社会の話題と反応を発信していくネットメディア

ダーラム特別検察官が、ヒラリー・クリントンの2016年キャンペーンを現在調査中であることを認める/クリントンがこれに絡んでくる可能性が出てきたことで、事態はより緊迫したものになる可能性がある(westernjournal)

事件
スポンサーリンク

当局がヒラリー・クリントンの2016年キャンペーンを現在調査中であることを認める。

2021年12月24日

特別検察官ジョン・ダーラムは、ロシアと2016年ドナルド・トランプ大統領選挙戦の関係を調査するため、現在もその起源を調べている。現在、ダーラムの調査の一環として、ヒラリー・クリントン元国務長官の2016年の選挙運動も精査の対象になりつつある。

ワシントン・エグザミナーは、“ダーラムは、トランプ・ロシア捜査の起源と行為に関する犯罪捜査の一環として、ヒラリー・クリントン元国務長官の2016年大統領選挙キャンペーンのメンバーを精査していると連邦裁判所に語った。”と報じている。

Examinerによると、ダーラムのチームは、反トランプ文書の主な情報源である英国の元スパイ、クリストファー・スティールの弁護士に関する「潜在的な利益相反を照会する」よう連邦裁判所の判事に要請した。

スポンサーリンク

現在、ダーラムはクリントン政権に関連する証拠をさらに見つけている。

これまでの調査の多くは、米国在住でロシア生まれの研究者、イゴール・ダンチェンコに焦点が当てられてきた。

彼はFBIへの虚偽の陳述で5つの訴因で起訴された。

ダンチェンコの起訴状には、彼がスティールの一件書類のために提供した情報(現在は信用されていない)にもかかわらず、FBIがトランプの元陣営補佐官の1人を秘密裏に監視する権限を得る際に、こうした虚偽の供述をしたと書かれている。

では、ヒラリー・クリントンはこの件に何の関係があるのだろうか?

ダンチェンコの弁護団を引き継いだのは、スチュアート・シアーズとダニー・オノラートという2人の弁護士だ。彼らの事務所には、過去にクリントン陣営のメンバーを弁護したロバート・トラウトもいる。オノラトとシアーズは、利益相反はないと主張した。

スポンサーリンク


しかし、ダーラムのチームは、ダンチェンコとクリントン陣営の利害は、”あらゆる司法取引の協議、公判前手続き、審問、裁判、判決手続きなどに関連して、乖離する可能性がある “と主張した。

ダーラムは、ダンチェンコの弁護に関連する可能性のある問題をいくつか挙げた。そして、クリントン陣営とダンチェンコがこのすべてにおいて関係を持ち、文書に関する責任をお互いに転嫁しようとする可能性があると説明しました。

この捜査は複雑で、多くの人はまだ進行中であることを忘れている。しかし、クリントンがこれに絡んでくる可能性が出てきたことで、事態はより緊迫したものになる可能性がある。(westernjournal)

https://www.westernjournal.com/authorities-admit-currently-investigating-hillary-clintons-2016-campaign-durham/?ff_source=push&ff_medium=westernjournalism&ff_campaign=pushtraffic&ff_content=2021-01-21
スポンサーリンク

参考記事

【動画あり】トランプ大統領、「すべての人にメリー・クリスマス。メラニアとトランプ家全員を代表して、希望と平和を」
リズ・ハリントン氏「メリー・クリスマス(45thトランプ大統領) 今夜、私たちは、神がこの国を祝福し続けることを願い、すべてのアメリカの家族に喜びに満ちたクリスマスシーズンを与えてくださるよう祈ります。 メラニアとトランプ家全員を代...続きを読む
【動画あり】バイデン、とうとう自分で「レッツ・ゴー・ブランドン(F・ジョー・バイデン)」と言ってしまう/"Let's Go Brandon, I agree"がトレンドに
ベニー・ジョンソン(政治コラムニスト) ジョー・バイデンは北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)のサンタ追跡プログラムからの電話に出ていて、ある父親が "メリークリスマス、そしてレッツゴー・ブランドン "で電話を終えた。 バイデンは、...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました