社会の話題と反応を発信していくネットメディア

ポンペオ前国務長官:「中国は単にアメリカを競争相手とは見ておらず、敵対相手と見ている。我々もそうすべきなのだ」/

政治
スポンサーリンク

ポンペオ前国務長官「保護者は子供の教育に関与すべきだ」「社会主義への抵抗は価値あるものだ」

保護者が子供の教育に関与し続けることは、常識的なことではなく、必要不可欠なことだ。

社会主義への抵抗、「目覚めた」キャンセル文化への抵抗、自由が失われていくことへの抵抗は、価値のあるものだ。

進歩派のエネルギー政策は、地球を救うことと同様に、政治的支配と権力のためのものだ。

スポンサーリンク

ポンペオ前国務長官「中国は敵対相手として扱うべきだ」

中国は単にアメリカを競争相手とは見ておらず、敵対相手と見ている。我々もそうすべきなのだ。

(バイデンの)「BuildBackBetter」法案は=社会主義への足がかりだ。

スポンサーリンク

トランプ氏、バイデンのBuild Back Better(ビルド・バック・ベター)」法案は増税法案だと批判

11月10日

トランプ元大統領は、バイデン大統領の支出アジェンダを「グリーン・ニューディール法案」と非難し、もし可決されれば、米国民は増税に直面し、民主党は2022年の中間選挙で下院の議席を数十議席失うことになると警告した。

フォックスニュースの金曜日の独占インタビューで、前大統領は、バイデン大統領の「Build Back Better(ビルド・バック・ベター)」法案や、議会で審議中の超党派のインフラパッケージについて語った。

トランプ氏は「彼らがやらないとは考えにくいが、もしやったら、選挙で(バイデン氏に)多大な犠牲を強いることになると思う」と語った。「なぜなら、国民はそれを望んでいないからだ。アメリカにとってはぼったくりだ。大幅な増税である

トランプ氏は、インフラ法案を「インフラ法案ではない」と非難し、法案の大半がインフラに焦点が当てられておらず、他の支出項目に焦点が当てられているという共和党の不満を代弁した。

スポンサーリンク

参考記事

【動画あり】前トランプ大統領首席戦略官スティーブ・バノン氏「我々はバイデン政権を倒す。我々は攻撃に出るつもりだ。守りに入るのはもう飽きた。この件では攻撃に転じる!」/バノン氏は議会招集に応じず、侮辱罪で連邦政府に身柄を拘束されるも意気軒昂「私は決して引き下がらない」
スティーブ・バノン、侮辱罪で連邦政府に身柄を拘束される。 NOW - 出頭するために裁判所に到着したバノンは、"ノイズではなくシグナルに集中しろ、これはすべてノイズだ "と語る。 政権への反撃を決意したスティーブ・バノン氏が法廷...続きを読む
11月3日の選挙の日、2020年の大統領選挙が不◯に行われていることに気づいた日から、バイデンの就任式に行くことに同意することなどなかったのだ。老いぼれマコーネルには何の関係もなかった。彼はおそらく、妻や家族のために中国との取引をするのに忙しかったのだろう!
リズ・ハリントン氏「45thトランプ大統領声明」 第45代アメリカ合衆国大統領 ドナルド・J・トランプ氏の声明 SAVE AMERICA ドナルド・J・トランプ大統領 – 2021年11月16日 「11月...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました