社会の話題と反応を発信していくネットメディア

JUST IN:消息絶ったF15戦闘機「墜落」と判断 海底で垂直尾翼見つかる/引き続き海上自衛隊の艦艇などが行方不明になっている2人の捜索と救助に全力を挙げる

事件

消息絶ったF15戦闘機「墜落」と判断 海底で垂直尾翼見つかる

先月、航空自衛隊のF15戦闘機が、石川県沖を飛行中に消息を絶った事故で、航空自衛隊は、垂直尾翼の大部分が海底で見つかり墜落したと判断したことを明らかにしました。

スポンサーリンク


 

先月31日、石川県にある航空自衛隊小松基地のF15戦闘機1機が訓練のために離陸したあと消息を絶ち、乗っていた小松基地の隊員2人が行方不明になっています。

この事故について航空自衛隊は、戦闘機が消息を絶った周辺の海底を捜索した結果、垂直尾翼の大部分が見つかったことを10日に明らかにしました。

記載された機体番号などから、消息を絶った戦闘機のものだと確認されたということで、航空自衛隊トップの井筒俊司航空幕僚長は10日の記者会見で「総合的に判断して、当該機は墜落したと考えている」と述べました。

今後、民間のサルベージ船で引き上げるということで、天候などを見ながら、来週にも作業を始めたいとしています。

現地では、引き続き海上自衛隊の艦艇などが行方不明になっている2人の捜索と救助に全力を挙げているほか、航空自衛隊は事故調査にあたる隊員を現地に派遣して原因など調べています。

消息絶ったF15戦闘機「墜落」と判断 海底で垂直尾翼見つかる | NHKニュース
【NHK】先月、航空自衛隊のF15戦闘機が、石川県沖を飛行中に消息を絶った事故で、航空自衛隊は、垂直尾翼の大部分が海底で見つかり墜…

小松基地F15戦闘機の墜落 精鋭部隊に何が 2022.2.1放送

離陸直後にレーダーから消えたF15戦闘機は精鋭のベテランパイロットが所属する部隊です。一体何があったのでしょうか。 特殊迷彩が施されたF15戦闘機。「飛行教導群」と呼ばれる部隊です。 戦闘技術の教育を専門に行い訓練では仮想敵国の戦闘機役を務めます。 迷彩は敵と味方を識別しやすくするためのペインティングです。 小松基地にはおよそ50機のF15が所属していますがそのうち10機が飛行教導群でそのパイロットは卓越した技術を持つことから「神」とも呼ばれています。

1月31日午後5時半ごろ小松基地を飛び立ったF15は離陸直後にレーダーから消えました。 石川県加賀市の海岸から数キロのところでまぶしいくらいの赤い火柱が上がるのが相次いで目撃されました。 防衛省によりますとレーダーから消えたのは小松基地から西北西におよそ5キロ離れた海上で、G空域と呼ばれる能登半島沖の訓練空域に向かう途中でした。 F15には52歳と33歳のパイロット2人が搭乗していました。(北陸朝日放送公式)

小松基地F15戦闘機の墜落 精鋭部隊に何が 2022.2.1放送

参考記事

NEW!【衰退の一途】CNNは今やアメリカ人の8%しか見ていない/有権者の58%が、トランプ前大統領の「メディアはまさに国民の敵だ」という発言に同意
ネットワークの衰退が続く中、アメリカ人のわずか8%が毎日CNNを視聴しています CNNを毎日見るアメリカ人はわずか8%、ネットワークの衰退は続く 2022年2月9日 ...続きを読む
ワリエワにドーピング疑惑報道 混合団体フィギュア金のROC/ワリエアは個人でも金メダルの有力候補
ワリエワにドーピング疑惑報道 混合団体金のROC〔五輪・フィギュア〕 2022年02月10日07時48分 【ロンドン時事】北京五輪で8日に予定されていたフィギュアスケート団体のメダル授与式が行...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

(画像:北陸朝日放送youtube)

タイトルとURLをコピーしました