社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【45thトランプ大統領、1月15日アリゾナでラリー】/「大勢の人が集まるだろう。2020年の不◯な大統領選挙、偽の大嘘、腐敗したレームストリームメディア、アフガニスタン災害、インフレなど、多くのトピックが議論される予定だ」

政治
スポンサーリンク

リズ・ハリントン氏「45thトランプ大統領声明」

「明日、アリゾナで皆さんにお会いできるのを楽しみにしている。2020年の不◯な大統領選挙、偽の大嘘、腐敗したレームストリームメディア、アフガニスタン災害、インフレ、我が国とその指導者に対する突然の敬意欠如、などなど、多くのトピックが議論される予定だ。

大群衆、テレビでも取り上げられる予定だ。土曜日の夕方にお会いしましょう!」

スポンサーリンク

ランブルで放送

ランブル – トランプ大統領が到着したらライブ中継を開始します。

アメリカ合衆国第45代大統領ドナルド・J・トランプ大統領、アリゾナ州フローレンスにて2022年1月15日(土)午後7時00分(MST)より演説を行う。

LIVE: President Donald J. Trump in Florence, Arizona
LIVESTREAM WILL BEGIN WHEN PRESIDENT TRUMP ARRIVES President Donald J. Trump, 45th President of the United States of America, Delivers Remarks in Florence, Ariz...続きを読む
スポンサーリンク

参考記事

【バイデン泣き言】「投票法案成の可決に、確信が持てない」と発言/共和党が主導して選挙の投票権を制限する動きが各州で広る中、連邦政府でこれを阻止しようと上院規則まで変える禁じ手を打とうとするも、民主党議員の反対に合い、ほぼ成立不可能に
バイデン氏、投票権に関する議案が可決されるか「確信が持てない」と発言 2022年1月13日 ジョー・バイデン大統領は木曜日、自身の選挙権に関する法案が上院を通過するかどうか確信が持てないと述べた。 彼は、党員を説得するための最後の...続きを読む
ラムザイヤー教授が批判に反論 強制連行に証拠なし/ラムザイヤー論文は、慰安婦は自発的に売春婦としての契約をした労働者であると指摘する内容
ラムザイヤー教授が批判に反論 強制連行に証拠なし 2022/1/14 「慰安婦=性奴隷」説を否定する論文を公刊し、学界内外で批判されていた米ハーバード大のJ・マーク・ラムザイヤー教授が、このほど沈黙を破り、批判者たちへの反論を公表し...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました