社会の話題と反応を発信していくネットメディア

大阪府が60億円で設置のコロナ臨時施設、利用303人のみで閉鎖/ネット「60億円で300人て、誤算レベルじゃないだろ」「国はワク捨てるし、無駄金次々出る」

コロナ

60億円かけて設置のコロナ臨時施設、利用303人のみで閉鎖…「軌道修正できなかった」

5/29(日) 大阪府が新型コロナウイルス対策で開設した国内最大の臨時医療施設「大阪コロナ大規模医療・療養センター」(大阪市住之江区)が、5月末で閉鎖される。約60億円をかけて1000床を運用したが、利用者は1日最大70人、累計でも約300人にとどまった。変異株「オミクロン株」は重症化しにくく、利用を想定していた若い世代の多くが自宅にとどまるという誤算があった。(小栗靖彦、山本貴広)

吉村洋文知事がセンターの開設を表明したのは、感染が拡大していた昨年8月下旬。当時は30~50歳代が自宅療養中に死亡する事例が全国で相次いでおり、若い世代に医療の目が届く受け皿を提供する狙いだった。

大阪・南港の大型展示場「インテックス大阪」に、無症状・軽症用800床と中等症用200床を整備。人の移動が活発になる年度替わりの感染拡大に備え、会場は5月末まで押さえた。

今年に入り、オミクロン株の流行で感染者が急増。1月24日には病床使用率が50%を超えたため、同31日から運用を始めた。

しかし、蓋を開けてみれば、利用者はゼロか1桁が続いた。2月15日からは、無症状・軽症用の対象を60歳未満に引き上げたが、1日のピークは3月10日の70人で、受け入れ最終日の4月30日までの3か月の累計でも303人となった。

なぜ利用が低調だったのか。府幹部は「新たな株の特性を予想できず、ニーズに応じた軌道修正もできなかった」と振り返る。

府の分析では、デルタ株が猛威を振るった「第5波」(昨年6月21日~12月16日)の重症化率は1%だったが、オミクロン株が流行した「第6波」(昨年12月17日~)では0・12%に激減。このため、感染しても自宅にとどまった人がほとんどだったとみられる。(抜粋。全文は👉読売新聞)

ネットの声

どんどんどんどん、このような事が明るみになってくる。国はワクチンも数えないで捨ててるし。

カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の建設に税金は使わないと言いながら約790億円かかると言い出し、維新は無駄使いばかり。

当たり前のように予測されたことが、行政にかかるとこれ。いかにこの人らが経営センスないかわかるでしょ。

先読みのセンスが皆無で、情けないことこの上なし。

転ばぬ先の杖とはいうもののこれは流石に政治の結果責任が問われるべき。

誤算も何も行政府に需要なんてわかるわけないし、民間みたいに倒産という責任を取らないんだからこうなって当然。

失敗を隠そうとして支持率だけを狙いにいった世紀の愚作再び。

コロナ対策なら何でもありの風潮がこうした結果を産んだ。そろそろワクチンも有料化した方がいい。打ちたいやつは自分の金で打てって話し。

参考記事

【動画あり】「私たちは決してあきらめない」横田拓也さん。「帰りたいと懸命に耐えている」早紀江さん:国民大集会/「お役に立ちたいと決意する」鈴木宗男氏:朝鮮総連
「私たちは決してあきらめない」横田拓也さん、金正恩総書記に呼びかけ 国民大集会 5/30(月) 北朝鮮による拉致被害者の救出を訴える集会が開かれ、家族会が北朝鮮の金正恩総書記に拉致被害者の即時一括帰...続きを読む
「新しい資本主義」実行計画全容明らかに:「イデコ」を64歳から65歳以上へ拡大/ネット「こんなものが岸田の新資本主義?」「要は年金出せないから自分でやれってことな」
「イデコ」65歳以上へ拡大 来夏までに資産倍増プラン 「新資本主義」計画案 2022/5/30 政府が6月に決定する「新しい資本主義」の実行計画案の全容が30日、分かった。加入者が掛け金を出す私的年...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました