社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【動画あり】フランス、マクロン大統領の「ワクチン未接種者を困らせてやる。うんざりさせてやる」」をめぐって、フランス議会は混乱。国会議員が殴り合い寸前に

コロナ

ワクチンパス:国会で2人の議員が危うく殴り合いになるところだった

セッション終了後、アレクシス・コルビエールとフランソワ・コーミエ=ブリジョンの間で激しい口論が起こった。アッシャーや他の代理人が来て、二人を引き離さなければならなかった。

ハフポストの情報によると、1月4日(火)の夜から5日(水)の午前2時過ぎにかけて、法案通過ワクチンに関する新たな激論セッションの閉会直後、マクロンの発言をめぐり、2人の議員が半円形で殴り合いになるところだった。

そのため、その様子を目撃した係員や他の選出議員によって引き離されなければならなかったほどだ。「こんなことは見たことがない。ひき離さなければならなかった」と、ある国会議員は衝撃を受けたと証言している。

結局、彼らを引き離しに来たのは、双方の案内役と国会議員で、みんなは多くの人を見かけた半円筒を後にした。また、「すべての人のための結婚」の議論の余白では、2人の当選者がこのような夜のセッション特有の和解をしていたが、これは議会やフランス人が政治に対して持つイメージを高めるものではない。

マクロンは、ワクチン非接種者を “怒らせたい “と発言していた。

"T'as un gros ventre", l'altercation lunaire entre ces deux députés pendant le débat pass vaccinal
Une vive altercation a éclaté entre Alexis Corbière et François Cormier-Bouligeon après la séance. Les huissiers et d'autres députés ont dû venir les séparer.

マクロン発言で殴り合いになりそうに

フランソワ・コーミエ・ブリジョン議員(LREM)とアレクシス・コルビエール議員(LFI)は、火曜日の夜、一部のフランス人を「怒らせたい」というエマニュエル・マクロンの発言を受けて、国民議会の休憩時間に殴り合いになりそうになった。

マクロン大統領「未接種者うんざりさせたい」 露骨発言に批判

2022/1/5

フランスのマクロン大統領は4日、新型コロナウイルスワクチンの接種を事実上義務化する法案の提出を巡り「未接種者をぜひうんざりさせたい。とことんやり続ける。それが戦略だ」と述べた。パリジャン紙の読者のインタビューに答えた。

マクロン政権は昨年夏以降、ワクチン接種をコロナ対策の中心に位置付け、国民に接種を強く促している。

今回の法案は接種証明がなければ飲食店や長距離列車などを利用できなくする。世論の多数は支持しているが、露骨な発言に野党からは直ちに批判の声が上がった。波紋を広げそうだ。(共同)

コビット:マクロン大統領は、フランスのワクチン未接種者を「手こずらせる」と警告

マクロン氏は、ワクチン未接種者の活動へのアクセスを「可能な限り」制限したいと述べています。
フランスのエマニュエル・マクロン大統領は、フランスでコヴィド19の予防接種を受けていない人々の生活を困難にするつもりであると警告した。

「私は本当に彼らを煩わせたいし、我々はこれを続けるだろう-最後まで」と、彼はフランスのLe Parisien紙に語った。

参考記事

45thトランプ大統領、「MAGA国家、トランプ組のアメリカ人」に決起を呼びかけ/ドナルド・トランプ前大統領は「MAGA国民」に対し、「バイデン政権のひどい行き過ぎ」に対して「立ち上がる」よう呼びかけた
コラムニスト、トッドスターンズ氏「トランプ大統領、「MAGA 」に義務化と学校閉鎖に反対する「決起」を呼びかけ」 議事堂暴動から1周年を迎える前夜、COVID-19事件が急増する一方で、バイ...続きを読む
また始まりました。大変です/メディアは欣◯雀躍/医師会は「爆発的な感染拡大。まん延防止措置早めに!」/知事会は「明らかに第6波、危機感」/政府は知事たちに唯々諾々/「科学は、常識は、論理はどこに◯ってしまったのでしょうか」(TNW)
知事会は危機感 明らかに第6波 医師会は爆発的な感染拡大 医師会長「全国的に第6波に突入 “まん延防止措置” 早めに」 20...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました