社会の話題と反応を発信していくネットメディア

公明・山口代表、共産党志位氏の「毛沢東を礼賛したのは公明党だ」の発言に「どうこう言わない」/ネット:「言わない」ということは事実と認めたことになるが

政治
スポンサーリンク

共産の「毛沢東礼賛」皮肉に「どうこう言わない」 公明・山口代表

2021.4.6

 公明党の山口那津男代表は6日の記者会見で、共産党の志位和夫委員長が公明の中国に対する融和的な姿勢をめぐり、「毛沢東を一番礼賛したのは公明」などと皮肉ったことに対し、「どうのこうの言うつもりはない。共産党のことはとやかく言わない」と受け流した。かねて対立してきた共産側の挑発に乗らず、「大人の対応」を見せた。

山口氏は、公明が昭和47(1972)年の日中国交正常化に果たした役割に触れ、「自らのことをきちんと振り返りながら、これからのあるべき姿を模索していく」とも述べた。

スポンサーリンク

ウイグル弾圧に弱腰だの批判

 ただ、中国・新疆(しんきょう)ウイグル自治区や香港などでの中国当局による弾圧は、国際社会の大きな問題となっている。与野党が海外での深刻な人権侵害行為に制裁を科すための日本版「マグニツキー法」の制定に動き出す中、公明は同法の策定に慎重な姿勢を示し、他党から「弱腰だ」との批判も浴びている

志位氏は1日の記者会見で、こうした公明の対応を念頭に、「思い出すのは、文化大革命のときだ。一番、毛沢東を礼賛したのは公明党だった」などと述べた。

共産の「毛沢東礼賛」皮肉に「どうこう言わない」 公明・山口代表
公明党の山口那津男代表は6日の記者会見で、共産党の志位和夫委員長が公明の中国に対する融和的な姿勢をめぐり、「毛沢東を一番礼賛したのは公明」などと皮肉ったことに対…
スポンサーリンク

3月31日、公明・山口代表は「根拠なければ」 ウイグル対中制裁に慎重姿勢を見せた

中国が日本にとって最大の貿易相手国であり、幅広い日中の交流の歴史があることを指摘し「国際的な緊張の高まりや衝突を回避し(緊張を)収められるような積極的な対話を日本こそ主導すべきではないか」と強調

公明党の山口那津男代表は30日の記者会見で、中国新疆(しんきょう)ウイグル自治区での人権侵害をめぐり、日本が対中制裁に踏み切る欧米諸国と足並みをそろえるべきかについて慎重な考えを示した。「わが国が制裁措置を発動するとすれば、(中国当局の)人権侵害を根拠を持って認定できるという基礎がなければ、いたずらに外交問題を招きかねない」と述べた。

スポンサーリンク

ネットの声

公明の皆様は『人権』が大事だと思っておりましたが?

否定も反論もしないとこ見ると、認めたってことだね。

返す言葉が無いんですよね

至誠一貫が泣くわ

まあそれは事実だから。

さっさと保守自民党から離れで野党へ行くべき!

開き直りに感じますが

大人の対応ではなく弱腰対応

もう詰んでる。

「核心を突かれた」だろ?

公明党、いらない

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました