社会の話題と反応を発信していくネットメディア

バイデンの下で世界はより危険になっている。バイデンがアフガンで失態を犯し、無能と弱さを曝け出したからだ/ロシアはウクライナとロシアの国境に10万人近くの軍隊を動員しウクライナに侵攻する構え/中国は台湾の領土を占領を示唆/イランは核武装に向けて着々と進む

政治
スポンサーリンク

ジョー・バイデンの下で世界はより危険になっている

スポンサーリンク

バイデンの下で世界はより危険になっている/バイデン氏がアフガニスタンからの脱出に失敗したことが無能さと弱さの表れと見なされた

2021年12月4日

気づいているのは私たちだけではないと思うが、ジョー・バイデンが大統領になってから、世界はより危険な場所になっている。なぜか。敵対するアクターが弱さとチャンスを感じているからだろう。

ロシアはウクライナとロシアの国境に10万人近くの軍隊を動員し、ウクライナに侵攻する構えを見せている。ロシアのラブロフ外相は、NATOの「軍事インフラが無責任にロシアの国境に近づけられている」と主張し、ヨーロッパに新たな兵器が配備されれば、「軍事衝突という悪夢のシナリオ」が引き起こされるかもしれないと述べている。

アントニー・ブリンケン国務長官は、モスクワの計画には「大規模な軍事作戦だけでなく、内部からの不安定化のための努力も含まれている」と告発した。このような攻撃は、その地域を超えて影響を及ぼす可能性がある。

ブリンケンはラブロフに、侵略によって自国が被るであろう「深刻な代償」を警告した。それが遅すぎないことを期待したい。

一方、中国は台湾への嫌がらせを強めており、軍用機を繰り返し台湾の領空に送り込み、近いうちに武力で台湾の領土を取り戻すことを示唆している。米国防総省をも驚かせた極超音速ミサイルの発射実験も行った。また、米国の2倍の速度で人工衛星を宇宙に打ち上げている。

スポンサーリンク

中露はアメリカに常時サイバー攻撃

宇宙軍のデビッド・トンプソン大将によると、中国とロシアは日常的にアメリカの衛星にレーザーや高周波ジャマー、サイバー攻撃を仕掛けており、これは「戦争行為」と解釈される可能性があるという。

また、他の場所でも問題が発生する可能性がある。イランは、オバマ時代の協定を改善しない限り、どんな協定にも同意しそうにない。オバマ時代の協定は、テヘランに核兵器獲得の道を開き、何十億もの報酬を与えた。その一方で、テヘランは核武装に向けて着々と進んでおり、この地域での戦争の可能性を高めていることは間違いない。

なぜ、このような国際的な大胆さが必要なのか?バイデン氏がアフガニスタンからの脱出に失敗したことが、無能さと弱さの表れと広く見なされた後に、このような行動に出たのは偶然ではないかもしれない。

スポンサーリンク

無能を露呈し、隣国に弱みを握られている

また、国内外でのバイデン氏の対応は、インフレや南部国境問題などで見事に裏目に出ており、敵に弱みを握られているのかもしれません。

また、中国やロシアによる数々の挑発行為や好戦的な行動に対して、バイデンチームは説得力のある対応をしていません。その逆である。

例えば、ロシアがウクライナへの侵攻の可能性に備えている間にも、ホワイトハウスは、ロシアからドイツへのガスパイプライン「ノルドストリーム2」の建設を中止させるための法案を阻止しようとしている。また、ウイグル人の奴隷労働で作られた中国製の輸入品を制限する法案を水増ししようとしている。

The world is becoming more dangerous under Joe Biden
We hope we’re not the only ones who’ve noticed, but the world has become a more dangerous place since Joe Biden became president. Why? Perhaps because hostile a...続きを読む
スポンサーリンク

参考記事

ポンペオ前国務長官、中共に怒りの連ツイ「はっきりさせておこう。中国共◯党は、基本的な人権を無視し、大量◯殺を行っているのだ」
ポンペオ前国務長官「アメリカ選手が安全だと言えるのか?」 責任ある米国の指導者たちは、国際的な女子テニスのスター選手である彭帥さんに起こったことを見て、共産主義中国の国境内では我々の選手が安全であると結論づけることができるのか? ...続きを読む
トランプ大統領、バイデンに加担するRINOのミッチ・マコーネルを批判/哀れだ!彼は役立たずよりもひどい!
リズ・ハリントン氏「トランプ大統領声明」 ドナルド・J・トランプ大統領。 共和党の上院議員たちが、民主党が推し進める恐ろしい「Build Back Better 法案」との戦いについて話しているのを見ている。 この法案は、イン...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました