社会の話題と反応を発信していくネットメディア

バイデンとプーチン、ウクライナをめぐる首脳会談に基本的に合意/マクロンが仲介し明らかにした/米ホワイトハウスも同日、露が軍事侵攻しないことを条件に会談を受け入れると発表(ロイター)

ロシア

ジョー・バイデン大統領とロシアのプーチン大統領は、ウクライナをめぐる首脳会談に基本的に合意

過去数十年で最も危険な欧州危機のひとつから脱却する可能性を提示した。

ホワイトハウスは、ロシアが侵攻しない場合にのみ首脳会談が可能であると発言

2月21日(ロイター) – バイデン米大統領とプーチン露大統領は、ウクライナをめぐる首脳会談に原則合意したと、マクロンが発表した。

金融市場は、衛星画像でロシア軍がウクライナの国境に近づいていることが確認され、ウクライナ政府軍が親ロシアの分離主義者と戦っている東部で月曜日に戦闘音が聞こえたとしても、外交的解決へのかすかな希望から上昇を続けている。

フランスのエマニュエル・マクロン大統領の事務所は声明で、両首脳に “ヨーロッパの安全保障と戦略的安定 “に関する首脳会談を売り込んだと発表した。ホワイトハウスは声明で、バイデン氏が「原則的に」会談を受け入れたが、「侵略が起こっていない場合」に限ると述べた。

Biden agrees in principle to Ukraine summit with Putin
U.S. President Joe Biden and Russian President Vladimir Putin have agreed in principle to a summit over Ukraine, the French leader said on Monday, offering a po...続きを読む

バイデン氏とプーチン氏、会談に原則合意 軍事侵攻なら取りやめ

2/21(月)

 緊迫するウクライナ情勢をめぐり、バイデン米大統領とロシアのプーチン大統領が直接協議することで原則的に合意した。フランスのマクロン大統領が20日に仲介し、双方が受け入れたと仏大統領府が明らかにした。米政府も同日、ロシアが軍事侵攻しないことを条件に会談を受け入れると発表した。

マクロン氏は20日、プーチン氏と2回、バイデン氏と1回、それぞれ電話会談した。この際、双方に米ロ首脳会談の開催と、さらに関係国を交えた拡大会合の開催を提案。両首脳が原則として受け入れたという。

米国のブリンケン国務長官とロシアのラブロフ外相が24日に会談し、首脳会談に向けて詰めの協議をする。ロシアがウクライナに軍事侵攻した場合は取りやめになるという。

プーチン氏は20日のマクロン氏との1度目の電話会談の際、情勢が悪化するウクライナ東部について、ウクライナ政府に責任があると批判する一方、外交解決を優先することでは一致していた。(朝日新聞)抜粋

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

参考記事

NEW!トランプ大統領のソーシャルメディアアプリ「TRUTHSocial」がAppStoreで利用可能に/ツイッターでトレンド入り
速報:Twitterで#TruthSocialがトレンド入り ハッピー・プレジデンツ・デイ! 速報:トランプ大統領のソーシャルメディアアプリ「TRUTHSocial」がAppStoreで利...続きを読む
【動画あり】45thトランプ大統領「バイデンと民主党は、女性スポーツを破壊するような政策を推し進めている」「生物学的男性と競争させることなどクレイジーだ」(CPAC:2021.3.1)
クレイジーだ トランプ氏「彼女の記録が男性として生まれた人に簡単に破られてしまうなら、どんなコーチが若い女性を採用したいと思うだろうか...。それはクレイジーだと思う。我々は女性の整合性を守らなけれ...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました