社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【朗報】ジョージア州判事、「不正調査のためにフルトン郡の不在者投票の封印を解く可能性」に言及/投票用紙の見直しは4月の可能性

スポンサーリンク

ジョージア州判事、不正調査のためにフルトン郡の不在者投票の封印を解くかもしれない

ジョージア州の判事は、政府の監視機関が不正投票疑惑を調査するために、同州フルトン郡の不在者投票を封印解除するかもしれないと述べた。

ヘンリー郡高等裁判所のブライアン・アメロ判事は、投票の完全性を擁護するガーランド・ファヴォリート氏が雇った専門家が投票用紙を開封して調査することを命じる考えがあると述べたと、Atlanta Journal-Constitution紙が報じた。

アメロ氏は15日の審理で、もし投票用紙を公開するなら、秘密を守り安全を確保するための計画が必要だと述べた。

スポンサーリンク

噂や偽情報を払拭するべき

“我々は、噂や偽情報を払拭し、光を当てるような方法でこれを行いたい」とアメロは語った。”悪魔は細部に宿る

この発言は、2020年11月3日に行われた選挙において、不正な投票が行われたとする訴訟がフルトン郡の高等裁判所に提起され、選挙の夜にアトランタのステートファーム・アリーナで作業員が票を数える際にその他の不正があったとされたことを受けてのものです。

数ヶ月前にそのような疑惑を否定したジョージア州の州務長官事務所は、Epoch Timesのコメント要請にすぐには応じなかった。

スポンサーリンク

投票用紙の見直しは4月の可能性

判事は、Favorito氏のグループが裁判所の許可なしに自分たちの仕事を公開することを禁じる命令について議論し、分析を監督する役人を任命するかもしれないと付け加えた。アメロ氏によると、AJCが報じたように、投票用紙の見直しは4月に始まる可能性があるという。

“アメロ判事は、「申立人が提案した方法が合理的であると納得するまで、私は命令に署名することはできない」と述べた。

2006年に設立された保守派団体「Voters Organized for Trusted Election Results in Georgia」の共同設立者であるファヴォリート氏は、民主党と共和党の双方が “自分たちの利益のために選挙の整合性を利用している “と非難している。

Georgia Judge Might Unseal Fulton County Absentee Ballots for Fraud Investigation
A judge in Georgia says he might unseal absentee ballots in the state's Fulton County so that a government ...
スポンサーリンク

パウエル弁護士はテレグラムで「選挙でジョージア州フルトン郡で、中国の関与の可能性が表面化した」と述べていた

2021年3月9日
11月の中国の関与の証拠ジョージア州フルトン郡選挙が表面化

2020年11月3日の総選挙の直後、ジョージア州アトランタのイングリッシュストリート沖のフルトン郡地区のゴミ箱で発見されました。フルトン郡選挙倉庫は、ジョージア州アトランタの1365 EnglishStにあります。

中国から選挙施設に荷物が発送されていることを示す証拠が表示されます。フルトン郡の総選挙中に、大規模な混乱と証拠が電子メールで表示されます。

特に大規模な不正選挙の申し立ての際に、保持および保護されると思われる不在者投票用紙がゴミ箱に捨てられているように見えます。

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました