社会の話題と反応を発信していくネットメディア

太陽光パネルから出火「感電の恐れ」で放水できず、消火活動に影響し4時間かかる/ネット「ひょうで穴開く、出火する、感電リスクがあるものを義務化する某知事」

エコ

「感電の恐れが」ソーラーパネルからの出火が消火活動に影響 出火リスクを回避するために

6/2(木)

6月2日午前、熊本県益城町(ましきまち)の住宅から火が出て、屋根の一部が焼けました。
この火事、意外なモノが消火活動の妨げとなりました。

記者
「通報から1時間が経っていますが、まだ建物から煙があがっていて時折、炎がみえます」

2日 午前 9時半ごろ益城町寺迫(てらさこ)の住民から「突然、屋根が燃えだした」と119番通報がありました。この火事で住宅の屋根など約 30㎡が焼けましたが、けが人はいないということです。
ただ、火が完全に消し止められたのは通報から約 4時間後のこと。
今回、鎮火に比較的時間を要した理由とは?

熊本市消防局「消火活動中も太陽光パネルの発電が続いていたため、放水による感電の恐れがあった」

消火活動を妨げたのは屋根に設置されていた太陽光パネルでした。
また住民は消防などの聞き取りに「太陽光パネル近くから火が出た」と話しているということで、警察と消防が火事の原因を調べています。

■ 太陽光パネルの意外なリスク
住宅への設置も増えた太陽光パネル。
そのリスクを製品事故に詳しい専門家は次のように話します。

NITE(製品評価技術基盤機構)製品安全センター 山崎 卓矢 広報課長
「太陽光パネル自体というよりも、そこに接続するケーブルや機器に接続不良が発生するとそこで熱を持ってしまって最終的には発火してしまう」

NITE・製品安全センターでは部品に劣化がないかなど設置状況の定期的な点検を呼びかけています。(熊本放送)

ネットの声

太陽光パネルの弱点がまたもって感じ。

雹が降ってだめ、雨でだめ、出火する、消火できない。何これ?

こんなの義務化したら、東京は焼け野原。

小池や小泉一家はこの事実を知ってて推奨しているのだろうか。

何これ、デメリットしか無いじゃん。百害あって一利なし、の代表例。

熊本で4時間ですから、間違いなく東京は混乱、困難な消化活動となります。

感電を懸念するってことは、ほぼ自然鎮火を待つだけで何もできないってこと。こんなもの義務化ってありえんわ。

参考記事

NEW!死亡数が急増、コロナ以外の要因とみられる。1~3月3.8万人増コロナ感染死の4倍/ネット「とんでもな話が出た!」「厚労省の件もあり、いよいよわかってきた」
国内死亡数が急増、1~3月3.8万人増 コロナ感染死の4倍 2022年6月4日 18:00 1~3月に国内の死亡数が急増したことが厚生労働省の人口動態調査(速報値)で分かった。前年同期に比べ3...続きを読む
高市氏:横田滋さんの命日の今日、北朝鮮のミサイルは許せない暴挙。国連安保理で北朝鮮制裁に中ロの拒否権発動にも強い怒り/ネット「ワクチン送付検討の岸田政権と交代」
北朝鮮が短距離弾道ミサイル8発、複数カ所から 米韓演習の翌日 [ソウル/東京 5日 ロイター] - 韓国軍の合同参謀本部は5日午前、北朝鮮が短距離弾道ミサイル8発を東...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました