社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【スクープ!】国会議事堂暴動疑惑、ペロシは正式な警察の支援要請はなかったと宣誓証言していたが、「20分前」に要請を断っていた可能性/ビショップ議員「もう長くは隠せない」

政治
スポンサーリンク

国会議事堂暴動でペロシに新たな疑惑が浮上

「これまでの経緯」

国会議事堂警察署長は、1月6日の暴動を予知し州兵の派遣を要請
・この要請は拒否される
・この経緯(1月6日の暴動と拒否した経緯)についてペロシが何か知っていると共和党は確信を持つ
・共和党下院は、ペロシに文書で「要請が拒否された理由、ペロシのスタッフが国会議事堂警察と何の話しをしたのか、サンド署長が州兵の支援を要求し、承認が必要になったときに、ペロシは治安当局にどのような対応をしたか?」について追及

ジュディシャルウォッチは、
・1月6日の国会議事堂暴動で、ペロシは暴動の際の電子メール、ビデオの開示を求め国会議事堂警察を正式に訴えた

スポンサーリンク

デイリーコーラー上級議会特派員、ヘンリーロジャースのツイート

・ヘンリーロジャース:「スクープ:ペロシが国家警備隊の存在について守衛官と交わした「会話」は、暴動につながった「意思決定の混合物」が含まれていたと、ペロシのスタッフが答えた」

・ノースカロライナ州下院議員、ダン・ビショップ:「もう長くは隠せない。最終的には出てくるだろう」

スポンサーリンク

州兵の要請についてペロシの議長室は相談も連絡もされていなかったと述べた

ペロシの事務所がセキュリティの失敗に果たし、アーヴィングと元国会議事堂警察のスティーブン・サンド署長の両者の辞任をもたらしました。

「議長室は、1月6日より前に、州兵の要請に関して私たちの事務所が相談も連絡もされていないことを公に繰り返し明らかにしました。それは上院委員会の前で宣誓証言でアームズアーヴィングの元守衛官によって確認されました。ペロシは、セキュリティの専門家がセキュリティの決定を下し、それらの決定について説明することを期待しています」とハンミル氏は述べています。

「下院管理委員会の共和党員デイビスは1月6日より前に安全保障の準備について説明を受けたが、彼が持っていたかもしれない安全保障上の懸念に対処するための行動を起こさなかったと私たちは理解している」と彼は結論付けた。

守衛官(SAA)は下院議長によって選ばれ、議長から指示を受けます。守衛官は、合衆国議会議事堂警察を監督する組織である議事堂警察委員会のメンバーに投票している3人の役人の1人です。米国議会議事堂での1月6日の暴動を調査する火曜日の上院公聴会での元SAAアーヴィングの宣誓証言は、イベントの正確なタイムラインに関する追加の質問を提起します。

アーヴィングは、1月6日の午後2時以降、最初に州兵を活性化するようにサンド警察署長から正式な要請を受けたと証言した。さらに、ミズーリ州の共和党上院議員ジョシュ・ホーリーが「指揮系統の上流」で要求を実行する必要があるかどうか尋ねたとき、アーヴィングは合同上院国土安全保障規則委員会の前で証言して「いいえ」と答えた。

スポンサーリンク

ペロシは正式な支援要請の20分前に、支援要求を断っていた

New York Timesは以前、ペロシのオフィスが州兵が午後1時43分頃に承認されたことを確認したと報告しました。CNNによると、サンド署長は午後1時9分頃に州兵からアーヴィングに支援要請を送ったと語った。アーヴィングは午後2時以降にこの件について連絡を受けたとアクシオスは報告した。情報筋は、アーヴィングが午後2時以降にリクエストを受け取った方法について質問しましたが、ペロシは午後1時43分にリクエストを承認しました。

「彼が宣誓の下で証言したアーヴィングのタイムラインを信じるなら、彼が要求を受け取る20分前にペロシに許可を求めるにはどうすればよいでしょうか?」

「また、彼がチェーンの上位にリクエストを実行する必要がなかったという彼の宣誓証言を信じるなら、なぜスピーカーのオフィスは彼がまさにそれをしたことを確認したのですか?」

Sources: ‘Conversations’ Pelosi Had With Sgt At Arms About National Guard Presence Factored Into ‘Blender Of Decision Making’ That Led Up To Riot
Speaker Nancy Pelosi and her office had conversations with former Sergeant at Arms Paul Irving regarding the use of the National Guard on Capitol grounds.
スポンサーリンク

司法ウォッチが暴動の際の電子メール、ビデオの開示を求め国会議事堂警察を訴える

(ワシントンDC) – Judicial Watchは本日、2021年1月6日に米国議会議事堂での暴動に関する電子メールとビデオを求めて米国議会議事堂警察に対して訴訟を起こしたと発表しました (JudicialWatchv。UnitedStatesCapitol Police) 1:21 -cv-00401。

Judicial Watchは、2021年1月21日の要求に応えて国会議事堂警察が記録の提供を拒否した後、コモンローの公記録へのアクセス権に基づいて訴訟を起こし ました。

・2021年1月6日の米国議会議事堂のセキュリティに関する米国議会議事堂警察執行チームと議事堂警察委員会の間の電子メール通信。この要求の時間枠は2021年1月1日から2021年1月10日までです。
・2021年1月6日の国会議事堂のセキュリティに関する、連邦捜査局、米国司法省、および米国国土安全保障省との議事堂警察委員会の電子メール通信。この要求の時間枠は、2021年1月1日から2021年1月10日。
・2021年1月6日の午後12時から午後9時までの国会議事堂内からのすべてのビデオ映像
議会は情報公開法を免除され、国会議事堂警察は 、要求された電子メールとビデオは「公開記録」ではないことを2021年2月11日の手紙に書いて、司法監視への暴動に関する記録の作成を拒否しました 。
スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました