社会の話題と反応を発信していくネットメディア

ワクチン接種後に死亡の中日・木下投手「ワクチンによる副反応の心筋炎の可能性」「ワクチン接種後の運動が引き金」「心筋炎が原因で心臓が急に止まってしまった」

コロナ

ワクチン接種後に死亡の中日・木下雄介投手、未だに球団から補償金が支払われず

7/17(日)

昨年8月3日、中日・木下雄介投手が妻と2人の幼児を残して急逝した。この一報が球界に衝撃を与えたのは、彼が27歳の若さだったからだけではない。それはコロナワクチン接種後の悲劇だったのだ。しかし、この時の状況について、球団は遺族にも満足な説明をしていないという。

「球団は遺族にも木下投手が倒れた際の様子などを含めて一切、説明していませんでした。遺族側が昨年10月末、運営部長らに詰め寄り、初めて詳しい事情が明かされたのです」

実際、木下投手には何があったというのか。

木下投手はオフ日に当たる昨年6月28日、モデルナ製ワクチン接種を受けることになる。

「副反応で腕は少し痛かったようですが、翌日から通常のリハビリメニューをこなしていたそうです」(同)

しばらく、木下投手に変わったところはなかったというが、7月6日午前11時7分、トレーニングルームで様子が急変する。

下半身のウエイトトレーニングをした後、ベンチに腰掛けていたそうです。雄介が妙に大きく呼吸しだし、周囲の人間が異常に気付いて。その時の彼は、目は開いていても意識がなく、身体は硬直しているような状態だったとか」(同)

さらに、AEDを使用し、心臓マッサージを開始したのは非常事態が発生して8分が過ぎてからだった。

最終的な死因は低酸素脳症による臓器不全だった。

「木下投手の遺体を解剖したところ、劇症型心筋炎が原因で心臓が急に止まってしまったことが判明しました。ワクチンによる副反応の心筋炎が疑われるということでした。ワクチン接種後に、激しい運動を行ったことが引き金となった恐れがある。だからこそ球団側は、遺族にすら詳しい説明を避けてきたのです」

「週刊新潮」抜粋

ワクチン接種後に死亡の中日・木下雄介投手、未だに球団から補償金が支払われず(デイリー新潮) - Yahoo!ニュース
 昨年8月3日、中日・木下雄介投手が妻と2人の幼児を残して急逝した。この一報が球界に衝撃を与えたのは、彼が27歳の若さだったからだけではない。それはコロナワクチン接種後の悲劇だったのだ。しかし、この

ネットの声

いい加減、某元大臣のように「陰謀論だ」「デマだ」で片付けるのはやめて真剣に向き合うべき。

ワクチン=正しく、美しいというのは妄想。実際に副反応は出てるし亡くなっている人もいる。これはファクト。

こういう問題を闇に葬っているから一向に改善しない。球団というより、政府を責めたいね。

これだけ、いろんな問題が沢山起こっているのに、ワクチンの服反応は科学的根拠がない、因果関係は証明されていないと言う人達が多い事、ワクチンに疑問を呈すると都合が悪い人達や利権団体があるんでしょうね。

まるで運動をした事がよくなかった、接種後の注意を守らなかったからと言われていたのも、おかしい。

亡くなられた当時、怪我で療養中で激しい運動は出来なかったとデーブ大久保さんが言ってた記事を見ましたが…。

これで国の補償が出てないって、いったい…

木下選手のみならず、日本もたくさん被害者さんが出てますよね。国はきちんと補償してあげてほしい

参考記事

朝日への批判やまず:「朝日新聞を廃刊に」がトレンドに/川柳7本が安倍元総理を揶揄した内容/ネットは怒り殺到「どれだけ死者に鞭打てば気が済むのか!」「恥を知れ!」
朝日川柳が物議「コラかと思った」「ビックリ」 7本全部が安倍氏国葬皮肉る 朝日新聞が16日付け朝刊で掲載した「朝日川柳」が物議をよんでいる。 選者名は「西木空人」。 選...続きを読む
朝日新聞、テロに斃れた安倍元総理を揶揄する川柳を掲載し、批判殺到/ネットの声「よくできるな。人間としてどうかのレベル」「珊瑚は大切に!」「常軌を逸してる」
朝日新聞、テロに斃れた安倍元総理を揶揄する川柳を掲載し、批判殺到 追記:上記、最初の句の二つ目の句は対象が違ったため(東電の13兆円判決についての川柳)、追記します(7/17 7:42)  ...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました