社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【トランプ支持は本物】有権者の6割以上がトランプ前大統領がまだ在職していれば、プーチンはウクライナに侵攻しなかったと考えている(ハーバード大学世論調査)

政治

62%の有権者:トランプ前大統領がまだ在職していればプーチンは侵略しなかった

登録有権者の62%が、ドナルド・トランプ前大統領がまだ在職していれば、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領はウクライナに侵攻しなかったと信じていることが、金曜日に発表された新しい世論調査で分かったとThe Hillが報じている

トランプが大統領だったらプーチンはウクライナに侵攻しなかったと答えた有権者は62%:世論調査

02/25/22

金曜日に発表された新しい調査によると、アメリカの有権者の6割以上が、トランプ前大統領がまだ在職していたら、ロシアのプーチン大統領はウクライナに侵攻しなかっただろうと答えている。

金曜日に発表されたハーバード大学アメリカ政治研究センター(CAPS)-ハリス・ポールの新しい調査によりますと、調査対象者の62%が、トランプが大統領になっていればプーチンはウクライナに対して動かなかったと考えていることがわかった。民主党と共和党の回答を厳密に見ると、共和党の85%、民主党の38%がこのように回答している。

世論調査でも、過半数のアメリカ人が「ロシア大統領がウクライナに動いたのは、プーチンがバイデン大統領の弱点を見抜いたからだと思う」と答え、41%が「プーチンがウクライナ侵攻を決断する要因にはならない」と回答している。

今回の世論調査は、バイデンがここ数カ月、低い支持率に苦しんでいたことを受けて行われた。大統領は就任以来、長引くCOVID-19の大流行、アフガニスタンからの混乱した避難、政権の立法課題をめぐる民主党の内紛、そして今回のウクライナ侵攻など、多くの問題を乗り越えてこなければならなかった。

62 percent of voters say Putin wouldn’t have invaded Ukraine if Trump were president: poll
A majority of American voters say that Russian President Vladimir Putin would not have invaded Ukraine had former President Trump still been in office, accordin...続きを読む

参考記事

【動画あり】45thトランプ大統領、ロシアを非難!/CPAC2022で「ロシアのウクライナ攻撃はぞっとする。決して許されるべきではない暴挙であり残虐行為だ!」
NEWSMAX ドナルド・トランプ前大統領、CPAC2022にて「ロシアのウクライナ攻撃はぞっとする。決して許されるべきではない暴挙であり残虐行為だ」 トランプ...続きを読む
安倍元首相「核共有」の議論を「世界はどのように安全が守られているかという現実について議論していくことをタブー視してならない」/ネットは賛同、支持の声
安倍元首相「核共有」の議論を 自民党の安倍晋三元首相は27日午前のフジテレビ番組で、ロシアのウクライナ侵攻を受けて、米国の核兵器を自国領土内に配備して共同運用する「核共有(ニュークリア・シェ...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました