社会の話題と反応を発信していくネットメディア

WHO「オミクロンは軽症だというデータに安心するな」/テドロス「未接種者へのワクチン接種に焦点を当てる。2022年半ばまでに世界の人口の70%にワクチン接種する」

コロナ

テドロスは、各国の人口の70%にワクチンを接種するキャンペーンを支援するために、新年の決意を新たにする。

テドロスは新年の抱負として、各国の人口の70%にワクチンを接種するキャンペーンを行うよう呼びかける。

2021年12月30日(木)

世界保健機関(WHO)のトップは2日、コビッド19のオミクロンとデルタの変種が間に「津波」のような患者を生み出すことを懸念しているが、世界が2022年にパンデミックの最悪の事態を収束させることに期待していると述べた。

コロナウイルスが最初に出現してから2年、国連保健機関の高官は、最新の変異型であるオミクロンは軽症につながることを示唆する初期データに安心するのはまだ早すぎると警告しています。

先月アフリカ南部で初めて報告されたこのウイルスは、すでに米国とヨーロッパの一部で優勢な亜種となっている。

また、WHO加盟194カ国のうち92カ国が今年末までに人口の40%にワクチンを接種するという目標を達成できなかったことから、テドロス・アダノム・ゲブレイエス事務局長は、「新年の決意」として、7月初旬までに各国の人口の70%にワクチンを接種するというキャンペーンに協力するよう呼びかけている。

スポンサーリンク


WHOは疫学週報で、オミクロンの「全体的なリスク」は「非常に高いままである」と発表した。

テドロス氏は、「健康格差をなくすことが、パンデミックを終わらせる鍵である」と、長年の警告を新たにした。彼は、今年のワクチン接種率40%という目標を達成できなかったことについて、「道徳的な恥であるだけでなく、人命を犠牲にし、ウイルスが抑制されずに循環し、変異する機会を与えてしまった」と述べています。

それでも、「私は今年こそ、パンデミックの急性期を終わらせるだけでなく、より強固な健康安全保障への道筋をつけることができると楽観視しています」とテドロス氏は述べました。

Covid-19: WHO chief worried about tsunami of Omicron, Delta cases
Tedros Adhanom Ghebreyesus urges everyone to make a new year’s resolution to get behind a campaign to vaccinate 70% of countries' populations

テドロス氏「2022半ばまでに7割のワクチン接種を実現する」

2022年半ばまでに70%のワクチン接種を実現するために。

2022年7月初旬までに70%を達成するというゴールまであと185日、時計は今、始まる。

最も重要なのは、未接種者へのワクチン接種、または無防備者への保護に焦点を当てるべきで、そちらの方がより良い影響を与えるでしょう。

最も重要なのは、未接種者へのワクチン接種、または無防備者への保護に焦点を当てるべきで、そちらの方がより良い影響を与えるでしょう。

参考記事

NHKはこうやって煽る→「オミクロン株症状引き起こす力弱い可能性も“拡大なら重症化”」(NHK)/ネット「症状引き起こす力は弱い理由」は根拠を示しているのに「拡大なら重症化」は根拠なし。しかも教授は、拡大が広がれば重症化する人も出てくるという当たり前の話をしただけ
オミクロン株症状引き起こす力弱い可能性も“拡大なら重症化” オミクロン株はウイルスに比べて症状を引き起こす力が弱い可能性がある。感染が広がれば重症化する人も出てくると考えられ...続きを読む
【圧倒的なトランプ人気】世論調査:共和党員の60%が2024年にトランプの出馬を望んでいる。民主党員でバイデンの出馬を望むのはたった37%
リズ・ハリントン氏 「I&I / TIPP世論調査:共和党の60%が2024年にトランプの出馬を望んでいる。民主党でバイデンの出馬を望んでいるのはたった37%」 I&I/TIPP世...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました