社会の話題と反応を発信していくネットメディア

トランプ大統領声明「ジョージア州の選挙法改正案はまだ弱い。大量の郵送による投票は許可されるべきではない」

政治
スポンサーリンク

スティーブ・コルテス氏のツイート

「プレストランプからの重要な分析。ジョージア州の選挙制度改革は改善を表していますが、モデルにはほど遠いです。大量の郵送による投票は許可されるべきではありません。他の州は、実際の選挙の完全性を保証するためにさらに前進する必要があります」

スポンサーリンク

トランプ大統領、「あまりにも弱い」ジョージア州選挙法への批判を強める

2021年4月7日

ドナルド・トランプ前大統領は4月6日、ジョージア州で最近制定された一連の選挙改革法について、新法は無条件の郵便投票を廃止できず、署名認証も廃止されているなどと、批判を新たにした。

第45代トランプ大統領声明

“ジョージア州の選挙改革法は、本当の意味での投票の完全性を確保するには、あまりにも弱くて柔らかいものだ。 選挙の日は選挙の日であるべきで、選挙週間や選挙月間ではない。投票のために与えられた日数があまりにも多すぎる。この非常に長い期間にあまりにも多くの『いたずら』が起こりうる」

“2020年の大統領選挙で見ただろう。ルビー・フリーマンはどうしているのか」

と前大統領は付け加え、アトランタでの投票集計をめぐる論争の中心となった選挙管理委員に言及した。

スポンサーリンク

選挙は選挙日のみに行われるべきだ

「2021年選挙統合法」と題されたジョージア州の新法は、既存の3週間の期日前投票期間に、1回の土曜日と2回の任意の日曜日を追加することで、期日前投票へのアクセスを拡大するものだ。トランプ氏は、ホワイトハウスを離れた後の最初の公の演説でも含め、早期投票期間の延長を長い間批判してきた。トランプ氏は、2月にフロリダで開催された保守政治行動会議で、選挙は選挙日にのみ行われるべきだと述べた。

ジョージア州の新法では、言い訳のできない郵便投票も維持されました。この法律では、署名照合を廃止し、運転免許証や州のID番号を提出することで郵便投票者の身元を確認している。身分証明書を持たない人は、社会保障番号の下4桁を提出することができます。ジョージア州ではすでに、投票者が直接投票する際には身分証明書の提示を求めていた。

スポンサーリンク

知事と州務長官は郵便投票を廃止すべきだった

“ブライアン・ケンプ知事とジョージア州の州務長官は、言い訳のできない大量の郵便投票を廃止し、危険で安全でないドロップボックスを廃止し、署名認証を維持して拡大し、過去の有権者ファイルとの照合を行うべきだったのだ。トランプ氏は、”Republicans in name only(名前だけの共和党)”の頭文字をとって、「RINOが幸せになることを願っている」と述べました。

“ケンプ氏はまた、週末投票を廃止すれば人種差別主義者と呼ぶと脅した急進的な左翼の暴徒たちに屈した。まあ、彼はそれを維持しましたが、彼らはまだ彼を人種差別者と呼んでいる!”


2021年のElection Integrity Actでは、不在者投票のドロップボックスを制限したが、完全になくすことはできなかった。この法律では、投函箱を建物内に設置し、24時間体制で監視することを義務付けている。

Trump Doubles Down on Criticism of 'Far Too Weak' Georgia Election Law
Former President Donald Trump on April 6 renewed his criticism of the recently enacted set of election reforms ...
スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました