社会の話題と反応を発信していくネットメディア

ウィスコンシン州男性が、州選挙管理委員会を訴える/男性の高齢の母親は、脳の変性疾患を発症し選挙登録権が取り消されていたにも関わらず、2020年の大統領選挙で投票されていた

事件
スポンサーリンク

リズ・ハリントン氏

「スキャンダルに見舞われたウィスコンシン州選挙管理委員会がウォーケシャの男性に訴えられる。ブルックフィールドの長期介護施設に入居している重度の認知障害を持つ母親が、2020年の大統領選挙で投票させられていた」

「脳の変性疾患を発症した高齢の母親の選挙登録権は、2020年の選挙の5年前に取り消されていた。しかし、息子は母親が “2020年8月11日の党派別予備選挙と2020年11月の総選挙に投票した “ことを発見した」

スポンサーリンク

老人ホームの有権者訴訟でウィスコンシン州選挙管理委員会が訴えられる

11月16日

マディソン – スキャンダルに悩まされているウィスコンシン州選挙管理委員会は、また新たな訴訟に直面しています。今回の訴訟は、ブルックフィールドの長期介護施設に居住する重度の認知障害を持つ母親が、2020年の大統領選挙で投票するように仕向けられたという、ウォーケシャの男性が起こしたもの

この訴訟は、ラシーン郡保安官事務所の調査により、選挙管理委員会がパンデミックの際に特別投票代理人(SVD)を介護施設から締め出す決定をしたことで選挙法を破り、投票操作の道を開いたことを明らかにしたものです。

【ウィスコンシン州の介護施設での不◯投票2】リズ・ハリントン氏「犯罪的だ!ウィスコンシン州選挙管理委員会の奨励により、老人ホームの入居者のために不在者投票の申請書が事前に記入されていた」/「これが老人ホーム『だけ』で起こっているわけがない」
リズハリントン氏「犯罪的だ!」 犯罪的!「老人ホームの入居者のために不在者投票の申請書が事前に記入されていた。すべてはウィスコンシン州選挙管理委員会の奨励によるもの」 リズハリントン氏「犯罪的だ!」 "法律とは対照的に...合...続きを読む

訴状によると、Paul Archambault氏は、彼の母親が2015年にWaukesha County Courtによって法的に能力がないと判断されたと主張しています。この高齢女性は、脳の変性疾患と診断された。彼女は、ジェーン・ドウ(Jane Doe)という名前でのみ特定される、訴訟の不随意原告だ。

Archambaultは母親の法定後見人に指名されました。選挙の投票登録や投票をする権利は、後見人命令で全面的に取り消されており、「何人も行使することができない」と訴訟では述べている

スポンサーリンク

後見人の男性が知らない間に母親の投票がされていた

Archambaultは、2020年11月の大統領選挙から1カ月後の12月になるまで、母親の投票を支援しようとしたことを知らなかった。彼はMy Vote Wisconsinのウェブサイトを確認し、母親が “2020年8月11日のPartisan Primaryと2020年11月のGeneral Electionに投票した “ことを発見した

Archambaultは、母親の投票権が剥奪された後、母親の投票を支援しようとしたことはなく、誰かにその許可を与えたこともないと訴状には書かれている。彼にはできない、それは違法だからだ。

州の法律では、特別投票代理人のみが居住施設や老人ホームでの投票を支援することができ、適格な有権者のみが投票できることになっている。2人のSVD(1人は民主党から、もう1人は共和党から)が施設に派遣され、投票用紙を有権者に届けることが義務付けられている。(wisconsinspotlight)

WEC sued in nursing home voter case - Wisconsin Spotlight
動画あり:【ウィスコンシン州の介護施設での不◯投票3】保安官事務所の記者会見「認知症や目の不自由な方、その他の病気で投票の意思表示ができない方に、介護施設のスタッフが不在者投票を不◯に行っていた」「例えば入居者は、指をさされた場所にマーク(投票)するだけだった」
AZ、ウエンディ・ロジャース議員 速報:保安官がナーシングホームで不◯投票を捕まえた。ブリーフィングのビデオとPDFはこちら。 ウィスコンシン州ラシーン郡保安官事務所が、老人ホームの入居者のために不在者投票用紙を不◯に記入し...続きを読む
スポンサーリンク

参考記事

【死に体の民主党、仲間割れが始まる】民主党、地盤の州で惨敗が続き2022年の中間選挙の敗北が確定、責任のなすりつけ合いが始まる/共和党が下院を奪還すれば、ジョー・バイデンの計画は台無しになり、上院も奪われればバイデンは確実に弾劾を受けるだろう。
2022年の中間選挙での敗北をめぐり、民主党員同士が議論を交わす! 11月16日 民主党は2022年の中間選挙が近づき、敗北が確定したことで問題を抱えている! 2020年11月の選挙を覚えていれば、勝つためには不◯を行わなけれ...続きを読む
トランプ弾劾に賛成したリズ・チェイニー、とうとう共和党から除名される/地元ワイオミング州の共和党は、チェイニー議員を党員として認めないことを決議/「チェイニーは共和党の利益を無視して、民主党のペロシと手を組んだ!」
ワイオミング州の共和党は土曜日に、リズ・チェイニー議員(共和党)を党員として認めないことを決議した。 速報:ワイオミング州の共和党は、リズ・チェイニーを共和党員として認めないことを決議し、彼女がペロシに「忠誠を誓っ...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました