社会の話題と反応を発信していくネットメディア

『ガーランドとレイを弾劾せよ』トランプ氏が機密記録を持ち出したとしても犯罪ではない。機密解除されるものとみなされると最高裁判決(newsweek社説)

政治

ニューズ・ウィーク記者、マイク・デービス

BIG!

メリック・ガーランド司法長官のスピン。

米国大統領は、憲法上(および法律上)、望むものを何でも機密解除する権限を持っています。

もしトランプ大統領がホワイトハウスに機密記録を残したのであれば、彼の行動によって機密解除される。

不当なトランプ襲撃によりガーランド、レイは弾劾されなければならない|社説

8/15/22 FBI長官、トランプ氏の家宅捜索をめぐる「誠実さ」発言で非難される

家宅捜索の目的は、メリック・ガーランド司法長官が、当初側近が否定した後に自ら命じたと認めた

どの大統領も退任時に記念品やその他の記録を持っていく。自分で箱に詰めたりはしない。国立公文書館は、ほとんどすべてが “大統領の記録” であるという立場をとっている。

仮にトランプが機密記録を持ち出したとしても、それは犯罪ではない。大統領は、他のすべての人に適用される適切な法令に関係なく、彼が望む記録を、彼が望む方法で機密解除する固有の憲法上の権限を持っている。

大統領は、議会や官僚の許可を得たり、彼らの規制や法令の輪をくぐったりして機密解除をする必要はないのである。

最高裁判所は、1988年の海軍対イーガン事件でこのことを再確認している:「結局のところ、大統領は『合衆国の陸海軍の最高司令官』なのである。合衆国憲法第2条第2項。合衆国憲法第2条第2項。国家安全保障に関わる情報を分類し、アクセスを制御する大統領の権限は…主としてこの憲法上の大統領への権力の投資から生じ、議会の明示的な許可とは全く別に存在する。”

したがって、もしトランプが機密記録を持ってホワイトハウスを去ったなら、それらの記録は彼の行動そのものによって必然的に機密解除されたことになる。

彼は自分のために働く官僚のためにその決定を表示する必要も、その決定を報告する必要もない。バイデン司法省が、トランプが何らかの刑事法を破ったように装うのは、口実の法的ナンセンスである。

実際、ガーランド司法長官は、上司の主要な政敵の家宅捜索を命じる前に、法省の法律顧問室(OLC)-行政府の事実上の顧問弁護士-に意見を求めなかったようであることは注目に値する。おそらくガーランドは、OLCが自分の望む答えを出さないとわかっていたのだろう。

2012年、バラク・オバマ前大統領はロシア大統領に対し、2012年の大統領選挙後にロシアと交渉するための「より多くの柔軟性」が得られると密かに伝えていた。そのメッセージを伝えることは、高度に機密化された情報を明確に伝達することだ。では、なぜスパイ活動法違反にならないのか。それは、オバマが大統領だったからだ。

となると、せいぜい大統領記録法をめぐる争いに過ぎない。司法省が求める箱に大統領の記録が含まれていれば、国立公文書館がそれを「所有」することになるが、それらはほぼ間違いなく、最終的にはトランプ氏の大統領図書館に保管されることになるだろう。

これが官僚的な争いだ。それはそれとして。これはどんな犯罪でもなく(大統領記録法は刑法ではない)ましてや30人のFBI旅団と前代未聞の元大統領の自宅と事務所の家宅捜索を必要とする犯罪でもない。

司法省は、前例がなく、不必要で、違法な家宅捜索を行い、トランプがこれらの記録をすでに18ヶ月間マー・ア・ラゴに保管していたことを知っていたにもかかわらず、核武装したのである。では、なぜ今なのか。

政治的で、非常に不適切で、不正確な大陪審の調査に関する司法省からのリークは、バイデン政権が、バイデン大統領の過去と将来の政敵を罰するという追求において、制御不能であることをさらに示すものである。

下院共和党は、1月に政権を奪還した暁には、ガーランド司法長官とレイFBI長官を、前例がなく破壊的な司法省の政治化という理由で弾劾しなければならない。

そして長期的には、上下両院の共和党議員はFBIを解体して再建し、このような政治的な手入れが二度と起こらないようにしなければならない。

法執行機関を第三世界の政治的な殺し屋集団にすることは許されないのだ。(newsweek)抜粋

Garland, Wray must be impeached for unconscionable Trump raid | Opinion
The Biden regime is out of control in its pursuit of punishing a past and likely-future political rival of President Biden.

元トランプ補佐官、カッシュ・パテル氏

文字通り、大統領は彼が望むものは何でも機密解除することができる。導入された手順はどれも最高司令官には適用されない。

彼は文字通り一連の文書の上に立っており、これらは今機密解除されていると言うことができる。

参考記事

【動画あり】FOXタッカー・カールソン、眉毛の整形手術を受けたと噂されるナンシー・ペロシの顔を嘲笑/マイケル・ジャクソンにそっくりと語る。マイケル・ジャクソンを見たことがある人なら、あの顔を忘れることはできないだろう
必見。タッカー・カールソン、ナンシー・ペロシの新顔はマイケル・ジャクソンにそっくりと語る 2022年1月11日 「これはマイケル・ジャクソンが1990年代のヒット曲を演奏している映像ではないこ...続きを読む
櫻井よしこ氏「岸田さんは国防意識、危機意識がゼロ。林氏の起用はおかしいし、浜田氏は防衛費積み上げの人。こんなに危機意識に欠けた組閣はありうるのか」
櫻井よしこ氏、岸田改造内閣をバッサリ「こんなに危機意識に欠けた組閣ありうるのか」 2022/08/14 ジャーナリスの櫻井よしこ氏が14日、フジテレビ系「日曜報道 THE PRIME」に出演。...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました