社会の話題と反応を発信していくネットメディア

マケナニー元報道官「重大!」バイデンが低迷する中、共和党が躍進/ギャラップ社の30年にわたる追跡調査において、1年で最大の振れ幅となる

政治

マケナニー元報道官「重大!」

2021年の第1四半期。民主党 +9
2021年の第4四半期 共和党 +5

“ギャラップ社の30年にわたる追跡調査において、1年で最大の振れ幅となる。”

バイデン氏が低迷する中、共和党が躍進

1月19日

ギャラップ社の世論調査では、2021年の間に、第1四半期の民主党9ポイント優位から第4四半期の共和党5ポイント優位へと、政党の人気が大きく変化していることがわかりました。

なぜそれが重要なのか。ギャラップ社の30年にわたる追跡調査において、1暦年で最大の変動幅となった。

現実の確認 アメリカの政治は変動が激しい。

何が起きているのか。ギャラップ社のシニアエディター、ジェフ・ジョーンズは、この変動は党首の人気に関連していると書いている。

トランプ大統領は退任時に最下位となり、バイデン大統領の人気は夏から低迷し始めた。
無党派層は依然としてアメリカ最大の政治集団である、とギャラップは指摘する。

第4四半期には、42%が民主党または民主党寄り、47%が共和党または共和党寄りとなった

“ギャラップ社の30年にわたる追跡調査において、1暦年で最大の振れ幅となる。”
アメリカ人のうち、共和党または民主党を支持する(または民主党に傾く)割合
四半期平均の割合;2021年1月~12月、米国成人12,416人を対象にした調査


第1四半期の9ポイントの民主党優勢と第4四半期の5ポイントの共和党優勢は、どちらもGallupが1991年まで遡って測定した最大のものである。

ジョーンズによれば、これは単一暦年における最大の変動幅である。「1995年は第1四半期に下院議員+5、第4四半期に下院議員+7、1992年は第1四半期に下院議員+1、第4四半期に下院議員+12、1994年は第1四半期に下院議員+7、第4四半期に下院議員+3という具合です」

ギャラップ社の12月の追跡調査では、共和党46%、民主党44%と両党は互角であった(axios)

Gallup poll: GOP surged in party preference as Biden slumped
American politics is all about volatility.

参考記事

【アリゾナ、ラリー】トランプ大統領は本当に反撃した。ジョー・バイデンには、あのような演説はできないし、あの観客の1%も集めることはできない(リズ・ハリントン)
アメリカン・ボイスニュースレポーター アリゾナの美しい夕焼けをご覧ください。 リズ・ハリントン氏「フェイクニュースは決して、大勢の群衆の姿を報道しない」 リズ・ハ...続きを読む
ミッチ・マコーネルは、トランプを支持しなければ上院指導者の地位を失う可能性がある/リンゼー・グラム上院議員はマコーネルの不支持を表明、他の上院議員も追随する可能性
ミッチ・マコーネルは、トランプを支持しなければ指導者の地位を失う可能性がある。 January 14, 2022 ドナルド・トランプ大統領とミッチ・マコーネル上院少数党院内総務の確執は、議会ト...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました