社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【速報】ジョージア州はまだ選挙結果未確定。トランプ陣営に高速スキャンによる再集計を要請する権利

政治

ジョージア州では敗者と勝者との票差が0.5%未満の場合、敗者は高速スキャン機による「再集計」を要請できる。現在票差は「0.25%」差。

スポンサーリンク

ジョージア州再々集計の可能性も

ケンプ氏:ジョージア州知事

ラフェンスパーガー氏:ジョージア州務長官(選挙の最高責任者)

両者とも共和党。

ジョージア州知事のブライアンケンプが選挙結果を証明し、別の手の再集計を要求

ジョージア州 知事のブライアン・ケンプは 金曜日に州の大統領選挙結果を承認し、大統領選挙のジョー・バイデンを支持した が、投票の別の監査を求めた。

ケンプはアトランタジャーナルコンスティテューションに、最初の結果の後の手作業による再集計中に、数千の数えられない投票用紙の隠し場所がいくつかの郡で発見されたことは「完全に容認できない」と語った。

手の再集計後、トランプ大統領は888票を獲得し、バイデンのリードをわずかに12,670票に縮小しました。

プロセスと結果を証明するという彼の決定についてトランプと他の共和党員からの怒りに直面したケンプは、彼がトランプの欲求不満を理解したと言いました。

ジョージア州は2020年の大統領選挙でジョーバイデンの勝利を証明します

「彼は戦闘機だ」とケンプは言った。「しかし、結局のところ、私はこの州の憲法の法律に従わなければなりません、そしてそれはまさに私がしていることです。」

知事はジャーナル・コンスティテューションに、再集計後に州務長官ブラッド・ラフェンスパーガーによって与えられた結果を証明するために州法に法的に拘束されていると語った。

結果が証明されたので、投票は半パーセント以内であるため、トランプ2020キャンペーンは火曜日まで別の再集計を要求する必要があると彼は言いました。再集計は州によって支払われます。

「私は認証を正式に作成しているとだけ言っておきます」と彼は言いました。「ラフェンスパーガー長官が認定した今、それはトランプキャンペーンの再集計を求める能力を引き起こします。何かが起こったとしても、私はまだそのプロセスの一部です。したがって、これに対する私の見解は次のとおりです。私は法律に従っています。とルール。」

数えられない投票用紙を見つけた後のジョージア州のフロイド郡の火災選挙ディレクター

ケンプ氏は、プロセス中の問題にも不満を感じていると語った。

「しかし、私はその過程に参加していたので、もっと警戒しなければなりませんでした」と彼は新聞に語った。「私は、知事の公務のためにしっかりとした法的基盤を維持していることを確認する必要があります。」

CBS Newsによると、ケンプ氏はまた、郵送投票用紙の有権者の署名を比較するためのサンプル監査を行うようラフェンスパーガー州務長官に依頼しましたが、長官は、投票プロセス中に投票用紙が外側のセキュリティエンベロープから分離されるため、現時点では不可能であると述べています。

両当局は、将来、郵送投票に投票者ID要件を追加することを提案しています。

「私は下院と上院の両方の機関、そして副知事と講演者、そしてそれについても協力することにオープンである」とケンプはジャーナル・コンスティテューションに語った。「グルジア人は投票の完全性が質問ではありません-そして確かにそれは多くの人々の心にあります。それは今何が起こっているかという問題の一部です。」

(FOXNEWS)

Georgia Gov. Brian Kemp certifies election results, calls for audit
Georgia Gov. Brian Kemp certified the state's presidential election results Friday in favor of President-elect Joe Biden -- but called for an audit of the votes...続きを読む

 

ジョージア州の最高選挙責任者で共和党員のラフェンスパーガー氏は金曜日の朝の記者会見で、「私は数字は嘘をつかないというモットーで生きている」と述べた。

しかし、トランプ氏の支持を得て2018年に選出された共和党員のケンプ州知事は、短いスピーチでバイデン氏が選挙の勝者であると宣言しなかった。むしろ、彼は、週の初めに完了した州の500万票の手作業による再集計で、数百票が最初の集計から誤って除外されていることを発見したという事実に焦点を当てました。この発見により、バイデン氏のマージンがわずかに減少しました。勝利の。

「これは単に受け入れられない」とケンプ氏は言った。

確かに、ケンプ氏の演説の多くは、トランプ氏が証拠を提示することなく詐欺に満ちていると繰り返し主張しているジョージア州の選挙の完全性に関する懸念に引き渡されました。ラフェンスパーガー氏は、選挙の結果は有効であると主張しました。

ケンプ氏は、ジョージア州が現在共和党のケリー・レフラーとデイビッド・パデューによって開催されている2つの上院議席で競争的な流出選挙に直面していると述べた。彼は、ジョージア州は、手作業で特定された数えられない投票の問題を解決する必要があると述べた。

「私たちは、市民が私たちの選挙に完全な自信を持つことができるように、特定されたすべての矛盾について完全な説明を要求します」と彼は言いました。

ケンプ氏はまた、ジョージア州当局が不在者投票で有権者の署名を「チェック&マッチ」することは「不可能」であるというトランプ氏の根拠のない懸念に対処しているようでした。

ケンプ氏は、ラフェンスパーガー氏に、不在者投票封筒の有権者の署名の有効性を確立する州の議定書の潜在的な問題を特定するためのサンプル監査を実施するよう求めました。

トランプ氏はジョージア州のレースで0.5パーセントポイント未満しか負けなかったため、2日以内に、光学スキャンマシンによって実行される2回目の再集計を要求する法的権利があります。

ジョージア州の結果が認証されたというニュースは、ジョージア州当局が認証が完了したという時期尚早の発表を誤って行った数時間後の金曜日に来ました。

「間違ったプレスリリースを送ったスタッフがいました」とジョージア州の副長官であるジョーダン・フックスは言いました。(NYT)

Transition Highlights: After Trump Meeting, Michigan Lawmakers Maintain They Will Follow the Law
Two Republicans who attended the meeting vowed not to interfere with the certification process in their state. In Georgia, the state certified President-elect J...続きを読む

米ジョージア州務長官、バイデン氏勝利を公式認定-大統領選結果

2020年11月21日 5:10 JST 更新日時 2020年11月21日 10:28 JST

米ジョージア州のラッフェンスパーガー州務長官は20日、同州での大統領選結果について、民主党のバイデン前副大統領の勝利を公式に認定した。同州は前日に手作業による500万票余りの再集計を完了していた。

ジョージア州でのバイデン氏の得票数は、トランプ大統領を1万2670票(約0.3ポイント)上回った。民主党候補が同州を制するのは1992年以来。

認定に先立ち記者会見したラッフェンスパーガー氏は、「数字はうそをつかない。私は州務長官として、きょう提示した数字は正しいと確信する」と発言。「この数字は州民の判断を反映している」と語った。

同州のケンプ知事(共和)は確認作業で数字の食い違い見つかったことに遺憾の意を示しつつも、州法の定めに従って選挙結果を認定すると述べた。

票差が0.5%未満だったため、トランプ陣営は24日までさらなる再集計を要請することができる。ただ、裁判所の命令がなければ、手作業ではなくスキャナーでの再集計だけで十分とされる。(bloomberg)

米ジョージア州務長官、バイデン氏勝利を公式認定-大統領選結果
米ジョージア州のラッフェンスパーガー州務長官は20日、同州での大統領選結果について、民主党のバイデン前副大統領の勝利を公式に認定した。同州は前日に手作業による500万票余りの再集計を完了していた。

なお、トランプ陣営は今のところ、不正を取り除かない再集計は無意味として、ジョージア州知事と州務長官を訴える手続きを進めています。

「ジョージア州は手作業で再集計をすると言っていたが、あくまでも今の票を単純に数えるだけで、不正票を排除する方法をとってはいません。それに対し、トランプ大統領とリンウッド氏は州知事と州務長官を激しく批判しています

リンウッド氏は、17日ジョージア州を提訴
「昨夜、私はジョージア州務長官に対して差し止めによる救済を求める緊急申立を提出しました。 求められる救済には、不在者投票の欠陥を含む認証を禁止し、手の再集計を要求する命令が含まれます」

17日のツイート「デュープロセスの問題も提起されています。再集計は偽物です。 ジョージア州知事@BrianKempGAよ、地下室から出たほうがいい」

トランプ大統領も批判
ジョージアでは、すべての重要な署名の一致を確認することはできません。それがなければ、再集計は無意味です。今すぐ違憲の同意判決を開いてください!

ブライアン・ケンプ(Brian Porter Kemp 、1963年11月2日 – )は、アメリカ合衆国の実業家、政治家。第83代ジョージア州知事(2019年1月14日 – )。第27代ジョージア州州務長官(2010年1月8日 – 2018年11月8日)。ジョージア州議会上院議員(2003年1月3日 – 2007年1月3日)。所属政党は共和党

ブライアン・ケンプ - Wikipedia
タイトルとURLをコピーしました