社会の話題と反応を発信していくネットメディア

動画あり:【外交の天災バイデン】仏が、「米と豪の潜水艦の契約」に激怒すると考えてもいなかった。「彼は文字どおり何も知らなかった」(ケリー氏が暴露)/バイデン米国と豪が潜水艦建造契約し、仏との契約を解除したことでマクロンが激怒、大使を召喚した件で

政治
スポンサーリンク

ジョン・ケリー氏、バイデン氏はフランスが新潜水艦の契約に怒るとは思わなかったと語る

スポンサーリンク

ジョン・ケリー、バイデンはフランスが新しい潜水艦取引に怒るとは思わなかったと語る

2021年10月05日

気候問題担当のジョン・ケリーは、月曜日に掲載されたインタビューで、ジョー・バイデン大統領が、アメリカ、オーストラリア、イギリスの間で最近行われた原子力潜水艦の取引について、フランスが怒ることを「考えていなかった」とフランスの記者に語った。

バイデン大統領は9月、オーストラリアの原子力潜水艦保有を支援するため、米国とオーストラリア、英国の3国間協定(現在のAUKUS(*注))を仲介したことを発表した。これにより、フランスとオーストラリアの間で結ばれていた、500億ドルを投じてフランス製の原子力潜水艦をオーストラリアに提供するという契約が終了することになった。

この動きは、フランスの指導者たちを激怒させた。ジャン=イヴ・ル・ドリアン外相は、AUKUSとの提携は、「トランプ氏がかつて行ったことの多くを思い起こさせる “後ろからの一刺し”」と称した。フランスはこれを受けて、米国とオーストラリアの両方に大使を召還した。

スポンサーリンク

ケリーによれば、バイデンは自分の新しい取引がフランスを怒らせることになるとはまったく考えていなかったという。

「彼は私に『どういう状況なのか』と尋ねた。彼は私に尋ねました。彼は、文字通り、何が起こったのかを知らなかったのです」と、ケリーはフランスのBFMテレビに語っている。「細かいことは言いたくありませんが、大統領は、私の大統領は、関係を強化し、これが過去の小さな出来事となり、もっと重要な未来に向かって進むことを強く望んでいるということだけはお伝えしておきたいと思います」。

また、フランスは9月にワシントンD.C.で開催される予定だったケープ戦240周年を記念したガラパーティーをキャンセルした。このイベントは、ワシントンのフランス大使館で開催される予定だった。

ホワイトハウスのジェン・サキ報道官は、バイデン大統領は、トランプ大統領との比較や、AUKUSに対するフランスの不満については「あまり考えていない」と付け加えました。

John Kerry Says Biden Had No Idea France Would Be Mad About New Submarine Deal
John Kerry told French reporters that President Joe Biden "had not been aware" that France would be angry about the new AUKUS submarine deal w...続きを読む
スポンサーリンク

バイデンは文字通り、何が起こったのかを知らなかった

ジョン・ケリーは、フランスのテレビ番組のインタビューで、ジョー・バイデンがAUKUS潜水艦の取引でフランスとの間に生じた問題について知らなかったことを認めました。

“彼は文字通り、何が起こったのかを知らなかった”

「彼は私に尋ねました。彼はどういう状況なのかと言い、私は正確に彼のことを説明しました。文字通り、何が起こったのか知らなかったのです。その詳細については言及したくありませんが、私の大統領は、関係を強化し、これが過去の小さな出来事となり、より重要な未来に向かって進んでいくことに非常に力を注いでいる、ということだけはお伝えしておきます」

スポンサーリンク

サキ報道官は「知っていた」とウ○をつき、最後はケリーに聞いてくれと投げ出す

FOXピーター・ドゥーシー記者: 「(ジョン・ケリーは)大統領は『文字通り、何が起こったのか認識していなかった』と言った。では、あなた方は他に何を大統領に伝えていないのですか?”

サキ: 「もちろん、彼はフランスが動揺していることを知っていました…」

FOXピーター・ドゥーシー記者: ケリー氏によると、原子力潜水艦の契約からフランスが外された後、「フランスは何も知らされていないことに憤慨し、大使を召喚したそうです」彼は大統領のところに行き、こう言った。大統領は文字通り、何が起こったのか知らなかった。他に何かあるのか?大統領に伝えていないことが。

サキ報道官もちろん、彼はフランス人が動揺していることを知っていました。最後まで言わせてください。私はジョン・ケリーをよく知っています。彼はもちろん、フランスの大統領がオーストラリアとの取引について不愉快な思いをしていることを知っていました。

スポンサーリンク


ジョン・ケリーは、気候変動特使としての役割の一環として、定期的にフランス人と話をしています。彼は国務長官も務めた人物です。私だけでも25回も一緒にフランスに行ったことがある人です。もちろん彼は、フランス人が特に不満に思っていることや、それに対処するための方法についての読者の意見を大統領に伝えました。

FOXピーター・ドゥーシー記者: 彼は、この大統領は外交政策を第一に考えているのに、なぜこのようなことを実際に知らないのかと言った。

もちろん彼は、フランス人が文字通り、不愉快に思っていることを知っていました。私は、ジョン・ケリーに彼のコメントの背景について具体的に尋ねることをお勧めしますが、大統領と元長官は良い友人でもあります。大統領は、国家安全保障チームの多くのメンバーがそうであるように、彼の助言を頼りにしていますが、彼が伝えようとしたのはそういうことではありません。

スポンサーリンク

サキ報道官「ケリーに聞いてくれ」

ジェン・サキ報道官はジョン・ケリーに応えて、バイデンはフランスがオーストラリアとの米国の潜水艦取引に腹を立てていることを「文字通り気づいていなかった」と述べた。「ケリーに聞いてください」

オーストラリアがフランスとの契約を破棄し、アメリカとの潜水艦建造を決めたことでマクロンは激怒。駐米大使を呼び戻す事態に

【外交の天災、バイデンの真骨頂】オーストラリアがフランスとの契約を破棄し、アメリカの攻撃型原子力潜水艦8隻の建造を決めたことで、マクロン怒り心頭。米豪から大使を召還した
マクロン怒り心頭。米豪から大使を召還 フランス、米豪から大使召還 潜水艦契約に対抗措置 2021 年 9 月 18 日 【ワシントン】フランスのジャンイブ・ルドリアン外相は17日、米国とオーストラリアからフランス大使を召還する...続きを読む
(*注)AUKUS(Australia・United Kingdom・United States」の頭文字)

2021年9月15日に発足したオーストラリア 、イギリス 、およびアメリカ合衆国 の三国間の軍事同盟。

スポンサーリンク

参考記事

【45thトランプ大統領声明】本当の反乱は1月6日にあったのではない、11月3日にあったのだ/不◯により弱いリーダーが誕生してしまったことで、アメリカが重大な危機に陥っている
リズ・ハリントン氏「45thトランプ大統領声明:民主党とRINOは1/6など調べず11/3の選挙を調べるべきだ」 党派的な民主党員と、非常に弱くて哀れな2人のRINOからなるアンセレクト委員会は、何百万ドルもの費用を費やした後、本...続きを読む
【疑惑】FBの「内部告発者」に左派と繋がり発覚。バイデンが進める「左派有利の言論統制」の一翼を担っている疑惑が発生/告発者は狩人のラップトップを否定した選挙妨害チームの一員。AOC等の左派議員に献金。オバマの元側近運営、サキ氏が上級顧問だった会社と繋がり
フェイスブックの「内部告発者」は、選挙妨害チームの一員だった フェイスブックの「内部告発者」は、ハンター・バイデンのラップトップ・ストーリーを否定した選挙妨害チームの一員だった 2021年10月6日 フェイスブックの「内部告発...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました