所の文書 ジェフリー・エプスタインはかつて、19歳の女性の処じ○を奪うことについて事実上の見知らぬ人に誇らしげに自慢し...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました