社会の話題と反応を発信していくネットメディア

大統領令(場合によっては戒厳令)が発動され、トランプ大統領は再選される/Natural News

スポンサーリンク

御礼

みなさま、本年、当サイトをご覧いただき本当にありがとうございました。

当サイトはトランプ大統領の再選を確信しています。以下が理由です

1.トランプ氏が大統領になった目的は中共の排除、DSの一掃です。

2.このままの状態でバイデンが再選されれば、2年後の中間選挙どころか4年後の大統領選も、それ以降も永久に保守の大統領が選出される機会は失われ、アメリカは赤く染まって(共産党色)いきます。
このまま終われば、トランプ大統領は圧勝していたにもかかわらず、不正によって、史上最悪の大統領の汚名を着せられ末代まで語り継がれることとなります。

トランプ大統領にはそれを阻止する合法的な権限があります。それなのにそのカードを切らないはずはありません。その権限があるのにこのまま終わるはずはありません。

3.23日にトランプ大統領と面会したマストリアーノ議員はトランプの決意に、なみなみならぬものを感じ、こんなに決意した人を見たことがないと述べました。

4.ラトクリフ国家情報長官は何度もメディアで外国干渉があったといっています。外国干渉どころか侵略です。その侵略から守のは大統領の責務です。

(ラトクリフ報告はすでにトランプ大統領の手もとにあります)

スポンサーリンク

トランプ大統領は必ず再選されます。

これまでは単に序章にすぎません。

再選され、DSやCCPの掃討する戦いこそが本当の戦いです。

来年も本章となるトランプ大統領関連のニュースを追いかけ応援していきますので、よろしくお願い申し上げます。良いお年をお迎えください。

 

昨日、「ペンス副大統領は激戦州の選挙人をそのまま承認しますが、それよりも大統領令が重要である」という記事をエントリーしました。こちらです👇

その後、この記事と同趣旨の記事がNatural Newsというサイトに掲載されていたので、ご紹介します。

記事要旨
・ドミニオンの不正などで外国の選挙干渉、侵略はすでに明らかになっている。
・ラトクリフDNI長官のレポートで「外国からの選挙干渉があった」と報告される
・これにより1月6日、バイデン側の投票名簿を拒否しトランプ側の選挙人を選ぶことが正当化される。
・トランプ大統領はこれをもって、外国からの戦争行為だと宣言することができ、国防行動(大統領令および戒厳令)を引き起こせる。
スポンサーリンク

外国からの選挙干渉

12月29日の今日の状況アップデートは、米国の選挙における外国の干渉の広範な証拠の新たな流出をカバーしています。
11月3日の選挙は、実際には、米国に対する外国の侵略者によって開始されたサイバー戦争の行為でした。そのため、選挙結果は無効であり、最終的には停止されます。
創造的破壊メディアの報道、ドミニオンの投票機は、選挙の夜に、その後の日にわたって、少なくとも4カ国への裁定のための投票用紙を送りました。(naturalnews)

スポンサーリンク

ドミニオン不正の証拠

ドミニオン投票システムは、外国の事業体によって所有および管理されています。データが外国に送られると、データを制御できなくなります。
• 電子情報はドイツ、バルセロナ、セルビア、カナダに送られました。
Dominion Voting Systemsおよび関連会社は、外国の代理店、国、および利益によって所有または厳重に管理され、影響を受けています。

専門家によって作成されたフォレンジックレポートは、「ドミニオン投票システムは、意図的かつ意図的に固有のエラーを使用して設計されており、体系的な詐欺を引き起こし、選挙結果に影響を与えます。
システムは意図的に非常に多くの投票エラーを生成します…意図的なエラーは、監視、透明性、監査証跡のない投票の一括裁定につながります。これは、有権者または不正選挙につながります。
報告書は、選挙管理システムが、インターネットへのアクセスを含む、容認できない違法な脆弱性を伴って作成されていることを発見しました。これは、詐欺の証拠を見つけるための考えられる原因であり、多数の悪意のある行動です。

DominionとSmartmaticは、両社の間に関係はないと主張しているにもかかわらず、バルバドスで住所を共有しています。彼らはまた、相互の競業避止契約を結んでいます。
• Hootan Yaghoobzadehは、Dominionを所有するエンティティであるStaple StreetCapitalのCEO兼会長です。HootanYaghoobzadehはSadaamHusseinに親密で、サウディビンラディングループで働いていました。
• Kavtechは、パキスタンのインテリジェンスISIと提携しているパキスタンを拠点とするビジネスインテリジェンス企業です。

共同創設者のWaqasButtは、ネバダ州務長官からの個人を特定できる有権者情報を含む電子メールにCCで送信されています。Bilal Khan Nawabzadaという名前のリードデータサイエンティストは、ISIに直接ツイートします。(naturalnews)

スポンサーリンク

この状況がラトクリフレポートでトランプ大統領に報告される(すでに報告されている可能性大)

この種の証拠が表面化するにつれて、選挙を無効にする3つの経路が活性化されます
1.これは、DNIのジョンラトクリフが米国選挙での外国の干渉に関する彼の今後の報告についての詳細を提供します
2.それは議会のメンバーに1月6日の選挙人のバイデンスレート(投票名簿)に反対し、代わりにトランプスレートを選ぶことを正当化する
3.これは、トランプ大統領が選挙を米国に対する戦争行為であると宣言するために必要な行政上の正当性を提供し、不正選挙を無効にするための軍事当局の発動を含む一連の国防行動を引き起こします。(naturalnews)

Situation Update, Dec. 29th - Extensive evidence of foreign interference in the US election is now surfacing
Today's Situation Update for Dec. 29th covers the new outpouring of extensive evidence of foreign interference in the US election. The November 3rd election,...続きを読む
スポンサーリンク

ラトクリフ報告はすでに出されている

非常に少数の人が気付いている舞台裏で多くのことが起こっているかもしれません。時が教えてくれる。
大統領が大統領命令を発令し、DNI(ラトクリフ国家情報長官)が2020年の選挙における選挙干渉の報告を外国の情報源から提供することを義務付け、次に司法長官がこの干渉に対処する方法に関する報告を提供することを義務付けられたことを私たちは知っています。

ラトクリフの報告は1週間前に提出されたものであり、またそれ以前に提供された可能性があります。AG(司法省)の報告書はすでに大統領に提供されている可能性があります。(Thegatewaypundit)

 

タイトルとURLをコピーしました