社会の話題と反応を発信していくネットメディア

45thトランプ大統領は大局を見据えている/トランプ氏が1月6日の記者会見をやめた理由

政治

トランプは大局を見据えている

トランプはリンゼー・グラハム議員、フォックス司会者のローラ・イングラハムと話した後、1月6日のイベントを中止した。

2022年1月5日 7,501

2021年1月6日の事件の記念日として、ドナルド・トランプ大統領は記者会見を予定しており、おそらくはこの事件に対処するためだと思われる。

しかし、その記者会見は、前大統領がサウスカロライナ州のリンゼイ・グラハム上院議員とフォックスニュースの司会者ローラ・イングラハムから、中止を勧告されたとMediaiteは報じている。

「私は木曜日のマー・ア・ラゴでの1月6日の記者会見をキャンセルし、代わりに1月15日の土曜日、アリゾナでの私の集会でそれらの重要なトピックについて多く話し合うつもりだ。彼らの電子メールや国防総省とのやりとりは存在するが、メディアはこの証拠を求めないし、真実を報道しない!」第45代アメリカ合衆国大統領は、そう語った。

リンゼー・グラハム上院議員(サウスカロライナ州選出)はAxiosに対し、最近トランプ氏と行ったゴルフで、記者会見の中止を勧めたことを認めた。

スポンサーリンク


グラハムは、トランプがこの話題を持ち出したので、上院議員が『記者会見をするのは危険かもしれない』と言ったと述べた」とジョナサン・スワンは書いている。“‘代わりに選挙改革に集中するのがベストだ'”と

そこから、1月6日のイングラハムのコメントに焦点を当て、彼女とFox Newsの同僚が1年前にトランプに暴動支持者の中止を懇願したことが暴露され、最近大きな関心を集めていると報じている。

月曜日にジム・ジョーダン下院議員(オハイオ州)とジム・バンクス下院議員(インディアナ州)と話したとき、イングラハムはトランプの今度の記者会見は不用心だと電報を打ったのである。

あの日起こった、起こってはならない恐ろしいことがあった “と、イングラハムはバンクスに言った。”トランプ大統領にとって、来週や先々週に対して、その特定の日に集会を行うことは賢いことなのでしょうか?

前大統領は、1月15日にアリゾナ州フローレンスで集会を開く予定だ。

集会は午後7時(MST)にCountry Thunder Festival Groundsで開始される予定だ。

トランプ大統領は今週初めに重要な声明を発表しており、これはバイデン氏の後を追う計画の予告でもある。

“COVID-19″(中国ウイルスと呼ばれることもある)の感染者は、今日、米国でかつてないほど多く記録されている。民主党の選挙運動が、中国ウイルスを素早く簡単に駆除するという事実に基づいていたのを覚えているだろうか?

宗教、国境、軍事、経済、インフレ、エネルギー自給の喪失、そしてもちろん、最も恥ずかしいことに、アフガニスタンからの無能で甚だしい撤退に至るまで、彼らのキャンペーンは全て嘘だった。これらすべてが、不○な2020年の大統領選挙と合わせて、”REAL BIG LIE(本当の大嘘) “なのだ。とトランプは言った。

Please Wait... | Cloudflare
リンゼー・グラハム

1955年7月9日。アメリカ合衆国の政治家。サウスカロライナ州選出のアメリカ合衆国上院議員。上院司法委員会の委員長。

Lindsey Graham - Wikipedia
ローラ・イングラハム

1963年6月19日生まれ。アメリカの保守系テレビ司会者。 2017年10月からFox Newsの「イングラハム・エンジェル」の司会を務め、「ライフゼット」の編集長を務めている。

Laura Ingraham - Wikipedia

参考記事

【動画あり】バイデンはウ◯つきか?、痴◯症か?/PCR検査を待つ長蛇の列について記者が質問「我々人はいつ無料のCOVIDテストを受けられるのか?」、バイデン、ぼんやりと宙を見つめて「・・・・・・」
経済危機を知らないのかボ◯ているのか 自分の政権下で米国が直面している数々の経済危機にもかかわらず、バイデンは不可解にも「私たちは独特の経済力で2022年に突入している」と主張している。 ...続きを読む
【不都合な真◯19】オーストラリアは、ジョコビッチ選手を入国拒否、強制送還する模様です/ゼロコロナ政策のオーストラリアの「実状」を見てみますか?
Dr.イーライ・デビット氏 オーストラリアはノバク・ジョコビッチの入国を拒否し、間もなく国外退去となる。 彼は、現在進行中のゼロ・コビッドのサクセス・ストーリーを脅かす存在となったのでしょう。...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました