社会の話題と反応を発信していくネットメディア

バラク・オバマがジョー・バイデンに与えた屈辱/すがるようにしがみつくバイデンを無視し、世界の前で恥をかかせた

政治

バラク・オバマのジョー・バイデンに与えた屈辱的

2022年4月6日 23時34分 更新

ホワイトハウスの誰かが、ジョー・バイデンを本当に憎んでいるのだろう。

カリスマ的存在である前任者を再び招き、大統領の前座を務めさせ、世界の前で恥をかかせるという愚かな考えを持ったのは誰だろうか?

バラク・オバマ・マジックを借りようとしたのなら、それは裏目に出た。脚光を浴びる前任者に対して、大統領は弱々しく、不人気に見えただけだ。

5年ぶりにホワイトハウスに招かれたオバマ大統領は、火曜日の演説で、大統領を “バイデン副大統領 “と呼び、自らが制定した医療保険改革法(Affordable Care Act)の12周年をアピールすることから始めた。

彼はすぐに “That was a joke!”とフォローしたが、要は、地球上で最もパワフルな男であっても、その関係ではジョーがベータであることは誰もが理解していることであった。

では、オバマはどうなのだろうか。

テッド・クルーズ上院議員のコミュニケーション・アドバイザーであるスティーブ・ゲスト氏によれば、彼は演説中に33回も自分自身について言及したそうです。オバマ大統領は、大統領としての業績を並べ立てながら、自画自賛をした。

オバマは、自分の大統領としての功績を並べ立て、自画自賛した。陽気な顔をしているオバマの横に不機嫌そうに立っている老人の、ボロボロの評判に火をつけようという努力はほとんど見られなかった。その横で、カマラ・ハリス副大統領は、かなりはしゃいでいた。

演説の後、3人の著名人は群衆と交流し、そこでオバマは本領を発揮した。

C-SPANのビデオでは、バイデンがとても陽気で、ハリスを横目に群衆に手を振っている。すると突然、ステージ左からオバマが現れ、顔にハンサムな笑みを浮かべ、バイデンと同じグループを見つめているのだ。

スポンサーリンク


ハリスはオバマの存在を感じ取り、楽しげな表情で振り向くと、一瞬視線が合う。ハリスが背を向けると、バイデンの顔から笑顔が消える。ハリスが背を向けるとバイデンの顔から笑みが消え、オバマを見つけ、眉をひそめる。

オバマはハリスに挨拶するため、馬のように頭を投げ出し、ハリスも興奮した子供のように肩を組んで応える。顔をしかめたバイデンが近づくと、彼女はピョンピョン跳ねて彼と向き合い、かすかに楽しそうに、唇をすぼめて「アーオ、笑」みたいな私的な表情をする。

バイデンの顔は雷のように大きくなる。彼は唸るように口を開き、オバマの頭の横をまっすぐ見て、次のようなことを言う。“It’s not my …” と言って止める。

オバマはそれを無視して、目の前の小さな崇拝者たちに手を伸ばし、握手をして、顔に皺を寄せてハンサムな微笑みを浮かべた。このとき、ハリスはバイデンから目をそらし、二人の間に身を置き、オバマの魅力的なパントマイムを真似している

スポンサーリンク


バイデンはにやにやしている。そして、オバマに視線を移す。彼はハリスの周りに手を伸ばし、オバマの腕に触れて注意を引く。オバマは生気に満ちた笑みを浮かべながら彼を無視し、腕の届く範囲に移動する。

肩越しににらむバイデン。オバマの逃走は、握手を求めて突進してきた背の低いブロンドの女性によって阻まれた。バイデンは、オバマとハリスしか見ていないこの女性を傍らで見つめながら、打ちひしがれているように見える。

しばらくして、彼は行動を起こす。左手を突き出し、その白く長い指をオバマの右肩に置く。オバマはそれを感じ取ったのか、思わず顔をそむけ、嫌悪感のようなものを微かに顔に浮かべた。

バイデンは今、オバマの肩を強く掴んでいる自分の手に集中している。

オバマの目はバイデンの方を向いているが、彼の頭は動かない。彼は微笑みながらブロンドの女性の手を離し、今は彼の肩にしっかりとくっついている手を振り払うために身を乗り出します。彼とブロンド女性は雑談を始める。彼女が言ったことに、彼は笑う。

バイデンは、存在しないふりをする男の肩にしがみつき、絶望的で不信感を抱いているように見える。

オバマは肩を落とすが、その手を振り払うことはできない。怒りというか、苛立ちというか、顔に影が差している。右手を高く上げ、そして群衆の中に落とし、別の手と握手する。振りかぶって、身を乗り出すが、骨ばった白い手がしがみついている。

ハリスは口をあんぐりと開けて恍惚の表情を浮かべ、目を輝かせてオバマを見つめている。

オバマは再び手を振り払おうとし、腕をさらに高く上げて、賞賛する人々に大げさに別れの手を振ります。しかし、バイデンはしがみつく。

共和党全国委員会の調査チームが「文字通り誰もジョー・バイデンと話したがらない」というキャプションを付けてソーシャルメディアに投稿したビデオクリップの1つは、そこで終わっている。

しかし、C-SPANのビデオ全体を見ると、次の瞬間、オバマは必然に侮辱している。

彼はバイデンに向かって振り向き、手はついに放たれる。彼は老人に頭を少し投げ、”どうした?”と言うかのように眉を寄せる。まるで知らないかのように。

バイデンは威厳を取り戻し、にこやかな笑顔でリラックスし、近くにいた女性を見つけ、元上司に礼儀正しく紹介する。そして、オバマは軽く身振りをすると、ハリスを横に、バイデンは後を追うように去っていく。

別のビデオでは、バイデンとナンシー・ペロシが数センチの距離ですれ違い、目を合わせないようにしている。バイデンは別の方向に歩き、両手を挙げて、カメラに映っている誰にも「ほら、誰が来た」と歓迎のジェスチャーをするが、何の反応もないように見えるので、ペロシがいた場所に振り返ると、黄金のカーテン以外何もないことがわかった。彼が振り向くと、そこには数メートル離れたところに、熱心な信奉者の前で法廷に立つオバマがいた。

バイデンには誰も気づかない。彼は、背中を向けて歩き出す前に、肩を落として立ち止まる。

ローリングストーン誌や他の民主党工作員は翌日、RNCのビデオクリップは悪意を持って編集され、「文脈から切り離された」ものだと断じた。

しかし、悲しいかな、そうではなかった。このビデオを最初から最後まで見ても、バイデンが党から見捨てられたという感覚は変わらないだろう。

心にしみるバイオリンの旋律をサウンドトラックに、国旗と軍服に身を包んだ若者の顔を背景に、あの最初のビデオには、現代の私たちがおぼろげにしか理解できないような、悲劇的な象徴的な何かがあるのだと思う。

アメリカの敵は、前任者に媚びへつらう部下たちを尻目に、自分の家の周りをうろつき、無視され、愛されていない孤独な大統領を見て、何を考えるかよく分かるだろう。彼を屈辱から救ってくれるスタッフはどこにいたのだろうか?それどころか、ジル博士はどこにいたのだろうか?

スポンサーリンク


一つはっきりしたことは、副大統領はチームプレーヤーではないということだ。どちらかといえば、ハリスは積極的に大統領に反対し、オバマの密かな支配下にあるのだ。

我々はまた、オバマの本当の性格を見た。彼は、自分の魅力に溺れた意地悪な女に過ぎない。なんという出来損ないだろう。そんな彼が、低迷する後継者に少しは優雅さと優しさを見せることができただろうか?

たとえジョー・バイデンであろうと、アメリカ大統領を公の場で辱めるのは間違っている。

結局、オバマ氏をホワイトハウスに招いたのは、3Dチェスの才能があったからかもしれない。バイデン氏の最も熱心な批判者ですら、彼に同情の念を抱かずにはいられなかったのだから。(nyp)

参考記事

【動画あり】怒りのテキサス州アボット知事、バイデンに鉄槌!「バイデンが不法に侵入させた移民を、まとめてバイデンのワシントンDCにバスで移送する!」/今や国境は麻薬密売等の犯罪の巣窟(動画)
グレッグ・アボット知事 バイデンが国境開放政策でアメリカを失敗させ続ける一方で、テキサスは我々の州や国を守るために先例のない行動を取っている。 ・入国地点での車検の強化・不法移民をDCに送るた...続きを読む
イーロン・マスク氏、ツイッターの改革を宣言!「今後数ヶ月の間にCEOや取締役会と協力して、ツイッターを大きく改善する」「言論の自由の原則を守らなければ、民主主義を根本的に損なう」
パラグ・アグラワルCEOのツイートにイーロン・マスク氏が返信 スポンサーリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle |...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました