社会の話題と反応を発信していくネットメディア

枝野氏、コロナ対応で吉村知事を猛批判/「一番悪いのは大阪知事だ」「病床不足は明らかな判断ミス」「無責任な知事」/ネット:「1番悪いのは何もせず、協力せず、難癖だけつける野盗」

スポンサーリンク

立民枝野氏「一番悪いのは吉村知事」

スポンサーリンク

立民・枝野氏「一番悪いのは大阪知事」 コロナ対応批判 衆院予算委

2021.5.10

立憲民主党の枝野幸男代表は10日の衆院予算委委員会の集中審議で、新型コロナウイルスの感染力が強い英国型変異株が広がる大阪府の吉村洋文知事のコロナ対応について「朝令暮改そのもので、一番悪いのは府知事だ。こういう無責任な知事も残念ながらいるのだから、政府としてしっかりと対応するべきだ」などと批判した。

これに対し、田村憲久厚生労働相は「感染拡大地域は大阪だけではない。重症者の病床確保を含め、努力したい」と述べ、国として自治体の支援を強化する考えを強調した。(産経)

立民・枝野氏「一番悪いのは大阪知事」 コロナ対応批判 衆院予算委
立憲民主党の枝野幸男代表は10日の衆院予算委員会の集中審議で、新型コロナウイルスの感染力が強い英国型変異株が広がる大阪府の吉村洋文知事のコロナ対応について「朝令…
スポンサーリンク

立民・枝野幸男代表が大阪府・吉村洋文知事を猛批判「病床不足は明らかな判断ミス」

2021年05月10日  立憲民主党の枝野幸男代表(56)が10日、衆院予算委員会で、大阪府の吉村洋文知事(45)を猛批判した。

枝野氏は新型コロナウイルスの第4波で逼迫している病床について「特に大阪がひどい。2回目の緊急事態宣言の際、いち早く府知事が解除を求めた。さっさと第4波が来て医療崩壊した」と指摘。

さらに「もっと驚いたのが2回目の緊急事態宣言が解除された3月1日、重症病床の確保数215床を3割減らして150床に減らすという通知を病院に出した。病床不足に輪をかけた。明らかな大阪府の判断ミス。(東スポ)

立民・枝野幸男代表が大阪府・吉村洋文知事を猛批判「病床不足は明らかな判断ミス」 – 東京スポーツ新聞社
 立憲民主党の枝野幸男代表(56)が10日、衆院予算委員会で、大阪府の吉村洋文知事(45)を猛批判した。  枝野氏は新型コロナウイルスの第4波で逼迫している病床について「特に大阪がひどい。2回目の緊急...
スポンサーリンク

ネットの声

無責任野党代表が偉そうに語ります、他人の事を言う前に自党の議員を制御して下さい

また悪口?いちばんはあなた方立憲民主党。

1番悪いのは何もしない、何も協力しない、結果がAでもBでも必ず難癖をつけるだけで足を引っ張り税金で暮らす立憲や共産。

一番悪いのは立憲民主党だろうな w

いくら吉村知事でも、共産と立憲には負ける

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました