社会の話題と反応を発信していくネットメディア

LGBT法案、安倍前総理が「絶対通すな」と防波堤になっていた/法案をしつこく提案している「稲田朋美氏」は保守から総スカン/ネット:やっぱり安倍前総理だった

政治
スポンサーリンク

LGBT法案は安倍総理の一声で頓挫した模様

今国会で提出が見送られた「LGBT法案」。この法案をめぐる自民党内の動きを見てみると、菅首相の「敵」が党内にも潜んでいることがわかる。

「ある総理経験者が『これは闘争だ』と言って、(議連がまとめた修正案を)絶対に通すなと総務会役員に直接、攻勢をかけたというのです。

その人物は、選択的夫婦別姓や慰安婦問題の急先鋒。拍車をかけたのが同法案の自民党の取りまとめ役が、その人物と縁が深い、稲田朋美衆議院議員だったからです」

スポンサーリンク

ある総理経験者とは安倍晋三氏

その人物とは安倍晋三前首相だと複数の関係者が証言している。結局、同法案は6月16日の会期末を前に「審議日程が確保できない」ことを理由に提出を見送られた。しかし、ある国対委員長経験者はこう断言する。

「総理が鶴の一言で『やる』と決めれば、自民党以外の党は了承しているのだから、1日あれば衆参で審議の上、成立することが絶対にできる。つまり、総理といえども総務会、そして党内最大派閥である細田派を事実上率いる安倍氏に弓を引けないということだ」

敵は「自民党内」にあり 「LGBT法案見送り」でわかった菅首相の政敵は野党だけではなかった 〈AERA〉
 今国会で提出が見送られた「LGBT法案」。この法案をめぐる自民党内の動きを見てみると、菅首相の「敵」が党内にも潜んでいることがわかる。AERA 2021年6月21日号から。*  *  * ワクチンや...
スポンサーリンク

LGBT法案は党三役の預かりへ、今国会では成立不可能(6/2)

自民党は28日の総務会で、同性愛者など性的少数者(LGBT)への理解増進を図る法案の扱いについて、二階俊博幹事長、下村博文政調会長、佐藤勉総務会長の党三役の預かりとすることを決めた。6月16日に会期末を迎える今国会は審議日程が窮屈な状態で、佐藤氏は総務会後の記者会見で「国会会期末までに成立させるのは不可能だ」と述べ、法案提出は見送られる方針だ。

スポンサーリンク

稲田氏は賛成多数と言ったが、実際は党内二分の真っ二つだった

スポンサーリンク

ネットの声

やはり安倍氏だな

三期目アリでは?

引退しても安倍氏に対抗できる人はない。喜ぶべきなのだろうが。いつまでもこの人頼りでは。

稲田は安倍氏が取り立てて世に出したのに、今では正反対の姿勢。

稲田はもう女性ねたでしか生きていけない。

スポンサーリンク

参考記事

稲田朋美氏「中国でボヘミアン・ラプソディーがテレビ放映されたが同性愛部分はカット。日本は自由と多様性を重んじる。LGBT法案を!」/ネット:「平和な人だな、中共弾圧は同性愛場面カットとかのレベルじゃない」
稲田氏のツイート ネットの声 一時、何故押し上げられたのか不思議な方。最近の政治家はどこもかしこも変わったのが多い。あ、多様性か 多様性しか言うことないのかよ 中共を言うならそこじゃないだろ 完璧にズレてる ...続きを読む
【性別変更選手の五輪出場が確定】/6/1に出場する見通しとなっていたが、その際ベルギー女子選手は「悪い冗談だ」と反対していた/ネット:「フェミは怒らんの?」「普通に考えたら完全な女子差別」
男子→女子に性別変更の選手、東京五輪の重量挙げに出場へ 史上初 6/12(土) 国際重量挙げ連盟(IWF)は東京オリンピック(五輪)出場権を決める世界ランキングを11日付で確定し、男子から女子へ競技する性別を変更したニュージーランド...続きを読む
タイトルとURLをコピーしました