社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【音声】45thトランプ大統領「環境保護主義者は風車を愛するふりをしているが、風車は鷲や鳥を殺している」「環境保護主義者は国を愛しているふりをしながら、国を傷つけている!」

エコ

45thトランプ大統領「彼らは鷲を殺している」

トランプ氏: “風車…彼らは鷲を殺している、白頭鷲や他の鷲や他の鳥を殺している、そして我々はこれらの風車をそこら中に持っている、そしてこれらの環境保護主義者は彼らが彼らを愛しているふりをする…”

白頭ワシや他のワシや他の鳥を殺している。

そして、あちこちに風車があり、環境保護主義者はそのふりをしている。

環境保護主義者は風車を愛するふりをしている。

しかし、風車は私たちの国を本当に傷つけているのだ。

風車は私たちの生活を破壊している、最も高価なエネルギー形態のひとつだ。

タービンはすべて中国かドイツ製で、その利点を享受している。

野鳥と風力発電

日本では風力発電の普及にともない,風車が鳥類に影響を与える問題が懸念されている。

影響の種類は,鳥類が風車にぶつかる「衝突」,風車周辺からいなくなる「生息地放棄」,渡りや移動の経路を阻害する「移動の障壁」の 3つがある。

衝突は今まで国内で341羽が発見され,トビ,オジロワシ,カモメ類,カラス類が多い。

生息地放棄は京都府と三重県の例があり,いずれも風車周辺で鳥類の生息密度が減少した.移動の障壁は愛媛 県のハチクマ,長崎県のナベヅル・マナヅルの例があり,いずれも風車建設後に飛翔経路が変わった。

今後, 日本では事後調査を積み重ね,どのような風車が鳥類に影響を与えるのか研究をさらに進めるべきである。(日本野鳥の会)

参考記事

百田尚樹氏が〝因縁〟橋下徹氏にブチギレ配信。カトパンにも流れ弾。百田氏「日本のテレビ局は史上最低レベルに落ちた」
百田尚樹氏が〝因縁〟橋下徹氏にブチギレ配信 カトパンにも流れ弾 2022/04/13 作家の百田尚樹氏(66)が12日、自身のユーチューブチャンネルで配信を行った。そのなかで百田がぶちまけ続け...続きを読む
《旭川14歳少女凍死》新たな加害生徒2名が判明 イジメを受けてから3年“凄惨な事件”/ネット「いじめじゃなくて「犯罪」」「単なる悪ふざけとして処理した理由を学校側は説明すべき」
《旭川14歳少女凍死》新たな加害生徒2名が判明 第三者委員会が中間報告で認定した“イジメ6項目”驚きの詳細 「自慰行為の実行を繰り返し求めたことはイジメにあたる…」 4/13(水) 《旭川1...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました