社会の話題と反応を発信していくネットメディア

民主党政権下のカリフォルニア州の学校で、子供にピザと引き換えにワクチンを接種させ、誰にも言わないように言った/母親は激しく非難、訴訟を示唆:学校の名前は「バラク・オバマ・グローバル・プレップ・アカデミー」

コロナ
スポンサーリンク

カリフォルニアの母親が、13歳の息子にCOVIDワクチンを接種させるために学校を買収したことを非難

スポンサーリンク

カリフォルニアの母親が、13歳の息子に無料のピザを渡してCOVIDワクチンを接種させ、自分に言わないように警告した学校を非難

2021年12月8日

・マリベル・ドゥアルテさんは、息子がバラク・オバマ・グローバル・プレップ・アカデミーから、彼女の同意なしに予防接種カードを持って帰宅したと主張している。

・ドゥアルテさんによると、息子はピザと引き換えにCOVID-19ワクチンを接種し、誰にも言わないように言われたという。

・12歳以上の生徒に1月10日までのワクチン接種を義務づけているロサンゼルス統一学区(UAUSD)に対し、2人の親が法的措置を取っている。

・LAUSDのスポークスマンは、学校での出来事を確認していないが、生徒はワクチンを受けるためのインセンティブを提供されていると述べている。

・弁護士のジェニファー・ケネディ氏によると、LAUSDには義務化を実行する法的権限がない両親は訴訟を起こす可能性があるとのこと。

スポンサーリンク


カリフォルニア州の学校が、13歳の息子にCOVIDワクチンを接種するために無料でピザを提供し、そのことを誰にも言わないように警告したと、怒りに満ちた母親が主張しています。

マリベル・ドゥアルテさんによると、13歳の息子は南ロサンゼルスにあるバラク・オバマ・グローバル・プレップ・アカデミーでピザと引き換えにファイザー社のCOVID-19ワクチンを受けた後、予防接種カードを持って帰宅したとのこと。

私が関与すべきだった」とデュアルテさんはNBCロサンゼルスに語った。「彼に注射をして紙にサインした女性は、息子に『何も言わないで。トラブルに巻き込まれたくないから』と言っていました」

カードには、この少年が10月28日と11月18日の2回、ファイザー社のワクチンを接種したことが記されていた。

California school offers boy pizza to get vaccinated
An outraged mother is claiming that a California school offered her son a pizza to get vaccinated and told him not to tell anyone about it, which an attorney cl...続きを読む
スポンサーリンク

カリフォルニア州の母親は、13歳の息子が通う公立学校から「何も言うな」とワクチン接種を迫られたと語る。

カリフォルニア州の学校が親の同意なしに13歳の子供にワクチンを接種し、子供に「何も言うな」と言った。

子供に注射をして紙にサインした女性が、私の息子に言ったのです。「お願いだから何も言わないで。トラブルに巻き込まれたくないから」

ロサンゼルス統一学区(UAUSD)によると、生徒の問題は機密事項であり、具体的なコメントはしないが、安全な学校では、奨励金プログラムのステップを保存するために、ワクチンを接種した生徒が賞品を受け取るためのいくつかのステップを確保していると述べた。

ドゥアルテさんは、「ワクチンに反対しているわけではありません。私自身はワクチンを接種していますが、息子の健康を考えると、ケースは違います」

スポンサーリンク

参考記事

ポンペオ前国務長官、中共に怒りの連ツイ「はっきりさせておこう。中国共◯党は、基本的な人権を無視し、大量◯殺を行っているのだ」
ポンペオ前国務長官「アメリカ選手が安全だと言えるのか?」 責任ある米国の指導者たちは、国際的な女子テニスのスター選手である彭帥さんに起こったことを見て、共産主義中国の国境内では我々の選手が安全であると結論づけることができるのか? ...続きを読む
高市政調会長「外交的ボイコット」について「しっかりとした姿勢を日本としていち早く打ち出していくべきだ」/ネットは賛辞、賛同の声
高市政調会長、北京五輪の外交ボイコット「打ち出すべき」 自民党の高市早苗政調会長は8日、来年2月に中国で開幕する北京冬季五輪に政府使節団などを派遣しない「外交的ボイコット」について「賛同する。しっかりとした姿勢を日本としていち早く...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました