社会の話題と反応を発信していくネットメディア

さいたま市でコロナ感染の10代男性が死亡。男性はワクチン2回接種済み、既往症なし。40度を超える発熱の症状を訴え、血管内に血栓ができる播種性血管内凝固症を発症し死亡/ネット「ワクチン2回接種?」「重症化防ぐのではなかったのか?」

コロナ

さいたま市で2回接種の10代男子学生が死亡

2月16日

亡くなった方は217人と報告され、そのうちさいたま市では既往症はなくワクチンを2回接種していた10代の男子学生ひとりが新型コロナに感染し、40度を超える発熱の症状を訴え、血管内に血栓ができる播種性血管内凝固症を発症し、死亡したということです。(ntv)

新型コロナ感染の10代男性が死亡 基礎疾患なし さいたま

2022年2月16日 20時44分

さいたま市は新型コロナウイルスに感染した市内に住む10代後半の男性が死亡したと発表しました。
男性に基礎疾患はないということで、市は感染症に伴う血栓などが生じたことで死亡した可能性があるとしています。

男性はワクチンを2回接種していたということです。

さいたま市は「若い方が亡くなるのは非常に残念です。症状の変化が早かったので難しいケースだった」と話しています。(NHK)

さいたま市は16日、新型コロナウイルスに感染していた市内に住む10代の男子学生が亡くなったと発表した。

医療機関で3日に感染が確認され、7日に救急搬送された後、9日に県内医療機関で亡くなった。ワクチンを2回接種し、基礎疾患はなかったという。(朝日)

埼玉県で基礎疾患ない10代男性がコロナ死 高熱も自宅療養で容体急変、2回目ワクチン接種済み

2/16(水) 21:06配信

さいたま市は、基礎疾患のない10代の男子学生が亡くなったと公表した。新型コロナの「オミクロン株」に感染していたかは不明。

市の担当者によると、男子学生は2日に発症。40℃を越える発熱があったが、呼吸の状態が落ち着いており、血中の酸素飽和度も入院の基準値とはならず、自宅療養を続けていた。7日に容体が急変し、救急搬送された。

全身に血栓が生じ血管を詰まらせる、播種(はしゅ)性血管内凝固症候群が発症し9日に亡くなった。男子学生は21年10月に2回目のワクチン接種を終えていた。(日刊スポーツ)

ネットの声

ワクチン2回接種?

重症化を防げなかった稀な例?

罹患しても死亡しない、重症化しない10代が亡くなったのはなぜ?

参考記事

動画あり【45thトランプ大統領独占インタビュー】「北京五輪が終われば台湾にとって悪いことが起きるだろう。強硬な対中政策は簡単だが、彼らはやらない」(大紀元)
【独占インタビュー】ドナルド・トランプ前大統領 かつてホワイトハウスの首席補佐官や国防総省の首席補佐官を務めたカシュ・パテル氏がドナルド・トランプ前大統領にインタビューを行った。この独占インタビュー...続きを読む
NEW!ダーラム特別検察官はトランプ政権の国家情報長官のラトクリフ氏に、「複数人」を起訴するのに十分な証拠があると話した
トランプJr 元DNI(国家情報長官)ラトクリフは、ジョン・ダーラム特別捜査官と何度も会い、トランプ-ロシアの調査の起源に関する彼の調査において、「複数の人々」の起訴を裏付ける証拠があると彼に話した...続きを読む
HUGE!:トランプ政権の国家情報長官、ラトクリフ氏「バイデンとオバマは、ヒラリー陣営がトランプのサーバーに侵入したことを知っていた」と述べた
ラトクリフ元国家情報長官のツイート 元スパイチーフのジョン・ラトクリフ氏:ヒラリー・クリントン陣営は「偽のロシアとの共謀」でトランプを「はめた」|デイリー・メール・オンライン ...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

ご冥福をお祈りいたします。

タイトルとURLをコピーしました