社会の話題と反応を発信していくネットメディア

ブリンケン国務長官、WHOテドロス事務局長と会談し「コロナ発生源調査」に支持表明/透明性があり、専門家主導で行われ、干渉を受けないものである必要があると強調/中国政府は追加調査を拒否する方針

コロナ

米国務長官、WHO事務局長と会談 コロナ発生源調査に支持表明

7月28日、ブリンケン米国務長官は、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長と会談し、中国を含め、新型コロナウイルスの発生源に関する追加調査を実施するというWHOの計画について、米国の支持を確認した。

WHOは今月、コロナの発生源を巡る調査について、世界各国の連携を呼び掛けた。中国は国内の研究所や市場に対する追加調査を拒否している。

米国務省によると、ブリンケン氏とテドロス氏はクウェートで会談。プライス報道官は声明で「(ブリンケン氏は調査の)次の段階はタイムリーで証拠に基づき、透明性があり、専門家主導で行われ、干渉を受けないものである必要があると強調した」と述べた。

新型コロナの最初の感染例は2019年12月、中国中部の都市・武漢で報告された。中国は、ウイルスが国内の研究所から流出したとの説を繰り返し否定している。(ロイター)

米国務長官、WHO事務局長と会談 コロナ発生源調査に支持表明
ブリンケン米国務長官は28日、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長と会談し、中国を含め、新型コロナウイルスの発生源に関する追加調査を実施するというWHOの計画について、米国の支持を確認した。

米国務長官、コロナ発生源調査「透明性高く干渉を受けないように」…テドロス氏と会談

2021/07/29

米国のブリンケン国務長官は28日、訪問先のクウェートで、世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム事務局長と会談した。米国務省によると、ブリンケン氏は新型コロナウイルスの発生源を巡る調査について、「透明性が高く、専門家が主導し、干渉を受けないことが必要だ」と求めた。

テドロス氏は今月、加盟国が参加する会合で、発生源を巡る2回目の調査を中国で行うことを提案した。ブリンケン氏は会談で、提案への支持を表明した上で、「重大な関心事であるこの問題について、国際社会が一致団結することの重要性」を指摘した。

中国政府は、中国での追加調査を拒否する方針を示している。米国は、WHOが今年1~2月に中国で実施した調査は不十分だったとの立場で、WHOや加盟各国と連携して中国に調査受け入れを迫る考えだ

米国務長官、コロナ発生源調査「透明性高く干渉を受けないように」…テドロス氏と会談
【ワシントン=蒔田一彦】米国のブリンケン国務長官は28日、訪問先のクウェートで、世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム事務局長と会談した。米国務省によると、ブリンケン氏は新型コロナウイルスの発生源を巡る調査について

テドロス「協力と透明性」が十分ではなかったと調査を示唆していた

6月14日

テドロス博士は、コーンウォールで開催されたG7サミットへのビデオリンクで、調査の初期段階では中国からの「透明性と協力」が十分ではなかったと示唆しました。

ラボリークの可能性がまだテーブルにあるかどうかを尋ねられた彼は、次のように述べています。4つの仮説がありますが、決定的なものではありません。私は、4つの仮説すべてが開かれているべきだと信じています。そして、その起源を本当に知るためには、第2段階に進む必要があります。」

テドロス博士は、ラボリーク理論はG7サミットの健康セッションで議論され、リーダーがパンデミックに発展する前に動物媒介性疾患の人間集団への将来の移転を抑制するための新しい世界的イニシアチブについて説明を受けたと述べた。

武漢研究所は生きたコウモリを飼っていた(当時、武漢市場にはコウモリは販売されていない)

ジャストイン-新しい映像は、武漢バイオラボが施設内に生きたコウモリを飼っていたことを示しており、データは、ウイルスが表面化したときに15,000を超える実験ファイルが「消えた」ことを示しています。

コウモリ由来のウイルスが武漢の研究室に持ち込まれ、不慮の事故で流出したのか?あるいは、感染した作業員がいたのか。この映像の証拠が、これらの疑問のいくつかを明らかにしてくれるだろう。

武漢ウイルス研究所は、国際的な科学研究を促進するために中国政府とフランス政府が共同で建設したものである。フランスと中国の首脳が調印式に出席しているのがわかる。協定に署名し、中国の習近平国家主席がフランスで初めてレベル4の研究所を訪問した。

参考記事

伊藤美誠選手と韓国選手の試合でカメラライトに妨害された疑惑/ネット:「どこのメディアかさっぱりわからない。どこのメディアかさっぱりわからない。どこのメディアかさっぱりわからない。どこのメディ・・・」
カメラに取り付けられたライト照射で試合が中断 伊藤選手がライトが眩しいとアピール 問題の場面 伊藤選手が審判に注意を促し、その後ライトが消される ネットの声 あそこでライトを...続きを読む
【45thトランプ大統領声明】共和党よ、愛国者は忘れないぞ!急進左派の民主党と協力して、「インフラ」に関する超党派の法案を通してはならない。選挙で痛い目にあうぞ。
リズ・ハリントン氏「45thトランプ大統領声明」 トランプ大統領は共和党に、RINOが交渉した「インフラ」法案を受け入れないよう警告している! 45thトランプ大統領声明 「スーパーリノ...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました