社会の話題と反応を発信していくネットメディア

マスク氏のツイッター買収、またもや難関を突破/買収の法定待機期間が満了し、司法省等による法的合併阻止の対象外に/残る手続きは、株主等の承認など慣例的なもののみに

政治

BOOM: イーロンのツイッター買収がまたもや障害物を突破

米ツイッター、マスク氏による買収の法定待機期間が満了

[3日 ロイター] – 米ツイッターは3日、米電気自動車(EV)大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)による買収にからみ、ハート・スコット・ロディノ反トラスト改正法(HSR法)に基づく待機期間が満了したと発表した。

残る手続きは、株主や規制当局による承認など慣例的なものになる。

HSR法は米の連邦反トラスト法のひとつで、大規模な買収案件について連邦取引委員会(FTC)と司法省が審査を行うため、当事者による事前通知を義務付けている。(reuters)

イーロンのTwitter買収がまたもや障害物を突破

Tesla、Space X、Boring Companyを所有し、まもなくツイッターを所有する風変わりな億万長者、イーロン・マスクにとって、状況はますます良くなってきている。

1976年に制定されたハート・スコット・ロディーノ独占禁止法(HSR法)に基づく政府の独占禁止法上の待機時間が、金曜日に期限切れとなったのだ。

HSR法では、企業は連邦取引委員会(FTC)と司法省(DOJ)に対して、一定規模以上の取引を事前に通知しなければならず、その結果、両機関は買収を調査し、その適法性を検討するための時間を確保することができる。

現在、覚醒したバイデン司法省は、イーロンのツイッターへの自由な発言権の復活を阻止したかったと思われるが、その期間は過ぎており、Fox Businessは、FTCもDOJも反トラスト法上の理由でこの買収を阻止しようと追加情報を要求していないと報じている。

いずれにせよ、今週末に期限が切れるおかげで、イーロンはツイッターの買収に一歩近づいたことになる。

BOOM: Elon's Twitter Purchase Blows Through Another Roadblock
Things just keep getting better for Elon Musk, the eccentric billionaire that owns Tesla, Space X, the Boring Company, and who will More

参考記事

【岸田新資本主義にNOの声】74%が否定的:投資に回そうと思わない40%、投資に回す貯蓄ない34%/ネットの声「自己責任、自分の金で増やせって政策じゃないだろ」
投資に回す貯蓄ない 政府は経済政策として投資環境を改革し、個人の金融資産を「貯蓄から投資」にシフトさせる実行計画案をまとめましたが、「投資に回す貯蓄がない」という人が34%であることがこの土...続きを読む
太陽光パネルから出火「感電の恐れ」で放水できず、消火活動に影響し4時間かかる/ネット「ひょうで穴開く、出火する、感電リスクがあるものを義務化する某知事」
「感電の恐れが」ソーラーパネルからの出火が消火活動に影響 出火リスクを回避するために 6/2(木) 6月2日午前、熊本県益城町(ましきまち)の住宅から火が出て、屋根の一部が焼けました。 この...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました