社会の話題と反応を発信していくネットメディア

トランプ前大統領の永久追放から1周年となる日、TwitterユーザーはBigTechプラットフォームにオレンジ色の絵文字を溢れさせた🍊

事件

トランプ前大統領の永久追放から1周年となる日、TwitterユーザーはBigTechプラットフォームにオレンジ色の絵文字を溢れさせた。

トランプ大統領の凍結から1年、ツイッターにオレンジの絵文字が殺到

“オレンジ……トランプが恋しいのか!?”

トランプ大統領の禁止令1周年でオレンジ色の絵文字が溢れるツイッター

2022年1月9日

ドナルド・トランプ前大統領の永久追放から1年目の土曜日、TwitterユーザーはBig Techプラットフォームにオレンジ色の絵文字を殺到させた。

当時Twitterは、2021年1月6日の議事堂暴動をきっかけにトランプ氏がサイトから追い出された理由として、「さらなる暴力の扇動リスク」を挙げていた。トランプ氏は問題の日に平和を呼びかけ、抗議者たちに「平和的かつ愛国的に」議事堂を行進するよう指示したにもかかわらず、このハイテク大手は動いた。

Human Eventsのシニアエディターであるジャック・ポソビック

は、有名なオレンジマンを表すオレンジ色の柑橘類(正確にはタンジェリン)の絵文字とともに、「投げてみて」とツイートし、Twitterの流行を先導した。

そして、ポソビックさんは、オレンジの壁を使って、まさにそれを実行したのです。

さらにポソビック氏は、トランプ氏が指さす姿をモチーフにした別の注意喚起を続けました。

保守的なアカウントElection Wizardは、パンチラインのある父親ジョークをツイートした

“オレンジ……トランプを見逃すのか!?”

また、より繊細で控えめな支援で満足する人もいた。ポッドキャスターのベニー・ジョンソンとフォックス・ニュースのコメンテーター、ジェイソン・マイスターは、「彼を連れ戻してくれ」と口にしている。

彼を連れ戻してくる

ソーシャルメディアユーザーがトランプ氏を好きか嫌いかはともかく、第45代大統領が存在するときのTwitterはより活気のある場所だったことは、両者とも認めています。

Twitter flooded with orange emojis on the one-year anniversary of Trump's ban
"Orange you missing Trump?!?!"

参考記事

45thトランプ大統領年始メッセージ:「今年は選挙の年だ。MAGA共和党員は当選して、ジョー・バイデンと民主党がもたらしたこの恐怖を一掃せよ」「 2020年の大統領選挙の犯◯を決して忘れるな。ネバーギブアップ!」
45thトランプ大統領「 2020年の大統領選挙の犯◯を決して忘れるな。ネバーギブアップ!」 第45代大統領ドナルド・J・トランプ氏による声明 セーブ アメリカ ドナルド・J・トランプ大統領-...続きを読む
アメリカを破壊し続けるバイデン:12月の雇用は大失速。予想42万2000人に対し、19万9000人しか雇用を増やせず。左派メディアからも批判(米雇用統計)
London Center for Policy Research社長トニー・シャッファー氏 史上最も破壊的な政権-。ジョー・バイデン 共和国を破壊し続ける。米雇用、12月は19万9000人増にとど...続きを読む
【ド正論】木村もりよ医師 濃厚接触者全隔離に「バカげてる」「水際対策でウイルスが止まるわけない」「もう明らかに風邪のウイルスに近づいている」と私見。「岸田首相は国民のため終息宣言を出す覚悟を」「政治家が覚悟を決めるしかないんです」/ネットには賛同の声
木村もりよ医師 濃厚接触者全隔離に「バカげてる」、「水際対策でウイルスが止まるわけない」 医師で元厚生労働省医系技官の木村もりよ(盛世)氏が8日、ABCテレビで放送された「教えて!ニュースライブ正義...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました