社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【毎日のスクープ】愛知・大村知事の政治団体、支援者に無償で著書配る 公選法抵触か/政治資金に詳しい神戸学院大教授「公職選挙法の禁止する寄付に該当する可能性が高い」/ネット「完全にアウト案件」「知事辞職しかないのでは」

事件
スポンサーリンク

愛知・大村知事の政治団体、支援者に無償で著書配る 公選法抵触か

愛知県の大村秀章知事が代表を務める政治団体「秀成会」が2020年、大村知事の著書を支援者らに無料で配布していたことが関係者への取材でわかった。専門家によると、有権者に無償で本などを提供する行為は、寄付を禁じた公職選挙法に触れる可能性があるという。

スポンサーリンク


会の収支報告書などによると、会は同年10月、大村知事の著書「スタートアップ興国論」を自費出版し、政治資金パーティーの参加者に配布するため1000冊(1冊1540円)を書店から購入した。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、パーティー開催は中止された。会によると、うち200~300冊ほどを支援者らに無償で配ったとしている。代金を支払った人も一部いたという。

受け取ったのは愛知県や岐阜県、東京都などに住む支援者。配布先などについて、会の担当者は「詳しくは覚えていない」とした上で「寄付をしてくれている人に、せっかくだから読んでいただきたいという思いだった。寄付にあたる可能性があるとの認識はなかった」と説明している。

愛知県選挙管理委員会によると、一般的に有権者に対し本などを無償で配ることは、たとえ寄付をした支援者であっても公職選挙法(寄付の禁止)に抵触する可能性があるという。政治資金に詳しい神戸学院大の上脇博之教授は「今回のケースは(パーティー券購入の対価であることが明確な)政治資金パーティーでの配布ではないため、公職選挙法の禁止する寄付に該当する可能性が高い」と指摘している。

愛知・大村知事の政治団体、支援者に無償で著書配る 公選法抵触か | 毎日新聞
 愛知県の大村秀章知事が代表を務める政治団体「秀成会」が2020年、大村知事の著書を支援者らに無料で配布していたことが関係者への取材でわかった。専門家によると、有権者に無償で本などを提供する行為は、寄付を禁じた公職選挙法に触れる可能性があるという。
スポンサーリンク

ネットの声

これはやっちまった、致命的だな。

辞職してもらいたい、でなければリコール。

値段が付いているものを無料で配ったらそりゃあ問題でしょ。

これはグレーでなくて、クロ認定されて然るべき。

うちわで辞任した人もいるからな。本を配ったのならアウト。

リコール運動の件で河村市長を散々叩いていた人たちは、今回の大村知事の件についてはどのようにコメントするのかな。

選挙区以外の人に配るなら選挙権を行使できないけど、普通に考えたら愛知県の人に配ったって考えられるね。

スポンサーリンク

参考記事

安倍氏の台湾に対する積極的発言に、蔡英文総統は「台湾国民の多くが心強く感じた」とツイート/一方、中国は安倍氏発言に反発「台湾は日本の一部ではない」/ネット「効いてる、中国の焦りの表れ」「高市ー安倍政権を」
「台湾は日本の一部ではない」中国、安倍氏発言に反発 2021/12/15 中国国務院(政府)台湾事務弁公室の馬暁光(ば・ぎょうこう)報道官は15日の記者会見で、安倍晋三元首相が台湾の国際機関への参加支持を表明したことに対し「台湾は中...続きを読む
【動画】ペロシ、バイデンの大統領就任について 「彼は完璧だ。これ以上のタイミングはない」「カマラハリスはバイデンの貴重なパートナーだ」/ネットには失笑の声「二人とも引きずり下ろされる寸前だが」「仲が悪いのはなぜだ?」
ペロシ、バイデンの大統領就任について 「彼は完璧だ。これ以上のタイミングはない」 「私たちの国は、バイデン大統領という最も経験豊富で有能な人によって、これ以上ないほど良くなっています。 彼はまさに完璧だ。タイミングはこれ以上ないほど...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました