社会の話題と反応を発信していくネットメディア

ショルツ首相敗退、ドイツ議会はコロナワクチン接種の義務化法案を否決/法案は60歳以上のワクチン接種を義務付けていた

コロナ

ドイツ議会は強制予防接種法案を拒否

ドイツ連邦議会は、378対296の投票で強制予防接種法案を否決した。

ドイツではコロナワクチン義務化は廃案となった。

この法案では、60歳以上の人々は、医学的免除がない限り、10月1日までにコロナワクチンの3回接種証明書を提出しなければならないことになっていた。

18歳から59歳の人々は、コロナの接種の可能性について医師と相談する必要があった。

ショルツ氏敗退、ドイツ議員団はコロナワクチン接種の義務化法案を否決

2022年 4月 7日

ドイツの国会議員は、60歳以上の高齢者にコロナのワクチン接種を義務付ける法案を否決し、強制接種を支持していたオラフ・ショルツ首相と保健相は後退することになった。

下院での苛烈な議論の末、378人の議員がこの法律に反対し、296人が賛成した。

この結果、この法律に激しく反対していた極右政党AfDの仲間たちから歓声が上がった。

議員は必ずしも党の方針に従うことなく自由に選択でき、ショルツの連立与党の議員もこの法律に反対票を投じた。(bloomberg)

参考記事

【動画】ボリス・ジョンソン英首相「生物学的男性は、女性のスポーツ競技に参加すべきではない」
ボリス・ジョンソン英首相、生物学的男性は女性のスポーツ競技に参加すべきではないと発言。 スポンサーリンク (adsbygoogle = window....続きを読む
イーロン・マスク氏、ツイッターの改革を宣言!「今後数ヶ月の間にCEOや取締役会と協力して、ツイッターを大きく改善する」「言論の自由の原則を守らなければ、民主主義を根本的に損なう」
パラグ・アグラワルCEOのツイートにイーロン・マスク氏が返信 スポンサーリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle |...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました